« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

プールの中で 親子が・・

 

 近くにある 市営の温水プール

 冬の間は ひたすら大人たちが泳いだりしているが

 このころになると 親子づれが目立ってくる

子どもプールで はしゃいでいる小さな子

走る回る幼児を 追っかけまわしているお母さん

小・中学校のプール教室の様子を見ている家族

 そんな中で、

 小学生の女の子を手取り足取り教えている親

 よく見る風景だ

 

ところが、

 端っこのコースで泳いでいる親子

 なんと 5、6年生の子がお父さんに叱咤激励

 たぶん 嫌がるお父さんを説得して一緒にきたのだろう

 来たからには お父さんも泳がざるを得ない

  けど、

 その親子の教え、教えられ方が

 なんか ほほえましかった

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

ひこうき雲

Photo_3 Photo

自転車で散策、散歩中

 何気なく空を見上げると

 真正面あたりから頭上にかけて

 ひこうき雲

少し肌寒さを感じる 夕闇せまる頃

ちょっと前にできたのか

ひこうき雲

子供のころ まだ飛行機が普通でなかった時代

どうしてできたのか どうして細いのか

ほかの もっこり雲と同じなのか

そんなことを思い

空想にふけったことを思い出す

 今でも 現実を知っているものの

 飛行機が見えなくなって

 ひこうき雲だけが残っているのを見ると

 あの感覚が返ってくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

歳とって 古傷の後遺症が。

 歳をとって あちこち故障している

 幸いに頭のねじは まだマシだが

 頭髪も薄くなったし 白髪も交じりはじめた

 体の表面のシミとたるみ

 てき面に 老眼になりかけの目

挙げればキリがないが 

膝の故障も またしかり

昔、十数年前に痛めたじん帯の損傷

それが治りきれず そのまま

今になって後遺症に困っている

が、

あちこち悪くなってきたのは

やはり歳のせいが 一番かな。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

四季の風情を感じたい。

Photo_4

 なんで こんなに寒い日が続くんだろう

 3月に入って、そろそろ春かなと思ってみたのに

 4月になって、暖かかったり、雪がふる地方があったり

 それどころか 5月になって真夏日の気温になったかと思ったら

 雨が続いたり 肌寒い日が何度もやってきたりして

先日、東北というか、北の地域に出かけた折に

「まだまだストーブが必要な日もあるんですよ」なんて言っていたけど

北海道や東北日本に限らず 温度が上がらないみたいだ

 

このまま 梅雨にはいって 夏に向かうとは思えないが

 せっかく四季のある 日本の良いところ

 変化はなくてよいから 普通で良いから

 暖かかったり 寒かったり、

 はたまた 暑かったり、時にはジメジメした梅雨時も

 きちんとあるほうが よいなあと思ってしまう今年です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

「遠野」に行ってきました

Photo_2 Photo 

朝早くからの出張

九州から東京を経由しての長旅

10時間ほどの行程も 出張の目的も

なんなくクリアして、ほっと一息

柳田 國男 著の「遠野物語」で有名な地

河童伝説とか かたりべの多い土地とか

こじんまりしたまちに合った人々

夜には 地元の店々は早くにしまり

静かな春の日の夜長

朝には 冷たい朝もやの中

小川のせせらぎが聞こえるくらい

囲まれた山々の緑は映えている

そんなところには 今度は仕事ではなく

ひとりでいいから ジーンズ、Tシャツで

2泊くらいして 散策などしてみたい

次の行程に移りながら そう思った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

出張、飛行機が苦手で・・

 サラリーマンをやっているので

年に何度か出張が命ぜられる

一人で行くなら、遠くでも列車、新幹線などを使いたい

どうも高所恐怖症もあり 飛行機が苦手だ

乗る直前になると余計なことを考えてしまう

足元に地面がついていないという想像が怖くしてしまう

昔、若いころはどうもなかったのに

いつからなんだろう

そういえば 悪天候のためにひどく揺れてからかな

いつのまにか 外さえ見れなくなってしまった

乗っている間は、ただひたすら雑誌・新聞とにらめっこ

できれば話かけてほしくない時間帯になってしまった

 

そんな出張があるんだ、少し気が重いけど・・・

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

小雨、カエルも鳴きだした季節。

 

Photo

5月も後半になってきた

 冬から春になるころにブログを書き始め

 やっと新芽が やっと桜の花が・・・

そんな文章を書いてきて 2ヶ月になる

春も 夏日を迎える季節

雨になった日

田植えも始まったところもあるのか

 雨にあわせて カエルが鳴きだした

 だんだん、そうやって季節が変わっていく

 すぐに ああ暑いなあという日が来るだろう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

なまり、 方言。

Photo

東北、関西、四国に九州と

日本には さまざま言葉づかいがある

ちょっと聞いただけでは聞き取れない方言

意味はわかるが なまっている発声

バスでの通勤時に気づくのが

門田」というバス停 

ふりがなで「もんぜん」と書いてある

我が住むまちでは 「だ行」と「ざ行」がごっちゃ

年配の方で 「・・・でごだいます。」なんて

つい書いてしまうと聞いたことがある

 けど、これもまた良い 地方特有の方言だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

「・・・辞書 事典」  その2

Sany0313

 書類を作成中に こんなことがあった

「それは、的をエタ発言だねえ」と。

的は射るから 意味があると教わったのに、

「耳障りの良い音だなあ」なんて発言もあり

訂正の発言は発したものの 少し怪訝な顔 顔

そういう言葉が当たり前に使われているような気もする

気になりだしたら きりがない

「喧々囂々(けんけんごうごう)」と

「侃侃諤諤(かんかんがくがく)」がごちゃ混ぜで

「けんけん がくがくな論争」なんて・・・

そんなことを話した成果?があって

辞書・辞典類を 隅っこの棚から

一時 もとの場所に移してみることにした

それで 辞書類を引くかどうかは別にして。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

 び し ょ ぬ れ !!

Photo

今日は、雨が降ると言ってはいたが、

夕方過ぎて 曇り空のまま

仕事が早めに終わっての帰路

持ってきた傘は そのままに

帰りのバスに乗り込み25分

バスから降りて 自転車に乗り換えようと

そんな頃に 突然の雨

仕方ないかと思いつつ

家まで自転車をこぎだしたら

雨がシトシトから

一気にざーザー降り出した

「もういいや」と思って

自転車で十数分

短く刈り上げた頭からもしずく

雨が洋服からしたたり

帰り着いたころには

どこもかしこもずぶぬれ 濡れネズミ

 まあ、この時期だから気持ちもよいか?

 1年のうちに こんなことが何度か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

広辞苑、 辞書 事典。

サラリーマンの仕事をやっていると

資料作りや提起書類などで言葉にぶつかる

まあ サラリーマンではなくても

日常の生活で 辞書類は必要な物だ

この十数年前から ワープロやパソコン

はては、電子辞書や携帯電話の利用

辞書を引くまでもなく

キーボードとか打つと 便利な時代

おかげで手書きしようとすると

漢字が出てこない、書き順がわからない

 そして、広辞苑に 大辞林 イミダス

 そのほか漢和辞典や類語事典、百科事典などが

 棚の隅に追いやられてしまっている

 ついこの前までは、「無いと困る」だったのに

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

列車の旅でも したいなあ。

Photo_3

週末 日曜日のたびに良い天気

暑い日差しも まだまだのようだし

緑も 今を盛りというところだ

 こんな日には 列車の旅もよいかなと思う

 数年前までは よく列車で出かけて

 あちこち回ったりもしたような気もする

 かといって、最近は出かけないわけではない

 これって思ったときに行かないと

 なんだか遠のいてしまうようだ

この時期でなくても

その時期 時期でまた景色も 気分も変わる

どっか 近距離でもいいから行ってみようか

そう考えながら 思っただけだった

 たまには 旅 したいなあ。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

季節・・・春過ぎ、小川

Photo

 まだ寒い日が時どき やってくる今年

 それでも ツバメがわたってきて

 梅などが実をつけはじめ

 秋から冬にかけて 空っぽだった水路に

 水がひかれ

 田んぼでは 田植えの準備がはじまるらしい

 今はコンクリートで固められた用水路

 昔と少し面影は違ってきたが

 

 この季節になると

 水路に水の流れが かえってきて

 「ああ、そんな季節なんだなあ」と、

 うれしくなってしまう光景だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

列車での 自転車の旅 ?。

Photo

田舎のローカル列車の中

電車ではなく 2両編成の列車の後部

若者グループがにぎやかだ

見ると、

折りたたみ自転車を持ち込んで

それも軽くて丈夫なんだろう

専用袋にいれて 軽々と運んでいる

どっかの山間部にでも降り立って

仲間でサイクリングを楽しむのか

自然の空気を吸いにきた都会派なのか

まあ 車で渋滞気味の道路を走るより

自然を満喫しながら

自分の足、力で走る心地よさは

格別なのは わかるような気がする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

毛虫、そして蝶。

Sany0287

立夏を過ぎたのだけど

今年の春は なぜか寒い日が続いた

桜の花、菖蒲の花、藤の花、

そして 新緑の季節になっていく

木々の幹や根元近くには

いやな毛虫などが這い回っている

刺されると腫れ上がってしまうし

その姿を見ると ゾッとするのが常

それでも、この虫たちが蝶になっていく

小さな白い蝶か 大きな優雅な蝶か

そんなことよりも

その生き物自体に、いつもながら

不思議さを感じてしまう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

天井の柾目(まさめ)。

Photo

 夜、寝付こうとした時に

やけに目が冴えていて

 ふと天井に目をやった

昔、子供のころに思いをはせて

ずっとずっと昔のことだけど

裸電球の中に浮かぶ天井の木

年輪の模様なのか

もともとの木の持ち味なのか

吸い込まれそうで 

それでいて ただの木目なんだと

なんか怖いような

 木の中に入っていきそうな

  体が天井に近づいていきそうな

そんなことを思っていた自分がいる

今は合板の天井なのに

それでも 吸い込まれそうな

そんな感覚になってしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

弁当、手作り。

仕事休みの日

ボランティアサークルの会議・打合せがあって

昼の弁当は要りませんとの連絡

午前中の打合せのあとの昼食

同年齢の女性が弁当を作ってきてくれた

なんと7人分

それも本格的なもの

人ごとに 好き嫌いを使い分けてあって

ただ「ありがとう」と言うしかないけど

昼からの難問課題の会議が・・

心もち スムーズにいった日

ちょっとした心遣い

押し付けでなかったので 特にありがたかった.。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ちょっと笑えない、 笑い話!

 ラジオを聴いていたら

ちょっと皮肉も交じえた 笑い話の番組をやっていた

そんな視聴者からの投稿の一つに

「小学生を持つお母さん方が、

 毎日、近くの国道沿いの横断歩道に立っている。

 信号機が青になるたびに子ども達を誘導している

 『帰りも ちゃんと青になるまで待って

  きちんと横断歩道を渡るのよ』と、

 その小学生集団が学校内に吸い込まれたとたん

 お母さん方は わき目も振らず

 信号機もない道路を横切って帰っていった」

そんな事を聴きながら、

笑うに 笑えなかった。

22

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

アリ(蟻)の巣・・・?

5月になって 陽ざしも強くなる季節

花の蜜を求めてミツバチや蝶が飛びかい

ミミズやカエルが土の中から這い出してきて

田の水路に水が引かれ ツバメがわたってくる

そんな季節に アリの行列も始まる

虫の屍骸 誰かが落としたお菓子の残骸を

必死に運んでいくアリたちを見ることは多いが

なんと 我が家の塀のブロック、一隅に

アリの行列が飲み込まれていく

よく見ると

塀の真ん中あたりに小さな穴があり

そこに巣があるらしい

なんともたくましいものである

Photo Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

丸刈り、坊主頭。

Photo

 髪も それなりに伸び始めた

そろそろ切りたいなあと思いつつ

延ばし延ばしになっていたので

いつもの床屋に寄った

「丸刈りにしてください」と言ったら

床屋のご主人たちが 怪訝な顔

若者理容師が 確かめるように

「良いんですか」「家の人は知っていますか」

バリカンを入れる前に そう聞かれた

あとで話を聞いたら

思いつきで丸刈り・坊主頭になったあと

家に帰ったら 家の奥さんたちからブーイング

時には 家から床屋に電話があるそうな

「何で 本人の言うとおりにしたんですか・・」

そういう経験から聞いてみたそうだ

そろそろ てっぺん禿げが目立つ歳

薄くなった髪の毛を気にしつつ

どうせなら と思っただけなのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

 海、 海岸に行ってみた 

Photo

Photo_7

   

連休 最後の日

天気も まあまあだし

昼ごはんのあと 思い立って

散策がてらに

近くの海岸に行ってみた

 防波堤では 魚釣りの若者

 砂浜、テトラポット近くには家族連れ

 波打ち際では 子供たちが走り回っていた

砂浜を歩き 少し距離をおいて

流れ着いた古倒木に腰掛けて

しばらくの間 海と空を眺めていた

風が気持ちよく吹き

波の音が ここちよく

しばし まどろんだひと時だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

海 の思い出。

Photo

四方を山で囲まれ

川しかないところで育ったので

初めて「海」を見たのは

小学校4年の時の潮干狩り遠足だった

貝堀りは 春先だから

今ごろの季節・時期だったと思う

ずっと続く遠浅の海岸

そして、向こうに見える水平線

今の住まいの地は 海にも近い

思い立ったら 簡単に行ける距離だ

 

 けど、あの時の初めての海の広さを

 今も しっかり覚えているような気がする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

五月、こいのぼり・・初節句。

  Photo_5

実姉のめいっ子の長男の初節句! 

見知らぬ土地に嫁いで1年少し

1ヶ月ほど前に お招きの連絡をもらって

電車で2時間半 お祝いに行ってきた

嫁いだ家の広い庭先には 5つ6つ・・のこいのぼり

青空のもと 風になびいて しっかり泳いでいた

家の中では 親戚が集まって祝いの席

主賓はといえば

ふっくらと つきたてモチみたいで

ただただ 純粋無垢で

自分が主賓だとも知らず

いろんなおっちゃん、おばちゃんに抱かれ

ぐずることもなく 愛想を振りまいていた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

連休1日目。

のんびり起き出した連休の1日目

 あれこれ予定を組まず

 家のことを少しと

 近くの散歩、散策をしようと決めていた

朝のうちは 少しばかりの庭の雑草取り

朝昼兼用の食事をはさんで

昼から ラジオを聴いてぼんやり日向ぼっこ

夕方前に 家の近辺を散歩

国道沿いを渋滞ぎみの車が行きかっている

食べ物屋や食料品店には人、人

それを横目に 旧道のわき道を歩く

静かな神社の境内には誰もいない

そこでしばし陽が落ちていくのを眺めていた

そんな休みの日

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

世間では、ゴールデンウイーク。

 サラリーマンなので、日曜日は休みだし

祭日もきちんと休める 年末年始の休暇もある

新芽も出そろって、花咲き 気候の良い季節

5月の連休は楽しみだし

すでに「昭和の日」からの休みを楽しんでいる人もいるみたいだ

朝 出勤時にいつもの道を通ると

休みに入っているのか?

いつもYシャツ姿とか 作業着の近所の人が

普段着姿で庭にたたずんでいたり

ドライブに出かける用意をしていたり

のんびりタバコを吸っている

そんな風景を横目で見ながら

通り過ぎた早朝の出来事だった。

Photo_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »