« 秋の (修復中)姫路城 | トップページ | ちょっと面白い話 »

2010年11月22日 (月)

秋の音

Photo_2

11月の秋の日の昼下がり

天高く晴れわたった空

日向ぼっこをしたくなるような日差し

木々の枯葉が時々 舞っている

 落ち葉があちこちにあり

 その上を歩くと カサカサと音を立てる

 近くのイチョウの葉も黄色く色づいている

 そんな深まりいく秋の日

 

« 秋の (修復中)姫路城 | トップページ | ちょっと面白い話 »

つれづれの日記」カテゴリの記事

コメント

オジンさん:
 秋も深まっていく季節です。晩秋になっていく、枯葉が落ちてしまって、12月に入ったら、こちら九州でも雪の便りが聞かれるようになるのでしょう。
 お母さんの看病なども大変な折、待つ時間・見舞いの時間にいろいろ考えてしまうものです、タバコを最近まで時々吸っていた者としては、今やめるかどうか、それはまた成り行きでいいんじゃないかなと思います。

秋。それも晩秋を思います。
喫煙者ですので母親が眠ったのを見届けては
エレベーターで降りて病院の時間外入り口の横まで
行って煙草吸います。ちょうど「不良学生」みたいな
感じ。歩道の上は枯葉がいっぱい。罪悪感もいっぱい
そろそろ止めないといけないかな?(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の音:

« 秋の (修復中)姫路城 | トップページ | ちょっと面白い話 »