フォト
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

諸行事へのお誘い

24628

 このところ仕事の残業が続いたので

 また久しぶりになった手話サークルへの参加

 それも終わりの時間20分前に入室

 4週目なので、各部の話が終わったところ

一通りの各部の報告が終わって

お知らせや募集の時間だった


まず、九州規模や県内の集会・大会の行事

それらへの参加やら割り当て

次に、週末のサークル主催のビアガーデン大会お知らせ

そして、聴覚障害者協会青年部から

35歳代までを対象にした研修会の募集と

青年でなくても良いという行事、

  青年部主催の夏の懇親・懇談会へのお誘い

いろんな催し物、満載だった

2012年6月29日 (金)

雨が降り続くと

Photo

 6月、やがて7月になる

 梅雨に入って数週間になる

 時に曇りだけの日はあっても

 ずっと降り続いているような気がする


降りしきる雨にアジサイの花が映える

田畑の作物は生き生きしている

台風や熱帯低気圧の影響で大雨のところもあるらしい

ジメジメの湿度で不快感も増している

沖縄地方では梅雨明け宣言があったらしい

そんな6月の後半の季節

2012年6月27日 (水)

思い込み

Photo

仕事の帰りの出来事だ

雨が降り続くので、自転車とバスの通勤をやめて

我が家の近くからのバスに乗った

混雑するので嫌だったが、仕方ない


 仕事を終えて、そんなバスに乗った

 帰りは、やはり通勤車・者の多い道路だから

 それなりに混んでいた

 近くのバス停で降りたのが2人

 先に降りた70歳年配のおばちゃんが

 すぐそばにある信号機を無視して道路を渡った

 思わず「信号機は赤、危ないですよ」と言ったが、聞こえないのか

 そのまま車の合間を抜けて渡ったおばちゃん


手押し信号で青になって渡ったのを待っていて、

「前は信号がなかったから・・」と言う

確かにそうだった

つい この前まで横断歩道に信号がなくって

車の途切れるを待って渡っていたんだ

きっと信号機がなかったときのまま

車が途切れたからと、手を挙げながら横断したようだ

それにしても、ちょっと前までの信号機なしの横断歩道情景

それを思って、思い込みのままだったのだろう

ひやっとしたけど、何事もなく良かった

2012年6月25日 (月)

偶然に

Photo_2 Photo_3

休みの日、列車で出かけた

福岡で10数年来の友と会うことになっていた

雨の降りしきる中、2~3時間かけて目的地に到着

少し時間があったのでブラブラしていると


仕事の関係の人を見かけた

へ~え、こんなところで見かけるなんて、と思っていたら

突然に後ろから声をかけられたのは手話サークルの関係の仲間

来月にある集会の打つ合わせに来たんだということだ

そして、友との待ち合わせの場所に行くと、

今度はボランティアで一緒になる女性2人と鉢合わせ


  博多駅の人ごみの中、

  住まいから23時間もかかる地で

  偶然にも 何人もの知り合いがいるとは。

2012年6月24日 (日)

ツバメの巣。その後

Photo

  我が家にツバメが土を運び始めて

  軒下に少しずつ巣ができあがっていき

  数週間が過ぎた

  毎朝、眺めては「ああ、ちゃんと来ている」

  そう思っていたら、

  このごろは夜も巣に入りこんでいる

そろそろ卵でも産むのだろうか

それとも卵を産んで温めているのだろうか

2012年6月23日 (土)

バスの車内で

Photo

 通勤などで利用するバス

 昼間は、そうでもないらしいが、

朝夕の出勤時には混んでしまうのが常だ

雨の日になると、特に乗り降りにも困難を来たす

幸いに始発バス停近くから乗る身としては

座っての通勤が補償されているものの

乗り降りする乗客を見ていて思うことがある

「もう少し前に詰めてくれればいいのに」とか

「2人掛けだから荷物は膝に載せてほしい」とか

「黄色シートの人は変わってあげて」など、

たぶんほかの人も思っているようなことを

同じように感じる時がある

2012年6月21日 (木)

小さな駅の売店

Photo

 通勤のために利用しているというか

 電車自体は時たま乗っているに過ぎないが

 我が家から自転車で出かけて

 自転車をおいてバスなどに乗り換えるのに

利用している駅前の駐輪場


中央の駅ではないので、そんなに大きくはないけど

まあまあの乗降客がある

そんな駅に、昔は売店があった

10年ほど前に駅舎を改修したとき

売店がコンビニめいたものに変更された

夜中まで開いているわけではないが、

売店の時と違って品数も増えた

    ・それでも、何ヶ月前かに閉店していて

不便だなあと思っていたら

最近、またコンビニになって復活した

朝、自転車を置いて

さっそくお茶とガムを買った

2012年6月19日 (火)

機器の不具合

Photo

 仕事中での出来事で

 昼近くなって、仕事・会議に必要な

大事な機器類に不具合が生じた

パソコンを介してもいる機器類

大きな会議の最中でもあり

一時中断して点検することもできず

代用品などを使っての数時間

いつダウンするか分からないおそれの中

ヒヤヒヤしながら・・・

文明機械化に頼っているからこそ

どうにもできない、歯がゆさもあった

2012年6月18日 (月)

朝顔の苗を

246

 6月も後半になった

 九州では梅雨のまっさかり

 7月になって暑い日ざしが照りつける頃

 今年も朝顔の花を咲かせたいと思い

 先週のうちに苗を植えた



少し大きくなった苗と、伸び始めたツルを見て

雨の合い間にネットを張った

昨年も3つほど苗を植えたのだが

なかなか花が咲かず、ツルも伸びきらなかった

今年はしっかり日陰にもなるような葉っぱをつけて

大きな花を咲かせてほしいものだと

そんなことを思いながら。

2012年6月17日 (日)

梅雨の時期

Photo

 日本列島、北海道などをのぞいたら梅雨

 沖縄は そろそろ抜けるのかもしれないが

 例年どおり、雨、梅雨空が続いている

 この1~2日の大雨で

 九州も、この雨で浸水被害などが出ているらしい


この雨がないと困る農家などもあるし

この雨で仕事のできない職種もある

いろいろだけど、

例年の時期

なるべくなら平穏無事に この時期が過ぎていってくれたら良いのに

2012年6月15日 (金)

桔梗の花

Photo

昔からというか、若い時から

なんとなくだが、桔梗の花が好きだ

華やかさはないかもしれないけど、

土に根付いて育ち、薄い紫の花が咲いて

少しの間、ふっくらした花を見ることができる


 昔、桔梗をテーマにした歌、詩があった

 着物の柄にうっすらと

 可憐な花をください というような詩

この時期に咲く桔梗の花

時々であっても もうしばらく眺めていたい

2012年6月13日 (水)

県外ナンバーの車

Photo

20年ほど前に移り住んだ地

あれほど店なども少なくて

田畑が主流を占めていたような

我が家の周りも様相が変わってしまった


 昨年まで田んぼだった近く土地も宅地に

 アパートやコーポが建っている

 10戸ほどあるアパートの敷地には車がいっぱいだ

 駐車している車のナンバーを見ると

 全部が全部、県外の標示ばかり

 たぶん移り住んだものの

 まだ住所や車の所在を変更していないのだろう

 ものの見事に地元ではないのを見かけた

2012年6月12日 (火)

ツバメの巣 その2

2468

晴れた6月の日

朝からせっせと巣づくりを始めたのか

夕方過ぎて軒下をのぞいたら

先日から気になっていたツバメの巣が形を作っていた

さすがに暗くなると飛び交ってはいながいが

明日もまた土や麦わらを運ぶのだろうか

間違いなく、我が家の軒下を棲家としたみたいだ


巣ができるまでの間

遠くから渡ってきたツバメたちは

いったいどこで夜を過ごすのだろう

そんなことを心配してしまった。

2012年6月11日 (月)

障害者スポーツ大会

246

 毎年、行われる障害者のスポーツ大会

 今年もまた、そんな季節が巡ってきた

 そういえば、

 去年は台風が来ていて、

 雨決行どころではなく、中止になったのだった



昨年までは、手話を勉強してから

ずっとボランティア&交流もあって参加させてもらっていた

今年は、我が身の故障などもあり

スタッフとしては辞退させてもらったものの

どんな様子なのか、

会場が近くなのもあり、自転車で見させてもらった

「そうっか!」と思えるような光景

今までは、持ち場を必死にやっていたけど

今回は一般観戦者の立場で見ると、

いろんな障害を持ちながら スポーツをしている人には

それぞれに、いろんな立場のサポートがつくのだ

一緒に来て楽しんでいるのだと思った。

2012年6月10日 (日)

ツバメが飛んできて・・

Photo

 我が家には2階にベランダがあって

 その下の1階はひさしになっている

 雨があたらないので

 自転車や単車が置いてあって

 少しの洗濯物なら干せるスペースだ


そのひさしのスペースに

先日からツバメが行き来、飛んでくるのを目にしていた

そう思っていたら、

どうやら巣づくりを始めているらしい

カーテンの隙間から そっとのぞくと

土や枯れ草を口で運んできている

毎年、飛び交っているのを見かけるが

今年はきちんと巣が作られている

2012年6月 9日 (土)

犬のジャッキー

Photo

 仕事から帰ると、義実家から

 犬のジャッキーが死んだと連絡を受けた

 この前から調子が悪かったからということだった

 そういえば、このところ少しご無沙汰だったから

 犬の元気な姿も見ていなかった


犬のジャッキーは、

二男が小学生のとき、ねだって飼ってもらった犬

ジャッキー・チェンをもじってつけた名前だ

そんな犬が寿命とはいえ 死んだことは、やはり淋しい

生き物の命・・・。

2012年6月 7日 (木)

米の調達

Photo_2

子ども頃、生まれ育った実家は半農家だった

元気だった母や父が仕事の合間に田畑を耕していて

当然に手伝わされて、隣近所共同で作業をしていた

そんなことも今は懐かしい思い出

姉夫婦が家を受け継いでくれていて

田んぼは、幾らか農家に貸している

そのせいもあって、

借り賃として実った米を譲り受けている

そして、その分け前を時々もらっている

たまに田舎に帰ったとき、1~2俵を持ってくる

期間が開くと、姉が送ってくれる時もある

そんなことが何年も続いて、当たり前になっている

 


けど、いつまでもそうはいかないだろう

 おかげで米を買う習慣はないが

 そのうちに買わざるを得なくなるかな

 そんなことを思っている

2012年6月 5日 (火)

日没が遅くなって

530

 少しずつ、夏に向かっています。

 あんなに寒かった冬も忘れてしまいそうな、そんな6月

 沖縄の梅雨が終ってしまいそうで

 九州地方では、今週にも梅雨に入りそうだとの話

 雨が降ってしまって青空は見られなかったけど

 今日もまた、日の入りは7時ごろのようだ

 日の入りまで 遊んでいる子どもたち

 暗くなる前まで練習している学生のクラブ

 野球部、サッカー部、テニス部・・・・

もう少し遅い時間まで明るい日になる

だんだん暑い日が続くようになる。

2012年6月 4日 (月)

床屋で

Photo

禿げかかった髪でも伸びていく

床屋に行きたいなあと思いつつ

平日に行くにいけないので、

休みの日に いつもの散髪屋へ

けど、お客がいっぱいで

引き返して、もう一度行ってみたが時間がかかりそう


次の機会にしたくないので

近辺にある低料金の理容院に寄った

低料金だけあって客の回転も速い

ドアを押して入ったら理容師が4~5人

しばし待っている間に気がついたが

2人がろう者みたいだ

手話は使っていないが、口話だけで会話している

順番が回ってきてテキパキとやってくれた店主らしき人

ろう者らしき理容師も手際がいい


 手話が禁止されているのか

さすがに、こちらから話かけは遠慮したけど

この次に行く機会があったら

「ありがとう」の手話くらい使ってもいいかな

 そんな出来事があった

2012年6月 3日 (日)

電線にツバメ

Photo

土手沿いの低い斜面を

まだ残っている田畑の上を

スイスイーっと飛び始めたのが5月初めだったけ

今年も渡ってきたなあと思っていた

出かけた折に何気なく空を見上げると

電線に数羽のツバメが羽を休めていた

もう6月に入って数も増している


卵を産む時期なのか

どこからかやってきて雛を育てて

夏をすごし、大きくなった子を伴って

秋を過ぎる頃

また暖かい地を求めて飛び立っていくのだろう

それまでのしばしの居場所なのだろう

今年もまた、そんな季節

Photo_2

2012年6月 2日 (土)

近視から老眼

Photo

 若い頃、視力は良くて

 自慢できる一つだったのに

 30歳を過ぎる頃から近視になった

 仕方ないから眼鏡をかけるようになり

 そのうちコンタクトを併用していた

 50歳になるとコンタクトが合わなくなり

 また眼鏡に替えたのだが

 それは老眼のせいなのだ

 新聞の文字が見えづらくなり

 今では近視用の眼鏡を外さないと読めない


そして、だんだん・・

今度は老眼用の眼鏡が必要になってくるのだろう

歳には逆らえない

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »