フォト
無料ブログはココログ

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

5月も終わり

Photo

寒い、冷たいと言いながら

やがて梅の便り、つくしが芽を出して

桜の花の時期が過ぎ、藤の花も満開を見て

そのうちに梅雨の季節がやってきた

5月も終わり、6月に入るころ

今年も半分が過ぎる時期になっていく

平穏であることが何よりも大切だと

平凡であることも良いことなんだと

そんなことも思うようにもなった



2013年5月29日 (水)

卯の花腐し

Photo

「卯の花腐し(くだし)」という季語がある

「走り梅雨」のことを言うらしい

梅雨入り前の曇りや雨の日が続く

はっきりしない天候・季節のことだそうだ

白い卯の花が咲く時期のことともあった




 そろそろ梅雨に入る時期かなと思って

 そのことを書こうと思っていたら

 九州北部も南部も梅雨入りしたということだ

 少し例年よりも早いということで

 そろそろジメジメした気候が続くのだろうか

2013年5月28日 (火)

障害者スポーツ大会

Photo
この前の日曜日、

少し風が強かったけど良い天気の中

ことしも、こんな時期になりました

県下で行われる障害者のスポーツ大会

体の具合とか、仕事が都合で2年間ほどご無沙汰していたけど

今年は久しぶりに手伝わせてもらいました




 同じサークルの仲間とか、隣町の仲間とか

 ボランティア学生とかが集まって盛り上げました

 開会式を手伝って、そのあとフライングディスクの競技の補助担当

 ろうあ者だけでなく車いすの人や知的障害を持っている方々

 たくさんの人と会うことができました

 午前中と午後と競技内容が違っていたので、

 昼のご飯時など、たくさんの方と話もできましたし

 面白い手話も教えてもらいました

 

2013年5月26日 (日)

2階の部屋

2
 我が家は2階建てだから、当然に階段の上り下りがある

 小さな家といえども、立派な?我が家
 

冬には昼から2階の部屋が暖かい

夏には陽が当たる2階は暑すぎて困ってしまう

それでも、昔、アパート住まいをしていたころに比べると

ずっと、ずっと広い家と部屋、そして小さなベランダ


 平日は ほとんどあちこちするようなことはないけど

 仕事が休みの日に1日に何回か階段を往復すると

 ふと、立ち止まってしまって

 「1階と2階の家があって、

   そんな暮らしをしているんだ」と

 現実に、不思議な感覚になってしまう

2013年5月24日 (金)

風邪

Photo

 突発的な出来事があって、仕事が忙しくなった

 それに合わせるように風邪をひいてしまった

 10年ぶりぐらいの風邪ひきかな

 ちょっと調子が悪くても、風邪かなと思っても

 ぐっすり寝ると翌朝には体調は戻っていて

 もう何年も風邪で寝込んだことがないと

 そんなふうに自慢していたのに

 この時期に風邪で熱は出るし、咳でのどは痛いし

 少し休もうにも、仕事は立て込んでしまっていて

 あと少し、あと少し我慢で週末になってしまった

2013年5月21日 (火)

そこに花が

Photo
まだ明るい日差し、夕闇前の時間

仕事を終えた帰り道

ちょっとだけいつもと違う道を通ると

小さな発見があります

人家からの人々の話が新鮮に思えたり

遠く見え隠れする山々の風情が違って見えたり

それでも、そこかしこに植わっている雑草の間に間には

同じように小さな花が咲いています

2013年5月20日 (月)

乗り物酔い

Photo

子供のころには特にひどかったのだけど

車にしてもバスにしても、それから列車に乗っても

少し長く乗っていると酔ってしまう

大人になってから、自分で車を運転するようになってからは幾分は治ったかもしれない

それでも先日も長い時間の列車に乗っているとき

そんな兆候があったから困ったものだ





 原因はわかったいるつもりだ

 体調が悪い時は致し方がないにしても

 資料や本を見たりするとダメみたいだ

 けど、割と大きな船での船酔いは経験がないから不思議だ

 ふと、岸壁近くに行った散策中

 「船での夜間クルーズはいかがですか?」との看板があって

 住んでいる街を船から見たら良いものだろうと

 そんなことから、乗り物酔いのことを思い出してしまった

2013年5月19日 (日)

地震速報

Photo

18日の午後に地震速報があった

すぐにテレビをつけたら

まずは「津波警報」はなしということだった

平成23年に大地震があってから

時々でも地震のニュースが流れてくるのが、

当然に気になってしまう

今回の宮城県を中心とした地震は揺れは大きかったものの

大したことはなかったけど

何かにつけ心配の一つである

2013年5月18日 (土)

机の上

Photo
いつもの仕事場の机の上がどうなっているかといえば

きれいにしているつもりでも、そうでもないかもしれない

まず、小さなパソコンがあって

ちょっと席を外すと書類とか資料が山積みされてしまう

それを隣りの人の机に譲っても、まだ片付かない

机のデスクマットに挟み込まれているのは

ちょくちょく見ること多い1枚、2枚のデータ資料

それにカレンダーと、気に入っている絵葉書の表面

それは仕方ないかなと思う

 若いころは何も置いていなかったようにも思う

 参考書、辞書が時々置きっぱなしになっていることはあったが

 そんなに必要がなかったのか、片づけ上手だったのか

 今は、、時々だけど

 見終わっていない書類が朝まで残っていたり

 バインダーやメモ用紙が残っていたり

 余裕がないときは、とくに机の上が片付かない

 今は、

 今は割りと片付いているから、

 帰るときはパソコンとファイルに挟まった書類くらいだ

2013年5月17日 (金)

5月の季節

Photo

寒い、冷たい風といっていたのが、つい最近のこと

4月から5月にかけての連休も過ぎて

新緑から緑の季節

5月も中旬になってしまった

仕事が;終わるころには夕闇がせまっていて

仕事場を出るとすっかり陽がおちてしまっていたのに

今は7時過ぎまで明るい

おかげで夕日を見ることもできるようになった




 日中は暑さも頻繁に伝えられるようになって

 夕方の、あるいは夜風の涼しさも気持ちよくなっている

 気候的には今が一番良いのだろうか

 秋から冬に向かう季節のほうが好きだけど

 この季節もまた良いものだ

2013年5月15日 (水)

列車の灰皿

Haizara

先日、出張で電車・列車を利用したのもあり

仕事の関係で汽車などの話になった

そういえば、窓が開いていたなあとか、

暑いけど冷房はなかったなあなど、いろんな話が出た

タバコ、喫煙が普通だったことも話に上がった

座席にはくるっと回せる簡易灰皿がついていて

目の前でタバコをスパスパ

禁煙列車、分煙電車などなかった時代

そんなに昔のことではなかったのだ

今は良い時代だと言うひともいたし

昔が懐かしいと言い張る奴もいる

2013年5月13日 (月)

少し陶芸の手伝い

Photo

 

週末の日、5月です

たしか去年も2回ほど手伝ったことがありますが

小学低学年を対象とした陶芸教室がありました

仕事で、出張で帰ったばかりだったけども

公民館の陶芸教室でお世話になっている先生の呼びかけもあり

今年も少しだけ手伝わせてもらいました


 2時間ほどの器の基礎

 親御さんを伴って小学低学年の13人

 引っ込み思案の子供、やんちゃな2年生男子も含めて

 お皿の器作りでした

 飽きて丸くならなかったのや、底が薄くなりすぎた物などいろいろでしたが、

 来週も来たいとの声

 それを期待して、来週も手伝いを約束しました。

2013年5月12日 (日)

修学旅行

Photo

はるか昔になってしまってけど

学生時代に修学旅行がありました

最初が小学校の6年生で

どこに行ったのだっけ、1泊2日だったと思う

次が中学校の3年生です

九州から少し外に出て、たしか臨時列車の旅だったように思う

そして、高校3年生での修学旅行です

これはよく覚えているし、記念写真なども残っています



 

 ずっと前は秋が修学旅行時期だったように思う

 今は春にもあって、秋もあって

 そしてグループでの旅行、班ごとの旅というのもあるらしい

 いくら田舎の学校でも、高校では、あるいは中学校でも

 外国への旅行も普通になっているらしい

それにしても、良い思い出になるのか

はたまた騒ぎまくりの授業の一環となるのか

それは、昔も今も・変わらないように思う

2013年5月11日 (土)

出張で奈良県へ

Photo
仕事の一部、出張ではあったけど、奈良に行ってきました

もちろん訪問するところがあって、視察がメインであるので

観光地を巡ったというわけではないのだけど

少しだけ旅をしたなあという気持ちにもなりました



昔、むかし

10代の終わりに大阪に住まいしていた折に

2度ほど出かけたことがあります

そして10年ほど前に研修を兼ねて訪れたことがあります

けど、それと違っていました

何が違っていたのかといえば

この年齢で訪れてみて、

あらためて「ああ、こんな地だったのだ」

「へえ、仕事で行くと、また違った奈良があるのだ」と

そんなことを感じました

JR奈良駅近くに宿泊したのもあって

奈良~東大寺~鹿、大仏殿~なんていうイメージだけでなく・・・

2013年5月 8日 (水)

階段の登りおり

2

少し前までは膝が悪くなってから

階段の上り下りがおっくうだった

1年少し前は一段ずつ踏みしめるように歩いたものだ

それが病名が判明して、治療を続けるようになって1年を過ぎて

ホントに普通に登り降りができるようになった

薬とか治療費がもう少し低料金だったら良いのに

そんなことが切実な思いなのだが・・・

2013年5月 7日 (火)

連休・快晴の空

Photo
ゴールデンウイークも終わりました

4月から5月にかけての連休

当然、サラリーマンとしてはうれしい休みの連続でした

幸いに、今年は全体的に晴れの日々でした




 水面に写る対岸の景色

 青空の下に青々と茂る木々の新緑

 風もなく、その景色を映し出し川

 不思議な感覚になってしまう

 大空と、その下の木々、草花をそのまま水面に写して

まるで一点の曇りもない鏡があるような

そんな感覚に陥ってしまいそうな5月の日でした

2013年5月 6日 (月)

同窓生・同窓会

Photo

 ちょっと立ち寄った学校の校庭

 何やら若者たちがザワザワと固まって話をしている

 近所の若者にしたら人数が多いし

 不思議な雰囲気だった



そう思ったら、

どうやら学校のOB、同窓生らしい

この連休を機会として集まったのだろう

そういえば先生らしい年配の方の姿が見えた

たぶん10年そこらの年数が過ぎた元生徒なんだろう

「そういえば、あそこに木がありましたね!」とか

「みんなであの教室で過ごしたんですよね!」なんて声が聞こえてきた

しばしの子供だったころの話に花を咲かせる若者

きっとあのあとは飲み会になったのかもしれない

2013年5月 4日 (土)

田畑で植え付け

Photo


晴れ渡った大空のもと

もう田植えの準備にかかったというニュースもある

まだ雪解け間近という土地もある

どちらにしても大地の恵みが芽吹く季節

田畑の土にいろんな苗や種が蒔かれ

そして育っていく季節だ




 我が家の近くの田畑は新興住宅地の家々に変わっていく中

 近所の人が、せっせと土を耕し苗を植え付けている

 ただ通りすがりに見るだけなのだけど

 ずっと続く田畑の光景に安堵するときがある

 植えられた野菜たちが実をつけるころ

 雑草もまた伸び放題になるのだろうが

 それもまた、夏に向けての光景だ

2013年5月 3日 (金)

5月、藤の花

Photo

5月のゴールデンウイーク

この時期は藤の花の季節をイメージします

山々の間に紫色の花が咲くのが見られます

近くの公園と墓地との境にも2本の藤の木があって

少し淡い、薄い紫色の花が咲きます




休みを利用して出かける人

休みを利用して故郷に帰ってくる人

普通に仕事をしながら横目で混雑する道路を通る人

さまざまな5月の始まりがあります

そんな中

 今年も、家の近くの藤の花が満開です

広報部員

Photo

やっとゆとりもできるようになって

4月から、ぼちぼちとサークルにも顔を出せるようになった

昨年度役員から「もう一度、広報部長を」とも言われて

とてもじゃないけど、「昔のように毎回例会に顔を出すことも無理だから」、

そう言って断っただけに

少しは広報紙づくりや広報活動に参加したいという思いもあり

なるべく出席するようにしている

 

 今週は、5月末に発行予定の機関紙の打ち合わせもあって

 サークルに顔を出した次第だ

 そういえば8年ほど前には広報部長もやったのだが

 あのころは、まだ手書き半分、パソコン仕上げ半分のやり方だった

 会員も移り変わって、あのころを知っている人も少ない

 そんなことを思いながら、

 サークル会員として、広報部員として

 今年は少し役立つように活動しなきゃ、、と思う。

2013年5月 1日 (水)

肌寒い気温

Photo_2

雨が降っていたので、

自転車で家を出て バスに乗り換えというのではなく

混雑するので あまり好きではないけど

近くを通るバスに乗ることにしたのだが

この時期なのに、なぜか肌寒いと思った

現に仕事場にいってもクールビズの対象ではない気温

ああ、5月だというのに、少し気候も異常なのかな

まだまだ半袖気分ではないなあと思いながら

そうだ、昨日の快晴のもとでは

外での作業は暑くてたまらなかったなあとも・・

変な気候、5月になって、だんだん気温も上がっているのに。



« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »