« 懐かしい人の姿を見かけた | トップページ | 実りの秋 »

2010年10月 2日 (土)

手話の同期生 その2

  ろうあ者や関係者と交流し始めて

 手話に携わるようになって

 そろそろ10年になる



 

 同期生の2人は 資格も持っているし

 活動も活発にやっている

 もちろん比べる気もないし

 仕事優先になると

 行事、交流会などへの参加も少なくなってしまう




 





 いつかは資格をとったらと言われるが

 このまま気長に

ただ遊ぶだけでもいいかなと

 思ってしまう

 技術を磨くのを怠っているのもあるけど

 弁解もしてしまうが、

 話を聞く、交流をしたいというより

 手話で話しを聞いてもらいたいから

 ろう者の人とも 少し話をしたいと思うのです。

107322

|

« 懐かしい人の姿を見かけた | トップページ | 実りの秋 »

サークル等の活動」カテゴリの記事

コメント

 freedomさん:
あの花というか草花は、「ハゼラン」という名前なんですね。2軒隣の庭先に咲いているのを見て、こそっと写させてもらいました。家の庭先・花壇とか、近くの田んぼ・畑に咲く花って、意外と名前を知りません。
 手話は、もう10年以上になりますかね。声が聞こえない遠くからでも、手・腕・顔の動きで表現できることは一つの面白さです。もう少し凝ったままだと思います。banana

投稿: N.ケイゾー | 2010年10月 2日 (土) 21時11分

もう長い事手話をやってますよね。その活動も時々聞いたりしているから、凄いなぁ偉いなぁと常々思っていました。資格があったら又別次元での活動も出来るのかも知れないけど(このボランティアの世界、良く知らなくてスミマセン)今のままでも充分なのではないかと思います。
歳を取って自分の時間が更に増えた時にでも又改めて考えたらどうですか?
今日の画像の花はハゼランのようですね。今年はこれも異常な感じでした。例年だと雑草と同じくらい一番咲き誇るのに今年はあまり成長増殖しなかったようです。

投稿: freedom | 2010年10月 2日 (土) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345439/37027865

この記事へのトラックバック一覧です: 手話の同期生 その2:

« 懐かしい人の姿を見かけた | トップページ | 実りの秋 »