フォト
無料ブログはココログ

トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

筍(竹の子)の季節です

 桜満開の公園も見ながら

朝早くの出勤の道すがら

堤防沿いの竹林からカサカサと音がする

近くに自転車が止まっていて、

前のかごには 掘ったばかりの竹の子が2つ

冬から春の訪れ時の「ふきのとう」

そして、これからの「タラの目」「つくし」

季節を味わえる それがうれしい

Photo

2010年3月30日 (火)

鳥と桜を撮ろうとしたけど

先日の休みの日に、散歩した折に

桜の木にとまって遊んでいる鳥の写真を撮ろうとした

けど、難しい

 

専門家も含め、よく雑誌や新聞などの載っているが

いざ撮ろうとすると遠過ぎたり

近づくと逃げてしまったり

花びらや木の陰に隠れてしまったり

何でもそうだけど、普通に撮れている、

普通に載っている、

普通にやっていることほど

簡単に見えるけど、実際は難しいのだろうな。

Sany0117 Sany0118

2010年3月29日 (月)

う ら ら か な 春の日

仕事の慌しさがひと段落して、久しぶりの休みの日

桜も満開になってきて、陽射しもすっかり春

子供たちは春休みに入ったのか、あちこちで声の聞こえる日曜日

こんな日は散策・散歩でも思い

自転車で近くにある小高い丘に出かけたが

ナマッタ体が言うことをきかず、遠景のよい所に着いたときは、

ふーふー息があがっている自分に歳を感じてしまった

帰りは坂道をスイスーイだったから良かった

22321_3

わが町は、観光地ではなく、工業地帯・商業地域です。

海もあり、少しいくと山にも登ることができる。

2010年3月28日 (日)

ふるさとのことを少し。

 ずっと前の話っぽくなるけど、

18歳まで過ごした生まれ故郷は

熊本の片田舎

鹿児島県にも宮崎県にも近い

いわゆる熊本の県境、山間部だ

四方を山に囲まれ

「球磨川」という川の源流沿い

たいして何もないかわりに、自然は残っている

同じお茶の葉、同じ入れ方、

そして 同じ器で飲んでも

水と空気と雰囲気のせいか、お茶の味が違う!

年の数度、いや年に1~2度、

今でもそんなお茶を飲みに帰る、帰りたい。

Photo

2010年3月27日 (土)

我が田舎。

 Sepia

 生まれ育った故郷

18歳のころに、この田舎を出て、

あちこちと生活をしてきたのだけど、

やはり、たまに帰ると、懐かしさとひと時の安堵感はある

今は、父母もいず、姉夫婦たちが家に住んでいる

帰る場所があるような、ないような。

ただ、田舎に「帰る」と言ってしまうから

自分にとっては「ふるさと」なんだろうと思うし

たしかに「生まれ育った」大事なところでもある。

2010年3月25日 (木)

アルプス一万じゃく

ラジオで、こんなことが話になっていた。

 

「アルプス一万尺♪」の中の歌詞、

 『こやりの上で アルペン踊りを さあ踊りましょ ♪ 』

「こやぎ」と聞こえたり、「おやじ」との勘違いがあった、

また「小さな槍(やり)」との覚え間違いも。

はたまた、「アルプス一番じゃく」、「アルプス一万弱」の思い違いも。

 

 おもしろいものだ、人の思い違い、記憶違いの一つであろう。

そんな思い違いを、たくさん持っているのも、またおかし かな!

ホントは「小槍」と言う山、山岳で、

槍ヶ岳(やりがたけ)の隣りにある頂上狭きところらしい。

Nannda_2

2010年3月24日 (水)

映画。

子供の時、10代の終わりの頃、

まだ若い時代、そして現在、

浅く広くいろんなものに興味も持った

 

そんな中でも映画は好きだ

我がまちにも幸いにシネコンがあるが、

それにもまして

いわゆる名画座と言われる映画館と

映像センターが存在する。

いずれの映画館も、エンドロールが終わるまで

席を立たない観客が多い・・・。

 

一つの好きな場所です。

21

2010年3月23日 (火)

鶯が鳴いていた早朝。

若い頃も、そして

歳をかさねてオジサンと呼ばれる今も、

いつまでたっても朝起きは苦手だ。

もともと血圧が低かったせいもある、

若いときは、だいたいがそうだ

そんなふうに思っていたが、

血圧が普通っぽくなっても

この熟年年齢になっても同じだ。

そんな折、

昨日の早朝も、今朝も、

オトナのウグイス(鶯)が鳴いていた

「ホー.ホケキョ♪」

しっかり目覚めた朝だった!

Photo

< freedomさん、コメント、ありがとうございます。

 第一号でした。これからも日々のことを少しずつ書いていきます。>

2010年3月22日 (月)

ぼんやり公園を見ていたら・・。

22321_4

室生犀星の『明日』という 詩がある

明日また遊ぼう!

時間をまちがえずに来て遊ぼう!

子どもは夕方になって そう言って別れた

わたしは遊び場所へ行って見たが

いい草のかおりもしなければ

楽しそうには見えないところだ

むしろ寒い風が吹いているくらいだ

それだのにかれらは 明日もまた遊ぼう!

ここへ集まるのだと 誓って別れて行った

高校生の頃、単純に「そうだよなあ」と思ったが、

今は、不思議な意味を感じる。

2010年3月21日 (日)

帰りの道すがら・・。

外灯のない夜の土手沿いの道

仕事帰りに天を仰いだ

雲はあったが、いくぶん星が輝いている

寒い冬であれば、もっと瞬いて見えるだろうが、

この時期でも、十分に良い

それも、この市街地とは言えない地であればこそ。

生まれ育った田舎では、

商店街らしきものもないかわりに

いつでも満点の星がながめられる

それもまた良し。

けど、中途半端ではあろうが

住み慣れはじめたこの地が良い、

この地が好きです

 Photo

2010年3月20日 (土)

 春先、お彼岸です。

家の近くに川が流れていて、けっこう広い河原がある。

 

  冬には、枯れた草や土で茶色、灰色ぽかったのに、

今は、土手に雑草や小花が芽ぶき

 

あちらこちらに黄色の菜の花も咲いている

 向こうに見える桜などの木々にも花がつく。

  

朝夕にサンポする人々の

 

黒っぽい上着やスポーツウエアから

明るい春の衣にかわっていく。

秋から冬にかけての季節が好きだけど、

この季節も良いと思ってしまう。

Sany0055_2

2010年3月19日 (金)

書き始めてみます。

 今日が普通の日であったり、良い日であったとしても、もしかして憂うつな日であったとしても、

 明日が、今日よりちょっとだけ良い日であることを願って、

 少しずつ日々のコメントを書いていこうと思う。 

 3月、暖かい地方では、菜の花が咲き誇り、桜のたよりを迎える季節です。

Photo_2   

トップページ | 2010年4月 »