フォト
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

年末・寒い朝

Photo

 冬、12月、霜の降りる季節

 年末の休みに入って

 少しユックリ目に起きだしたものの

 あたりは冷気のままである

 キーんと冷たい空気が漂っていて

 身が引き締まるというよりは

 寒さで体が動かないような感覚


それでも昼近くになると

日がさしてくれば日向は幾分はあたたかい

近所の家の前で洗車をしている人もいれば

網戸やサッシの桟を掃除している家庭もいる

公園では、寒さの中も平気で

子どもたちが数人、飛び回っている

昼過ぎになれば、父親たちに手を引かれて散歩をしている

そんな光景を去年も見ていたように思う

 

2011年12月30日 (金)

壊れかけのプリンター

Photo

 時々、インクの出が悪くって

 そのたびに調整に時間がかかってしまう

 買い換えたのは5年、6年前だったか

 使い慣れているプリンター


それも限界にきてしまったのか

壊れかけているプリンター

そういえば、この1年半ぐらいは

手話関係の役員のせいで酷使したからなあ

1日に百数十枚を印刷したし、

ポスター作りに役だたせてもらった

CD面に直接印刷ができるので

頼まれてCD、DVD図柄も作成したんだった

もう少し、できれば、まだまだ使いたいんだけどなあ。

2011年12月29日 (木)

今年も、あとわずか

Photo

 20011年、今年も残すところ数日

 夜が明けていく空を見ながらの出勤

 寒さに震えながらも

 ふと、いろんなことがあった日々を振り返る

 どうってことのない毎日が

 普通に生活していることが

 どんなに大事なことかも感じた1年

 いつもの通勤の道を急ぎながら

 そんなことを考えながらの

 今日の1日の始まりだった

2011年12月28日 (水)

バス停キーホルダー

Kihoruda Photo

 地名、駅名、市町村の名前など

 日本の中でも いろんな名がある

 昔、北海道の「幸福駅」が有名になったこともあり

 北アルプス市というまちも存在する


この年末年始にかけて受験生にとっては苦難の日々?

そんな受験家庭にとって

そういう受験生にとっての神頼み・・・

熊本の駅名に「一勝地駅」というのがある

今でも切符の取り求めがあるだろう

それから、よく通り過ぎるバス停で

「勝負(しょうぶ)」、「乗越(のりこえ)」というのがある

地元のバス会社が便乗したらしい

500円キーホルダーを作成して売れているとのこと

よーく分かるような気がする

2011年12月26日 (月)

年賀状書き

Photo

やっと終わった

今年は早い出来上がりだったかな

毎日、少しずつ紙面を仕上げて

あて名書きは一気にやったからなあ

そんなに多くはないのだけど

根をつめたから、肩が凝ってしまった


 今年はまた色んなことがあって

 いろんな経験もして

 去年、もらった年賀状をあらためて見ながら

 来年は、今年より良い年、

 いや! 普通の平凡な年であることも願って

 そんな文面も書きながらの年賀状

 少し早い出来上がりに、

  今年は少々満足げな気持ちもあり、かな。

2011年12月25日 (日)

クリスマスの日

2385

車の渋滞

もう子供大きくなって格別に予定もなし

休みの日でもあったから

昼間に散策がてらに出かけてみた

旧道の細い道から通りに出たとたん

車の列、渋滞のまっただ中

どこに行くんだろう、どこからの帰りなんだろう

はたまた何を買いにいくんだろう

今から食事にでも行くのか・・・


 子供たちは冬休みに入っている

 大人たちの大半は連休でもあるんだろう

 それぞれの日があって

 それぞれの過ぎ仕方の生活があって


それにしても、去年もこうだったのだろうか

車の渋滞の波を見ながら

自転車で郵便局に寄って

ホームセンターで障子紙などを買って帰った

2011年12月24日 (土)

イルミネーション

Photo

 繁華街や中心市街地などではなくても

 この4~5年の冬になると

 このクリマスから年末年始にかけて

 イルミネーションの光が輝く


そんな場所に限らず

個人の家々の庭先などへの光の祭典

どうかすると「これでもか」

そんな派手な光景を見かけることもある

しかし、

今年はどうなんだろう

3月の大震災の影響もあってか

それに関係する原発のこともあってか

幾分は電気消費の話もある

良いか、好ましくないかの判断はできないが

せめて今年は・・・・

2011年12月23日 (金)

冬至でした

Photo

 1年の中で、

日の入りが一番早くて

朝、遅くまで夜が明けない

この冬至にあわせて、

 ゆず湯に入ってあったまって

 おかゆを食べたりカボチャを食すと

 風邪をひかないということだ


時期にあわせて寒くなった日

日本列島のあちこちで寒波の嵐

この古来の風習どおりになっている

2011年12月22日 (木)

映画「息もできない」

Index_615400

 今年の初めだったか

 名画座にかかった映画の一つで

 見逃してしまった韓国映画


先日の休みの日に

立ち寄ったレンタル店でDVDを見つけた

さっそく借りてきて家で鑑賞

悲惨なドラマの内容 

自分を表現できないヤクザな男と

痴呆の父を抱える女学生

ひょんなことから出会いがあり

その周りで起こる悲喜こもごもの情景

やっと2人の過去、現在がわかっと思ったら

惨劇で、惨劇から平穏な日常で終わっていく

知らない部分で

 人は いろんな事情を背負っている

 そんなことを思った映画だった


映画監督の森田芳光 氏がなくなった

好きな映画監督の一人だった。

2011年12月20日 (火)

陶芸バザーの収益

Photo

 先日、11月の地区のバザー

 その折に陳列させてもらった器

 蕎麦猪口にコーヒーカップ、ぐい飲み器

 6つほど並べたうち

 なんと! 3つが売れた


昨年は1個も売れず、身内に無理やり買わせた器

今年は いつのまにか売れていた

ほかの教室生の作品に比べれば、まだまだなのに

ただただ嬉しい限り

そして、そのお金をもらった

合計900円の収益なり。

少し日にちは過ぎたものの

 そんな嬉しい通知をもらった

2011年12月19日 (月)

CDコンポとUSB

Photo

 我が家にはCDコンポと名がつくのが2つある

 そうは言っても

 カセットとCDプレーヤー、ラジオが合体したもの

 けっこう古いものだから、

 1台はカセット部分が使えず、CDが不備

 MDがついているけど、今は使うことがない

 しっかり使っているのはラジオ放送



そこで、CDプレーヤーとUSBが使える装置を購入

CDのほかに、USBとSDカードが使用可だ

そんなことから久しぶりにCDを聞いてみた

そんな単純な出来事があった日

2011年12月18日 (日)

寒い朝

Photo

 寒くなってきた

 昨日の九州は、あちこちで粉雪が舞ったとのこと

 南国といえども、寒さはやってくる

 あったかい布団から抜け出したくない思い

 そんな時期がやってきて

 昼間も、なかなか気温が上がらない

 12月、冬、寒さが増してくる季節

2011年12月17日 (土)

焼き肉宴会

Photo

 時期的には忘年会シーズン

 仕事の関係で40数名が集まっての宴会があった

 もちろん主ではなく、

 場を仕切るための要員で出席したのだが

 会場は焼き肉店の宴会場

ワイワイガヤガヤの懇談会



それにしても、焼き肉は久しぶり

数年ぶりだろうか

焼き肉の臭いと煙、キムチのかおり?

宴会が終わり、店を出たら

洋服、体中が焼き肉のにおい

昔は幾らでも食べることもできたのに

だんだん体質が変わってきてしまって

個人的には行かないかなあと考えた

2011年12月16日 (金)

ご無沙汰のサークル

2

 3ヶ月ぶりになるかな

 ずっとずっとご無沙汰だった手話のサークル

 仕事が忙しかったり、

 行こうかと思ったら用事ができたり

 その間、仲間とも会えないまま


久しぶりにサークルに寄ってみた

学習回の日でもあり

今年度の担当日の一つでもあったので

気になっていたのもある

終り近くに顔を出したら。

「わー」「久しぶり」との 嬉しい声

見知らぬ顔もだいぶ増えていたが

ろうあ者とも久しぶりの手話会話

たどたどしい会話に

ああ、ご無沙汰続きだと・・・

2011年12月15日 (木)

そろそろ年賀状づくり

Photo

ことしも、あと3週間足らず

 12月も中旬になってしまう

 年末になると、仕事も慌しいけど

 寒さに弱い草花の防寒対策やら

 押入れからのコートの引っ張り出し

1年の掃除もしなきゃと思いつつ

 例年の繰り返しに、あまり変化はない


そうだ、年賀状もつくらなきゃ

いつも頼まれる義実家からの作成は終わっている

我が家の年賀状は、何にしょう?

去年は切り絵の出来損ない

その前の年は押し花・葉だったっけ

「辰年か・・」

久しぶりに墨で「龍」文字でも書くことにするか

そんなこんなで、またギリギリになる

2011年12月13日 (火)

失敗!「上書き保存」

Photo

 「うわ^~、やってしまった」

 仕事途中での叫び声

 どうやらExcelでの資料づくりの最中だったらしい

 2時間ほどかけてのパソコン作業

 何を、どうやったのか

 だいたいの見当はついた

 どうやら、作成中の文書を「上書き保存」しないまま~

 この時間の作業が水の泡。


そのあとの忙しさから

2時間分の作業途中を どうしたのか聞けなかったが

時々、やってしまうことがある

たぶん何らかの対策はあるのだろうが。

2011年12月12日 (月)

陽射し

Photo_2

 あんなに暑かった夏

 夏を過ぎて9月になっても太陽がサンサンと

 そんな季節があって

 あの時は、太陽の真下にいたくなかった

 とにかく陽の光の届くところは避けたかった

 それもついこの前のことのようだ


朝晩に冷え込む時期

12月になって晩秋から冬になっていく

陽の光が恋しくなっていく時期

ずっと暖かい陽射しの中で過ごしたい

そんな気持ちになっていく

部屋の中の陽のさす場所を選んでしまう

そんな時期

2011年12月11日 (日)

喪中のはがき・・

Photo

 12月になって

 年賀のあいさつ自粛のはがきが届くようになった

 この1年ほどの訃報を思い出す時期でもある


その中の1枚に

2年程前に中途退職した女性同僚からのはがき

お父さんが亡くなっていたらしい

「そうなのか、知らなかった」

仕事を退いてから一度も会っていない

連絡もとっていないのだ

どうしているんだろう

子どもも育ちあがって

ご主人も退職された年齢だから・・・

そんなことを考えながら

届いた文面を眺めていた

2011年12月10日 (土)

予防接種

Photo

 寒くなっていく季節

 そこいらで鼻水をすする人

 あるいは咳をする人が出てくる

集まりの中とか、職場でも

インフルエンザの予防接種の話が出てくる

「とっくに注射を打ったよ」

「今週中に行くよ」との言葉

特に子供がいる家庭では欠かせないものかも。


そういえば、

この十数年は注射を受けたことがない

風邪はといえば

寝込むような風邪もひいたことがない

自慢ではないが、そんな状態だ

もちろん 例年のように打っている人

今年は打たない人と、いろいろらしい

2011年12月 8日 (木)

親睦会・忘年会

12 2311_2 

 陶芸教室に入って1年半ぐらいかな

 昨年というか、

 本年の新年会には出席できなかったのもあり

 今年の忘年会に参加した

 先生ご夫婦と教室生 そのほかの 14名




ちょうど仕事が忙しい時期であり

宴もたけなわの最中

1時間ほど遅れての参加になってしまった

もうすでに盛り上がっていて

楽しい、美味しいひと時を味わった

2011年12月 5日 (月)

久しぶりに快晴

Photo

 12月、師走

 久しぶりの快晴の日曜日

 陽のあたる軒先で おもいきり伸びをして

 そこいらを歩き回ると

 あちこちで子どもたちの遊ぶ声

 家族連れの散歩風景

 家々を見ると、至るところで布団が干してある

 ふかふかのお日様の匂いのする布団

 遠くの雑踏がかすかに聞こえる

 12月、日曜日の午後の光景

 なんとも普通の、平穏な休みの日だった

 

 

2011年12月 4日 (日)

宅地に変わっていく

Photo

つい最近まで田んぼだったところが

いつの間にか宅地に変わっていく

市街地という場所ではないにしろ

少し便利だろうと思われる地域

交通の便もまあまあかなという土地

少しずつ田や畑が無くなっていく



 そういえば、この場所もそうだ

 去年までは稲が植えられていた

 それが、雑草が茂っている夏だなあ

 そう思っていたら

 やがて柵が張られてダンプが行き交っていたかと思ったら

 宅地に変わりはじめた

 長年、田畑と思って通っていただけに

 また昔からの光景がなくなっていく

2011年12月 3日 (土)

雨が続く

Photo

 12月に入っています。

 このところ、ずっと雨が降っています。

秋の この時期にしては少し暖かい日が続くなあと思っていたら、

 少し寒くなって、そのとたんに雨が、小雨が降る日が多くなっています。

 きっと、このまま寒さに戻っていく、いや、寒くなっていくのだと思います。

 冬突入の前の雨

 晩秋を迎えた 今日この頃です。

2011年12月 2日 (金)

古いケイタイ電話

Photo

 先日、携帯電話を買い換えて

 その時に古い物を引き取ってもらった

 使わなくなった物が家の中に幾つかあって

 改めて昔の物とを見比べた



今ではケイタイ電話よりもスマートフォンだろう

種々雑多な機種が出回っている

昔の機種はといえば、

画面も小さく厚いもの

アンテナ折込みのものや

はたまた カメラ機能がないもの

ほんの一昔前のことなのだが

この数年で ずいぶん発達したものだ

2011年12月 1日 (木)

靄(モヤ)と霧

Photo

 雨があがって、雲は多かったが

 夜空に三日月が見えていた次の朝

 起き抜けに外を眺めたら

 なんか すーっとした空気だった

 秋の日の朝、わりと気温は高いような

 そんな朝の出勤


川沿いの民家の少ないところでは

あたり一面、霧がかかっている

それこそ十数メートル先は見えない状態

明るい朝だというのに車がライトをつけている

先に進んでいく自転車が霧の中に消えていく

向かいから来る学生の群れの声だけが聞こえている

そんな光景の朝だった

昔、田舎でいつも味わっていたが

久しぶりに神秘的な光景だった


  ちなみに、「靄」と「霧」の違いは

  見える距離・視程が1km内か、外かということらしい

  

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »