« 秋になっていく | トップページ | 懐かしい人の姿を見かけた »

2010年9月29日 (水)

手話サークルの同期生

 手話講習会教室生の同期生がいる

 それぞれ男・女・年齢なども違う


 初級・中級講習会を終えて

 手話サークルに入ったのは十数名だった

 活動をしていくうちに

 いつの間にか来なくなった人

 辞めていった方たち


 はたと見ると、

 5名だけが会員として残っている

 そのうち2名は、名前だけの会員

 10年近くになる手話活動

 あとから新しい会員が入ってくる中

 ひとりだけ技術が伴っていないのだが

 あと少し ろうあ者と交流はしたい

Photo

|

« 秋になっていく | トップページ | 懐かしい人の姿を見かけた »

サークル等の活動」カテゴリの記事

コメント

オジンさん:
 4年目の手話暦ですか、まだ半分ですね。それでも続けていくのは、どっかで楽しい部分があるのでしょう。
 地道に続けていくか、きちっと手話通訳者になるためにやるか、人それぞれです。交流で良いと思って続けていますが、色々担当をやり初めると抜けられなくなっています。
  花の名前(も)覚えられない、勘違いってショッチ ュウあります、です。困ったものです。

投稿: N.ケイゾー | 2010年9月30日 (木) 22時10分

花の名前間違えました(笑)
駄目なんです。ああいうの。
誰でも知ってそうなのも知りません。

初級開講の時は30数名。中級で半減。

サークルに入った時で5名。

始めて4年目になりますが同期の人で
よく顔を合わせる人は3名ぐらい。
休むと億劫になり足が向かないようです。
なんでもそうですが基礎のときにもっと
身を入れてやるべきだったと後悔してます。
今でも指文字、読み間違えます。(笑)

投稿: オジン | 2010年9月29日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345439/36976211

この記事へのトラックバック一覧です: 手話サークルの同期生:

« 秋になっていく | トップページ | 懐かしい人の姿を見かけた »