« 電車と鉄橋 | トップページ | 1月半ば過ぎ »

2012年1月22日 (日)

「夢」という映画

Photo Photo_2

映画館で ずいぶん前に見たのだが、

黒澤明監督の「夢」という映画

もう一度見たいなあと思っていて

久しぶりにビデオ、、ではない

レンタルDVDを借りてきて観た

「こんな夢を見た」というフレーズ

8話のオムニバス映画で

キツネの嫁入りをモチーフとした日照り雨が1話

8話目の水車のある村の日本の古い風景など

そんな中で『赤富士』という話がある

原発などの施設が爆発していって

富士山を背景に日本が放射能に侵されるつつあるという話

映画館で観た当時は何気なく観たのだろうが、

今、なんか 映画ということ以上にすごいなあと思った

そんな改めて観た映画だった

|

« 電車と鉄橋 | トップページ | 1月半ば過ぎ »

趣味(陶芸・映画。プールなど)」カテゴリの記事

コメント

オジンさん;
 マイナーな映画ですが、8話のうちの幾つは、それぞれに「これだけは納得」とか「なるほど!、美しい映像だ」と思えると思います。
 オジンさんの覚えている1話目の「日照りの雨」は、同じ年代なら、こんな話 聞いたなあと思えるかな。
全体に重い内容だけど、今になって考えてしまう寓話、物語でもあります。8話めの日本の風景は なんとも言えず好きです。

投稿: N.ケイゾー | 2012年1月24日 (火) 21時42分

黒沢明監督の「夢」
見た覚えがあります。きつねの嫁入りのシーンは
記憶に残ってますが「赤富士」は覚えてません。
当時はそれほど面白い作品と想いませんでした。
今、もう一度見るとまた違う感慨があるかもしれません。
見てみたい。

投稿: オジン | 2012年1月24日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345439/43826812

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢」という映画:

« 電車と鉄橋 | トップページ | 1月半ば過ぎ »