フォト
無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

秋の実り

Photo Photo_2

 遅い台風が 日本列島を駆け回っている

 もう11月に入るというのに。

秋、気温的には初冬のようなところもあるそうだ

コスモスが咲き乱れ

ススキの穂が 冷たい風にたなびく

栗、芋、柿・・・・ ミカンに りんご

だんだん寒くなっていく季節

その分、収穫の季節でもある

2010年10月30日 (土)

自動車学校の教習車

Photo

夜道を自転車で帰っているとき

ゆっくり速度の車が追い越していった

見ると、自動車学校の車

若い女の子が運転している


 通勤ラッシュ時間帯から少しずれているが

 それでも、片側1斜線の後続車がつながっている

 暗くてよく見えないが

 学校生徒は引きつった顔をしているだろう

 そして 後続車の運転手はイライラ雰囲気かもしれない


そういう自分自身は

何十年前に免許をとったのだっけ

35年、いやもっと前に免許証をもらった

その当時の様子が思い出された

あまり楽しくはなかった思い出だ

2010年10月29日 (金)

人生で着る服

前に読んだ本の中で、こんなことが書いてあった。

曽根綾子著の「中年以後」 

そんな本を思い出し引っ張り出してみた

《「人間は、一度に1枚ずつしか服を着られない」、

そんなことわざがイタリアにあることを知って感心した。

若い時、学生時代は、服などあれば

  幾らでも着られるような気がしていた。

確かに一度には1枚ずつだけれど、

長い人生では 服など幾らあっても

楽しく着られる、と信じて疑ったこともなかった。》

1027

2010年10月27日 (水)

50数回目の誕生日!

11月に入る前の季節

例年、寒くなるころになると誕生日と思っていたら、

急に秋から晩秋のような気温になった

 そうだ、50も半ばの誕生日だったんだ

 子どもの頃に特別に祝ってもらった記憶はないような

 若かりし頃は 時には「おめでとう」って言われたことも

この歳になってくると

お祝いというよりも

あとどのくらい生きるのかなあと思ってしまう

30代のころ、40代のころ どちらも悪くなかった

 50歳代半ばの今

 昔に戻ってみたいとは思わないが

 もう少し足腰は しっかりのままがいいかなあ

 あと少し イキイキと過ごしたい。

 Photo_2

2010年10月26日 (火)

雨が続いている

Photo

この時期だから、もう秋雨というわけではないが

ずっと曇りがちか 土砂降り交じりの雨

奄美大島では 先日はすごい集中豪雨

被害が出て、まだ普及していないらしい


幸いに九州は大きな台風が来なかったものの

日本列島、いろいろ気象変化のあった年

北陸・東北では氷も張ったという情報

北海道では雪も降ったというニュース

この時期の雨もそうだが まだまだ蒸し暑い日々

10月の下旬と思えない気温が続いている

2010年10月25日 (月)

感謝。陶芸教室の先生

Photo

5月の終わりから習い始めた陶芸

月に3回ということで

土の提供も指導も、釉薬も含めた月謝

公民館教室ということなので

仕事が順調に終わってから行ける

疲れていても 必ず顔を出してくださる

その時々にお茶菓子つきだ


 そんなこんなで教室生の作品がたまったので

 釉薬付けに自宅にお邪魔

 既に来ている先輩諸氏と先生からの手ほどきもあり

 6つの作品に色づけさせてもらった


夕方前から代わる代わるにやってくる教室生に

愛想良く対応してくださる先生

そして 補佐役のご主人にも感謝です

2010年10月23日 (土)

ネットオークションの話

Photo

田舎の帰った折

たしか まだ親父が健在だったころだと思う

押入れの上のほうを整理したとき、

いろんなものが出てきた


 お中元か お歳暮でもらった石鹸やタオル

 使わなかったティッシュやシーツ類

 そして

 飲まなかった、 いや飲めなかった焼酎


その焼酎をもらってきて、そのままになって;いた

いつか飲もうかなと思っていたら。

子どもが 「ネット オークション」やらに出したらしい

何でもないけど、40年ほど前の米焼酎

そういえば ビン自体が古めかしい

味はともかく

焼酎にしては 古酒?になるのか

ついた値段は1万円


 そう聞いて、えっと思ったのは言うまでもない

 そうなのか、と考え中。

2010年10月22日 (金)

仕事上での要領など

今は、そう忙しいでもない

夏から秋にかけては多忙だった

なぜか年末近くも平穏になる予定

そんなバラつきのある仕事

 たくさんの仕事仲間が励んでいる

 老若男女・・性格も様々だし

 仕事へ取り組む姿勢も変化があるし

仕事のやり方もまた 違っている


人の倍も必死にやっているのに

なかなか結果がついてこない奴もいる

人を使うのが抜群の人は

 余裕があるようでも資料の出来が早い

あれこれ動くのが好きな奴は

 終業過ぎても 元気が余っていたりする


 若いときの自分は どうだったのだろう

 先輩、上司からは どう見えていたのか

 きっと手こずらした・・・

 

Photo

2010年10月20日 (水)

元気な おばあちゃん

 今日も、また見かけてしまった。


仕事帰りに会う 年配の女の方

そうだな 見かけるのは8時過ぎかな

もちろん 仕事帰りだから夜の時間だ

夏前に春先に見かけて

夏も時々会うことがあって

涼しくなったころ、この時間だったら見かけることがある



  それが、、70歳を過ぎているだろう おばあちゃん

    駅前の自転車置き場で見かけることこともあるし

  途中の橋の上で追い越すこともある

  いつも、夜でも日傘を片手に

  たぶん 軽い荷物を持って

  すごく早足で歩いていらっしゃる


秋に入るころ 会釈をしたら、

そのころから、会ったら

  お互いに会釈をするようになってしまった

Photo_4 

  

2010年10月19日 (火)

ウサギを飼っていた その2

15年ほど前に飼っていたウサギ

何匹か増えたり減ったりしたが

最後のほうは3匹、そして2匹

庭にウサギ小屋を3回ほど作った

庭に放し飼いをしてみたり

近くの草むらに連れていったり

冬は寒いだろうと

  小屋をビニールで覆ってやったり


 最後まで生きていたのは

 

  最初にもらってきたメスの白ウサギ

 その頃は 子どもたちの興味も薄れていた

 1匹もいなくなって しばらくして思った

 生き物は死があるから

   もう飼いたくないなあと・・

Photo_2

2010年10月18日 (月)

ながーい 影法師

PhotoPhoto_2 

10月も中旬

田んぼの稲はすっかり刈り取られ

水路の水も流れなくなった

朝夕の気温は めっきり涼しくなった


 今年は特に暑かった夏

 休みの日の昼下がり

 公園や庭先での子どもたちの姿はなかったが

 このごろは にぎやか過ぎる声やボールの音


夕方近くなって

そんな様子を見ていると

自分の影に気がついた

昔は影踏みなんて遊びもあったっけ

傾く陽に照らされて長く写った影

そんな季節の始まりだ

2010年10月17日 (日)

ウサギを飼っていた

22 2

15年ほど前だったか

ウサギを飼っていた

我が家にきてから 5~6年ほどいたのか

しばらくは家族の1員だった


 子どもが犬を飼いたいと言い出したとき

 世話が大変だと思い 2匹、生まれて数日のをもらってきた

 ミニウサギとは名ばかりで

 だんだん大きくなって それでも可愛かった

 数ヶ月もすると 9匹の子ウサギが生まれ

 予想外に慌て 何匹かを売ったり知り合いに譲ったり

 そしてまた 予想外に

 数ヵ月後に7匹の子ウサギが生まれた


あの時、初めて知ったのは

メスウサギが子ども産んだら、

即 次の妊娠期間に入れるという事実

なんともたくましい愛玩動物でもあり

あの当時は 続けざまに何匹も生まれ

「ああ、予想外!」と思ったのだっけ

2010年10月16日 (土)

昔から使っている土鍋

Photo

三十数年前、いやもっと前かな

まだ若かりし 独身の時代から

ずっと持っている一人用土鍋


買ったのは 値段と便利さだったか

ご飯炊きにも オカズ作りもいけるかと

何気なく手に入れたものだけど

今 あらためて見てみると

そっか、歴史の大半を知っているんだと

その古さに感心してしまう


たまにしか使わないものの

別段、なくても困らないけど

こうなったら、

まだまだ 何年も一緒でいてほしいものだ

2010年10月15日 (金)

帰路。急な雨

 帰りにサークルもあるからと

 いつもの曜日

 自転車で仕事場まで出かけた

 片道45分 朝は気持ちよく出かけた

 雲はあったが、雨の予報はなかったのに

仕事が終わってサークルに駆けつけ

楽しい、ちょっと疲れた例会も終了

外に出たら 小雨が降り始めていた

カッパの用意もない 

自転車を置いて帰りたくない

というわけで、帰路半分で

急に雨あしが強くなって

帰り着く頃には 濡れ鼠状態

 カバンも書類も持ち合わせの袋で難を逃れたが

 雨のしずくが垂れてくる

 それでも この時期は寒くなく

 ちょうど良いと思うしかないかな・・・

10

 

2010年10月13日 (水)

秋のまつり

Photo Photo_2

 この地、この地域に住みだして15年ちょっと

 この時期に山車も出るお祭りがある

 2日間にわたる秋祭り


世話役・担当が毎年かり出される

子ども小さい頃 2回ほど役を仰せつかった

2日間、ずっとついて回る

雨がしとしと降るときもあった

3~4キロ四方をぐるぐる回って

夜には大人たちが酔っ払ってくる

子どもたちは代わる代わる山車に乗る

 


  笛や太鼓がにぎやかな分

 そして 豊作を祝う祭りである分

 世話をする人たちは大変なんだと、

 妙な感慨を覚えてしまう

 何はさておき

 今年の秋祭りも、華やかに終わった

2010年10月12日 (火)

隣りまちの大衆・庶民温泉

Photo

用事があって隣まちに出かけた

隣まちは温泉で有名なまち

昼の時間にブラブラ散策すると

至るところに大衆浴場・温泉

 


 悲しいかな 我がまちは温泉が少ない

 だからというわけではないが

 時々このまちを訪れると

 ついつい湯気のたつ温泉場を見たくなる

いつも時間がなくて散策するだけ

なかなか温泉に浸かれないが

これからの季節

あちこちから立ち昇る蒸気が

なんとも言いがたい雰囲気になっていく

2010年10月11日 (月)

秋晴れの日

 10

10月・・・体育の日 秋の実り お祭り

日本列島は細長いから

雨が続いている地方もあるらしい

曇り空の肌寒いところもあると

ニュースでも言っていた

 そんな中

 昨日から天気が持ち直して

 秋晴れの 暑いくらいの陽射し

 いろいろな催し物が開かれ

 秋の実りの物産展もあっているとのこと

 祭りの太鼓や笛の音も聞こえていた

 

そんな

  休みの日のひととき。

2010年10月10日 (日)

折り紙・・傘

Photo

サークルの関係で

ろうあ者とか知的障害者と交流したとき

折り紙で傘を作ろうということになった

今はなき親父似ならば

けっこう器用なはずなのだが

これがまた余り似なかった

やることによっては興味もあるが

折り紙か・・・

まあ折鶴に、兜ぐらいはできるから

そう思って見よう見真似で挑戦


 成果は、まあまあかな

 失敗はしなかった分

つい面白くなってしまって

家に帰って復習

そんなところは親父に似ているような。

2010年10月 9日 (土)

夢を見た、ような 。

Monokuro

夢を見た

朝方なのか 夜中だったのか

ふと目覚めたら まだ記憶に残っていた

いじめられているような

誰かに怒られているような

そんな姿を客観的に見ている自分がいた

それだけしか覚えていない

 


  若い時に なかなか寝付けなく

 ひたすら本を読んだりラジオを聴いたり

 眠くなるまで朝方近くまで・・という時もあったが

 このところ すぐに寝てしまう

 そして 夢も見なくなった

 そう思っていたのに

 久しぶりに夢を見た

 いや 久しぶりに覚えていただけかもしれない

2010年10月 7日 (木)

イチョウの木・銀杏

Photo Photo_2

 夜があけて どのくらいだろう

 10月になって日の出も遅くなっている

 そんな朝

 出勤時に学校の近くを通ると

 例年のようにイチョウの木の下

 銀杏の実を集めている人がいた

 あの独特な臭いが匂いたって

 毎年の風景ではあるが

 ああ 実りの秋だなあと思う

 例年より、暑い夏で

 木の実などの出来は どうなんだろう

2010年10月 6日 (水)

 土手沿いの彼岸花

Photo

 10月になって、

 虫の声も最高潮だ

 暑い夏と残暑が続いたことし

 それでも秋になってきた

夏の草花が姿をかえ

コスモスも少しずつ咲きほころのだろう

その前に 彼岸花が そこかしこに咲き出した


 やがて 金木犀・銀木犀が香るころ

 九州の片田舎でも

 だんだん秋の気配が色濃くなっていく

 朝の寒いくらいのシャキッとした空気

 まだ暖かい、暑いときもある日中

 それに

 秋の夜長を思わせる 早い日暮れになっていく

2010年10月 5日 (火)

壁掛け 古時計

Photo

 もう30年近く前に買った壁掛け時計

 何度か引越しもしたし

そのたびにあちこちの壁や柱に飾られ

子どもが小さい頃には

投げられたボールでガラスを割られ

掃除の際に床に落っこち秒針が曲がり

電池切れで やっと動いたり




そうして30年くらい

何よりも私らの生活を見つめてきている

そんなことを思うと、感慨深いものもある

あと何年、何十年、このまま動いてくれるんだろう

2010年10月 4日 (月)

休みの日、陶芸

Photo_2 

 久しぶりのノンビリ休日

 この前、ずいぶん前から作りかけていた器

 やっと底を削って 素焼きの段階

 

 そうやろうと思ったら

 指導の先生の都合が悪く

 来週に持ち越しかな


そう残念がりながらも

少し器づくりも覚えたかな、と。

おっかなびっくりで触っていた土

どうやって伸ばしていいか分からない土

中心がとれないという意味もつかめなかったのに

少しだけ慣れてき始めたような気がする

2010年10月 3日 (日)

実りの秋

Photo

 季節のある日本

 春、夏、秋、冬

 それぞれの季節において

 いろんなものが実っていく

夏の間は、

トマトやスイカ、メロン、

 ピーマンとか なすなど

そして 10月に入って実りの時期

主食である米の実がついていく

たぶん 収穫の終わった地方

これから 収穫を迎える地域もあるのだろうが

黄金に実った稲穂

暑い夏が続いたけれど

今年も美味しい米が獲れるのだろう

2010年10月 2日 (土)

手話の同期生 その2

  ろうあ者や関係者と交流し始めて

 手話に携わるようになって

 そろそろ10年になる



 

 同期生の2人は 資格も持っているし

 活動も活発にやっている

 もちろん比べる気もないし

 仕事優先になると

 行事、交流会などへの参加も少なくなってしまう




 





 いつかは資格をとったらと言われるが

 このまま気長に

ただ遊ぶだけでもいいかなと

 思ってしまう

 技術を磨くのを怠っているのもあるけど

 弁解もしてしまうが、

 話を聞く、交流をしたいというより

 手話で話しを聞いてもらいたいから

 ろう者の人とも 少し話をしたいと思うのです。

107322

2010年10月 1日 (金)

懐かしい人の姿を見かけた

 仕事で遅くなってしまった

 最終近くのバスに乗って

 半分以上は ボーっとした頭

 途中で 前に座っている乗客に気がついた

 たしか昔、だいぶ昔の上司





 だいぶ酔っ払っているようだ

 座席に座ってうたた寝、

 というより

 完全に寝入っているようだが

 それよりも

 あの風格あった 横暴でもあったような

 そんな上司が小さく見えた

 もう十数年かな・・。

Photo

 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »