« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

宴席で

Photo

 仕事の帰り のいっぱい

 なかなか余裕がなかったり、誘いがなかったり

 飲む機会が少なくなったりしている

 そんな中、

 ちょっと遅い時間になってしまったが

 仕事仲間6~7名と 帰りに一杯の飲み会

 飲み会と言うよりは、愚痴会になってしまった向きが強いのだけど

 しばしアルコールが入って気持ちよくなった



それにしても、

器作りを少しかじったせいか、

刺身とか、枝豆に盛られた皿が

どうしても気になってしまったけど

それもこれも久しぶりのお疲れ飲み会だった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

桜と菜の花

Photo

 3月も終わり、

 本年の気候は、少し異常だ

 やっと昼間は暖かい日がやってきたが

 朝晩は、まだまだ寒い日がある


花の咲き方も違うような気がする

小学生の卒業式の頃は菜の花が咲き乱れ

だんだん桜の花がほころびはじめ

4月に入って、入学式の頃は葉桜にもなっているのに

本年は、やっと桜の花が膨らんできた

菜の花と桜の花

もしかしたら一緒に咲いての入学式かな

それもまた嬉しいのだけど

例年と違う気候に 戸惑いみたいなものもある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

年度末のサークル

Haguruma

 年度末が近くなった

  たまには行かなきゃ

 今週は出席したいなあと

 そう思ってはいるものの、、

 サークルの中では

 3月、次年度の役員の候補があがっていく

 そして、4月に総会がある


サークルに入って、ずいぶん年月が流れた

入って、1年目が終わる頃には会計の担当

そのあと、企画の副部長や広報部長

最近では5年間も副会長をやらせてもらった

本年度は体調や仕事の関係から

役員等を退いたのもあり

なかなかサークルへ参加ができず

あれから1年が過ぎようとしている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

休日出勤

Photo

このところ、、というか

本年度に入ってからか

仕事の内容とかが多様化してきたせいか

時々、休みの日に仕事に出る時がある



 サラリーマンだから

 土曜とか日曜、あるいは祭日などは休みだけど

 仕事の整理がつかず、事務が終らず

 休みの日に仕事に出た時

 なぜか通常より仕事が進むような気がする

 なぜ・・・

 うーん、気のせいかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月25日 (日)

閉級式

243

 2年ほど前から入っている陶芸教室

 近くの公民館の教室の一つ

 ほかにも書道や俳句、オカリナやギター教室

 それにフラダンスやヨガ、エアロビクスなど

 たしか20教室ぐらいあるんだった

 そんな教室の閉級式があったらしい


仕事とかの関係で参加はできなかったけど

我が陶芸教室も作品の展示があった

そういえば、昨年は始めて作った器を出したのだった

3月も終わり、新しい年度が始まる

子どもたちは春休みに入ったところも多い

例年より遅いが、桜の咲き始める頃だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月23日 (金)

公園の滑り台

Photo

 先週の休みの日だったか、

 ぼーっと外を眺めているとき、

 すぐ目の前にある公園の遊具が

 「禁止」のたて看板がたっていた

 よく観ると、塗り替えているようだった

 見慣れた公園、

 自分の子どもが小さかった時には

 いつも遊んでいた公園

 ついつい生活の中で見慣れてしまって

 そういえば、20数年たつんだろうな



そんな家の前の公園の遊具

あれから4~5日過ぎたけど

もう補修も塗り替えも終ったのかなあ

夜にしか通ることがないので

夜中に眺めることがないので

果たしてどうなっていることやら

今度、朝、昼間に見ることがあったら

ちゃんと見ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月21日 (水)

梅、梅干

Photo

気になっていた髪の毛

薄いは薄いなりに散髪屋にいかなきゃ

そんなわけで馴染みの床屋さん

ご主人がバリカンを入れながら語っていた


 「今年は梅が咲くのが遅いですね」

 「3月も後半なのに、今が盛りです」

 そんな話もしながら、

 今年は梅が豊作になりそうだとのこと

 そして、梅が豊作だと シソの葉が高く売れるんだって

 梅がたくさん取れて、梅干を作るからだろう

 そんな年はシソ作り農家は笑みが出るんだと

 盆栽趣味のご主人が語っていた

 「へえ~」とうなづいてしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月20日 (火)

春一番だったらしい

13

 先週の土曜日だったか

 たしかに暖かい雨の日だった

 小雨が降ったり本降りになった日

 九州や四国などでも春一番が吹いたらしい


これで やっと春になっていく

東北や北陸、北海道でも

少しずつ春の気配が漂っていくのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

卒業証書

Photo

 2人の子どもがいて

 どちらも、とうに大人になっている

 その次男が卒業証書を持って帰ってきた

 中学から高校の年齢の時に、いろいろあって

 遅ればせながらの高校卒業

 4年もかかったが、ほっと一安心


それで、持って帰った卒業証書を見ると

昔のイメージと違っていた

厚紙の証書が筒に入っていると思ったら、

アルバムみたいな物に

丸まっているわけでもなく

折り目のない証書がきちんと入っていた

そんな立派な卒業証書だった



そういえば、

  自分の卒業証書はどこだっけ。

Photo_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月17日 (土)

採血の部署

23310

 最近、膝間接等の悪化から

ときどき総合病院に通うことが多くなった

その際に必ず血液検査が待っている

2階の奥に採血部署があって

6~7人の看護師さんが働いている

働いているというか、採血専門らしい看護師さんたちがいる

朝早くから次々に来る患者に

例外なく優しい対応をしてくれる


一人の患者の採血などが終わると

机などを消毒し、ゴム手袋を換え、書類を用意し

名前確認をして、上手に針を刺していく

午後からの様子は見たことがないが

一息つく間もなく対応している、その様子

いったい一日に何人の腕に注射針を刺すのだろう

順番を待っている十数分しか見ていないが

な~んか、すごいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月15日 (木)

橋・横断歩道

Photo_2

 朝晩、交通量の多い道路に

 信号機のない横断歩道があって

 見ていると危ない場所がある

 その中の一つ

 わりと大きい橋のたもとにある横断歩道

 手押しボタンつきの信号機もない


登下校の学生や子どもたちが

そんな横断歩道を渡っていく

通勤を急ぐ車やバイクは、なかなか停車してくれない

「止まってくれないかなあ」

 なんて思っても無理だ

「あっ、危ない」と思うことが幾度かある

車には面倒があるだろうが

信号機がついてくれればいいと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月13日 (火)

冬の寒さ

Photo_2

 日曜日は、風はあったけど 

 晴れ間があって、陽がさして

 あんなに春っぽかったのに

今朝の出かけは、ああ 寒いなあって感じた

たぶん 昼間も気温が上がらなかったのかもしれない

帰りの夜道

冬に戻ったような寒さ

耳や手がかじかんでしまうような冷たさ

もう3月も中旬だと思っていたのに

九州内も、まだまだなのかな、春までは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

初めての土鍋

Photo

 1月だったか、仕事が忙しくなる前

 陶芸教室の先生宅にお邪魔してこさえた土鍋

 土鍋用の土をこねて

 ろくろも使って初めての作品


つい先日、釉薬をつけたら

早速焼いてくれたようだった

焼きあがった茶色、一人用の土鍋

ふたを作るまでにいかなかったので、

ちょっと中途半端なんだけど

何はともあれ、一つ目の出来上がり

今度はふた付きも作ってみたいなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

3月11日

Photo_2

 いろんな状態の中で

 いろんな思いを持つ中で

 あの3月11日がめぐってきた


昨年の3月11日のあの時は仕事中だった

忙しい時の会議の最中で

休憩でほっと一息つこうと思ったときに

テレビの置いてある室から

異様な空気が漂っていたのを思い出す

地震速報が出されて数十分

テレビに映し出された津波の映像が見え隠れしていた


 そして、あれから1年・・・

 九州の片田舎から、黙祷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

長いけど、小さな橋

Photo

 以前に住んでいた貸家の近くに橋がある

 1級河川の上にかかっている橋

 昔から地元の人しか知らなかったであろう橋

 補修しながらも、昔のままだ

 竹やぶの間をぬうようにかかっている


最近では通勤時の抜け道にも使われているようで

真ん中2箇所に人が逃げ込まれるスペースがある

橋といっても、車が1台通り抜けられる程度の狭さ

向こうから来る車を待って

こちらからの車が通り抜ける

その間に歩行者や自転車は、どっかで立ち止まって待つ

そんなことを昔から繰り返しているようだ

橋にも寿命があるだろうから

いつかは作りかえられるか

歩行者だけの橋になるのか

久しぶりに渡りながら そんな思いを持った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 9日 (金)

紙すきのカレンダー

Photo

 今日も、やっと1日が終って

 着替えを済ませて、背伸びをしながら

 今日は何日?だっけと思ってパソコンの上の壁を見ると

 1ヶ月ごとのカレンダー・暦が張ってある

 今年は、年末にいただいたカレンダー

 「こんなのがありますが・・」と電話をもらって

 すぐに買わせてもらったもの



知的障害者施設の面々が作った紙

たぶん牛乳パックなどを使って

わいわい言いながら、周りでああでもない、こうでもないと騒ぎながら

作られたぎざぎざの和紙っぽい紙なのだろう

厚みがあって、印刷も良くって

年配者にはちょうど良い、ちゃんと見える文字

どんなことをしながら作ったんだろう

どんなふうに こさえたんだろうと思いながら

背伸びしながら、明日の日にちを確認した一瞬

それでも、十分に・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 8日 (木)

無機質な壁

Photo

 なんか、このごろ仕事も忙しくて

 気持ち的なゆとりがなくって

 おまけに体調も良くはなく、って感じで

 もう一つ シャキッとしない

 そんな時期もあるのだと

 そういう心境も体調もあるのだろうと思うけど

 

無機質な壁を見てるような感覚っていうのだろうか

早く脱出したい !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 5日 (月)

紅梅・春近し

Photo

3月3日はひな祭りだったのだ

 なんとなくこの歳になると

 子どもも男しかいないせいか

 春の節句にうとくなってしまう


それはともかく

梅の花が咲いて、もう散ったのもあるのだけど

近くに毎年咲く紅梅がある

雨が多い今年の季節

それでもいつものように紅梅が咲き誇っている

日当たりの良い土手には菜の花が咲き始める頃

もう、、、やっと3月になった

春の兆しが だんだん増えていくだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

歯医者・歯科医院

Photo

 先日、1通の手紙が届いていた

 長年 通っている歯科医院から 

 今まで一度も来たことはないのにと開けたら

 文面は「医院40周年」と、「医院を閉じる」との内容

 「えっ~、困ったなあ」というのが第一声

この地に移り住んでから30数年

この歯医者しか行ったことがない

調子が悪くなくても1年に1回は通っていたのに

ほかに知らない歯科医院なのに

そうか40周年なのか

最初に行ったときに随分年配の先生と思ったけど

それから、看護士さんも相当変わって

そういえば、若先生がいた時期もあったっけ

仕事場に近かったせいもあり

ずいぶん時間の調整もしてもらった

そんな医院が閉院するとは・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

伝言板

Photo

 若い頃だったろうか

 最近では見かけなくなったけど

 スーパーとか、街角とか、バスターミナル

 その昔は 駅の待合室など

 ちょっとした黒板や掲示板があって

 「待ち合せの時間に遅れます、○○子」、

 「お父さん、先に帰っています・・」

 「財布を拾った方、連絡下さい、△まで」

 そんな光景があったように記憶している


今のようにケイタイ電話が普及したり

日本人的な習慣が薄れてきたら

そんなことは不要になったのもあるかもしれない

そういえば黒板自体も消えつつあるのかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

春の気配

Photo

 雨が上がった朝

 どことなく寒さが緩んでいた

 冬の冷たい空気ではなく

 なんか どっか春に近づいたような空気

 九州のどこかしこで梅の便りが届く季節

 ひと雨ごとに寒さがとれていくのだろうか


たぶん雪国の地方、北海道などでは

まだまだ春の気配なんか感じられないのだろううが

2月も後半

ほんの少しずつ季節は巡っていっている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »