« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

研修会

Photo

 少しサボり気味だった手話活動

 去年暮れから、ちょっと復活

 サークルもいける時には行かなきゃと思ってはいる

 そんな活動の中

 1年間に2度ほど受けなければならない研修がある

 本年度は、6月の1回目は忙しくって

 ほかの事業とブッキングもしていて欠席したので

 今回は 都合もつけて出席

そんな研修の中で日本語の話

「石の上にも三年」の通訳

幼稚園生に「石があって、三年間以上 我慢して・・」

そんなことを説明しても分からないのと同じく

こんな時は、こうだからと、ダラダラと伝えるのは良いけど、

短時間に「例えば」で説明する場面

ああ、仕事にも通じるけど、

きちんと文言を伝えるのは難しいと思ってしまった

2012年1月29日 (日)

病院行き

Photo

 少しはマシかなと思っていた右膝の腫れ

 このところ、また調子がよくないので

 大きな整形外科病院に行ってみた

 1時間ほど待たされてレントゲンと診察



「このまま腫れと痛みが続くようなら、

   人工関節を入れたほうが・・」

今すぐにではないけど、という診察だったけど

少しがっくり来てしまった

年令とともに悪くなっている

歩き回らなければ良いとはわかってはいても

そうもいかない現実

もう少し様子をみてみるしかないかな。

 

2012年1月28日 (土)

1年前

17

 ブログを書きながら

 去年も こんな気候だったのか

 そういえば、1月に雪が積もったのだなど

 昨年の今頃も同じような日だったのかと考えてみた

 2~3日前のことすら思い出せないことがあるから

 1年前のことなんか・・

 そう思いながらも

 ちょうど良い機会だからとブログをめくってみた


この時期だから、寒い日が続く冬だった

仕事は だんだん忙しくなっていく時期

ボランティアの関係で休みの日は会議、打ち合せがいっぱい

膝の調子がだんだん悪化していって

プールなどの運動がおろそかになっていったみたいだ

 そんな1年前のことを思い出しながら

 たぶん、、、同じような時を過ごしているのかもしれない

 それでも、良い日を過ごしているような気がする

2012年1月27日 (金)

遅くなってしまった

Photo

 先週は行けたのに、

 今週は 陶芸教室も途中からだったし

 サークルには間に合わなかった

 仕事の関係だ、仕方ない



そんな残業しての夜道

バスを降りて自転車に乗り換えて

いつもの土手沿いの道は・・

冷たい風も当たってさむいからと

時々店の並ぶ通りを帰る

夜風の凍ったような寒さは変わらないが

明るいし、店頭のネオンなどが幾分は温かみもあるような気がする

そんな夜道、帰り道

2012年1月25日 (水)

寒さの中

 さむーい。

 仕事帰りの道すがら、とにかく寒いと思った

 日本国中、寒さの中みたいだ

 東京、関東でも雪が降ったようだ

 そのために電車が遅れたとか

 そんなメールが関東近辺出張組みから届いていた


九州でも同じだ

大寒を過ぎて、今年は雪は積もらないと思っていたら、

どうやら山沿い、郡部では積雪があったらしい

帰って夕刊を見たら、そんな写真が載っていた

冬は12月からなんて思ってしまうが、

この1月の終りから2月は、寒さのピークのような気がする

Photo_2 

2012年1月24日 (火)

明日の用意

 休みの日は そうでもないけど、

 平日、仕事のある日の前

 明日の用意をしてから寝る

 もしかしたら、誰でも同じかもしれない

 シャツはこいつで、背広はこれ、

 ネクタイは2つ置いておいて

 出かける時に手にとった方をしめて行こう

 そんなふうな 寝る前の時間

そんな準備万端をしての翌朝

「うあー さむい!」

Yシャツは厚手にしようか、替えようか

今日は弁当がないかバッグを入れ替えなきゃ

ああ、靴下はグレーのほうが良いか など、

朝、バタバタする時がある

朝のボーっとした頭の中、たるんだ体の途中で

しばし気持ちの転換

そんな余裕のない出かける前だけど

時々、やってしまう早朝の出来事

Photo

2012年1月23日 (月)

1月半ば過ぎ

Photo

 1月も中旬を過ぎた

 寒さも増していく時期

 昔と違って子どもたちも家でゲームをすることが多いのか

 家の前の公園も、少し離れた広場には

 人の、子どもたちの姿が見えない

 うす曇の昼下がり

夕方近くになって、親子づれの1組がボール蹴りを始めたが

やはり寒かったのか 早々に引き上げてしまった

夕闇が始まって外灯がつくころ

冷たい風が吹いてきて

木々の小枝が寒さそうに揺れていた

そんな冬の日の1日が暮れていった

2012年1月22日 (日)

「夢」という映画

Photo Photo_2

映画館で ずいぶん前に見たのだが、

黒澤明監督の「夢」という映画

もう一度見たいなあと思っていて

久しぶりにビデオ、、ではない

レンタルDVDを借りてきて観た

「こんな夢を見た」というフレーズ

8話のオムニバス映画で

キツネの嫁入りをモチーフとした日照り雨が1話

8話目の水車のある村の日本の古い風景など

そんな中で『赤富士』という話がある

原発などの施設が爆発していって

富士山を背景に日本が放射能に侵されるつつあるという話

映画館で観た当時は何気なく観たのだろうが、

今、なんか 映画ということ以上にすごいなあと思った

そんな改めて観た映画だった

2012年1月21日 (土)

電車と鉄橋

Photo

 義理の両親実家は我が家から近い

 その実家は、昔から川の側だ

 海に近い一級河川の側でもあり

 電車の線路のすぐ横でもある

 その線路の先には鉄橋があり

 電車が通るたびにガタガタと大きな音もする

 昔からだから慣れてはしまっているし

 夜中には2~3本の夜行列車があるだけだから

 騒音で困るということもない


しかし、電車が通るたびに会話は消されてしまうことが多い

テレビも、電車が通過するたびに画面がちらつく

まあ、そんなことぐらいであり

慣れてしまったので、今では気にはならない

それで、、

ほかの家々でも線路沿いや鉄橋近くの所では

そんな同じようなことかなという話になった

長年、住み慣れているのに、不思議に思ったことがなかったらしい


Photo_2

2012年1月20日 (金)

久しぶりのサークル

Photo

 去年の夏までは忙しかったサークル

 そのあと、ご無沙汰になってしまって

 たしか12月に担当があったので行ったきりかな

 手話も使わなければ、すぐには出てこない


そういうわけで、

今年初のサークル参加をした

そうは言っても仕事の帰りに回り道しての参加

終わるまでの30分間だけだったが

今日は学習会の週だった

いろいろ言っても、習い始めた時にろう者言われたこと

「貴方たちは好きな時に使えば良いけど、

  私たちは そうはいかない、言語だから」

そんなことを思っての出席

少しまた参加に向かうかなと思った

2012年1月19日 (木)

今年初の陶芸教室

2311

 先週もあったのだけど、

 仕事の都合でいけなかったので

 今年になってから初めての陶芸の教室

 近所の公民館の奥まった部屋

 ちょっとだけ遅れて出席

 いつのもように先生がいて、5人の教室生

 何人かが欠席のようだ

 遅れてきた世話好きの女性を含めて7人

 思い思いに土をこねていく


器づくりを習い始めて1年半になる

いつまでたってもうまくならないけど

それも週に1回、家で作ってみることもあるけど、

時々は用事があって休むし・・・

それでも楽しいひと時になっている

来週も出席して、今週作った器の底を作らなきゃ!

2012年1月18日 (水)

早朝、清掃・ごみ拾い

Photo

 寒い冬の早朝

 もしかしたら、やが開けきらぬ時刻かもしれない

 ちょっと早めに出かける時に出会う人

 そんな人の中に 気になる人がいる



夏も長袖シャツを着ていたように思う

先日、見かけたときにはゴム長靴に防寒着

右手に大きなごみ袋を持って、軍手をした手

行く道、その傍らのごみや吸殻を拾っている

たぶんずっと前からだろう

気がついたのは今年になってからだけど、

夏の日も春の日も、そして、この冬の日も

道端のそこいらに捨てられた物を拾い歩いているような気がする

年令のころならば60歳過ぎか70歳ぐらいかな

こういう人が、ほかにもたくさんいるんだろうな

そんなふうに思いつつ、感謝もしつつ

通りすぎた日の早朝の一こま。

2012年1月17日 (火)

冷たい雨

Photo

 このところ、雨がない毎日に

 冬野菜が育たないと言うことだった

 たしかに昨年くれから

 冬になってから、まとまった雨が降っていない

 寒さの九州でもあるが、雨は必要だ


このところの曇りがちな日々が続いていたが

やっと雨になった

ところが、やはり冬の季節だ

降ってくる雨は、冷たい雨

山沿いでは雪になっているかもしれない雨

仕事帰りに降っているからか

なぜか冷たくて、淋しい音を立てながら降っていた

2012年1月15日 (日)

海抜○メートル

M

 東北大震災のあと

 防災関係や津波のことなど

 いろいろ取りざたされており

 行政も、地域内でも説明が行われたり

 対策のニュースが流れてくる


いつも通る道にも変化がある

交差点の柱や公共建物の壁に

「海抜○メートル」の表示

海にも近いし、この辺は平野の地域

きっと注意を促すためのものだろう

それでも、その表示を見るたびに

地震、津波、災害の恐ろしさを感じ

認識するのに、たしかに必要な表示だろうと思う

2012年1月14日 (土)

酒の肴

Photo

 時々になってしまったが

 友人とか仕事仲間と酒を飲む機会がある

 居酒屋が多いので 酒の肴は色とりどりである

 ビールとか酒を飲みながら3~4品の料理

 今の時期だったら湯豆腐なども良いかな


家で飲む時もある

酒の肴とはいかないが、何かツマミが要る

チーズとか漬物とか、干物魚が多いかな

ちょっと優雅に何品かをというほど飲まないので

特別に肴が欲しいわけではない

ほんの少し何かがあると飲みたくなるのもあるかな

2012年1月11日 (水)

冬の野菜

Photo

 寒さも増している1月も中旬

 この時期は、何と言っても鍋物だろう

 おでんに、すき焼き、あったかいうどんなど

 冬の季節に体をあっためる食べ物はたくさんあって

 コタツに入りながらの夕げの食事

 

そんな中でも野菜たっぷりの鍋物

すごい昔、独身のころ

ひとり用土鍋で湯豆腐などを作ったり

小さな鍋でトン汁をこさえたりしたが

今は、やはり野菜重視のあったか鍋が美味しい

同じ鍋でも年令とともに変わってきたかな

2012年1月10日 (火)

風邪、、冬

Photo

 1月、冬

 この季節だから、当然なのだろうが

 風邪が流行っている

 寒い上に 乾燥しきった空気

 インフルエンザも流行る季節

あれこれ言いながら、幸いに体調を悪くしているわけではないけど、

咳こんでいる人やのど飴を舐めている人

それに、鼻声で話し込んでくる人など

しんどうそうだな、熱があるんじゃないのか

そんな様相をしている人を見るたびに

冬の季節、良い面、悪い面

いろいろあるんだろうな

夏は暑くて嫌だと思いながら

この寒い季節もまた、大変だなあと思ってしまう。

2012年1月 9日 (月)

駅ホームまでの階段

Photo Photo_2

  休みの日に用事があって電車で出かけた

 車を利用すると駐車場の心配をしなきゃならないし

 バスだと時間がかかってしまう

 少し前には通勤にも利用していたんだが

 どうも歳を重ねるたびに

 歩く距離と ホームまでの階段が苦になってしまう



都会の電車駅などでは何のこともない1階、2階の上り下り

我がまちの中心駅にはエスカレーターなどがあるものの

ちょっと市街地に行ったら、そうはいかない

線路をまたいでいる通路は、どこも階段だ

仕方ないかと思いつつ

若い時や元気な時には難なくだったのに。

 

2012年1月 8日 (日)

献血の検査結果

Sany2414

 正月あけに献血をした

 ちょうど献血車が来ていて夏以来かな

 そういえば、この時期に去年もしたような気がする



時々、まあ定期的にするタイミングがある

その血液の成分結果が送られてきていた

日にちからすると、8月にやっていた

その時と、その前の時の検査の比較が掲載もされている

なんとなく健康のバロメーター

チェック用にも役立っている

 あまり変化はないが、白血球が少ないかな

 メタボ予備軍は、今のところ大丈夫みたいだ

 血圧が急に高く(普通)なっている

そんなことを比べられるのも

   ひとつの献血の良いところかなと思う

それも、体が健康であればこそだから

2012年1月 7日 (土)

皮の巾着袋

Photo

 少し前に もらった皮の袋

 巾着袋というか、小物入れの物

 どんなものに使って欲しいというのではなく、

 かといって、何に使おうかとも思っていた

 もらってしばらくは 箱に入ったままだったが

 せっかくもらったのだからと、

 ミュージックプレイヤー入れにしていた

 仕事の帰りに聞いたりするから

 行き帰りとか 散策の際にちょうど良い



そのうちに データの保管、持ち運びにもぴったりだった

SDカードとか、USBデータの持ち運び

寒くなっても、やわらかい素材のままで

そのうちに慣れてしまった

何でもないようなことだけど、

そんな重宝な物になっていく

2012年1月 6日 (金)

自転車通行

Photo

 「ちょっと止まって!」

 朝の忙しい通勤時に呼び止められた

 自転車通勤の途中である

いつもの駅近くの駐輪場に向かいながら

 いつもの歩道上を走っている時だった


角々に立って指導にあたっているお巡りさん

「この歩道は自転車を押して通行か

   車道を走ってください」とのこと

それで、車道を走ったら

途端に車のクラクションが鳴った

人通りも少ない歩道だったし

車道では端っこを走ったのに

狭い歩道や店の並ぶ道では、確かにそのとおりだが、

なんか 少し合点のいかない決まりになったもんだ。

2012年1月 5日 (木)

雪が舞っていた

Photo

 朝から出かけに寒いなあと思っていたら

 昼間には粉雪が舞っていました

 南国?九州の一地方のことで

 ましてや山沿いではないところ

 雪が降っても積もることは余りないけど

 日本列島の冬の季節

 寒さは増しています


まだ水道管が凍ってしまったという話がないから

これからが冬なんだろうが

1月、2月、そして3月と

雪が舞ったり、バケツの水が凍ったり

そんな日々が続くのだろう

2012年1月 3日 (火)

正月休み

Photo_2 

 年末年始の休みがきちんとあって

 正月も ほとんどの場合、ゆっくりできる

 そんな休みの中で

 故郷に住んでいたら、

 知り合いにも、同級生とかにも会うのだろう

 どういうわけか故郷と違う地に住んでいるし

 何時間もかけて生まれた町に行くこともないので

 休みの期間に会う知人もいない

 そんなことが何十年も続いている

 そして、こうやって

   今の地で来年も同じことを考えているかもしれない

2012年1月 2日 (月)

犬「ジャッキー」

Photo

 義理実家に犬がいる 

 ちょうど10歳になるはずだ

 時々しか相手になってあげないので

 最近は喜んでとびかかって来なくなった

 それでも、賢い犬のこと吠えられることはない

そうだ、10年前だ

二男が小学生から中学校に上がるとき

犬好きの義父が「孫」にねだられて・・

最初から 我が家で飼わずに

実家でずっと面倒を見てくれている

子供がしばらくは散歩に連れて行っていたけど

ごたぶんに漏れず

そのうちに少しずつご無沙汰になり

今では すっかり迷惑をかけてしまっている

子供が付けた名前「ジャッキー」も10歳

あれから、そんな月日が過ぎてしまった

2012年1月 1日 (日)

新しい年

Photo

 昨日と今日が、

 どこかどう変わるということではないけれど、

 新しい年が始まります

 少しだけ去年よりも良い年でありますように!

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »