フォト
無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

親父の7回忌

Photo

子ども時代に生まれ育った故郷

今は姉夫婦が家を見てくれていますが

6月の終わり、親父の7回忌があって家族で帰りました

早朝に発って11時前についたら

すぐにお坊さんがやってきて

早々にお経をあげてもらって、そのあと、しばし歓談

うちわだけだったので、姉夫婦と、その子ども、そして我が家の家族


 お経が済んで、近くのお墓にお参りして

 そのあと、子供の時に亡くなったお袋の実家とかの墓参り

 短時間だったけど、法事を済ませて帰りました

 いずれは、してもらう立場なんだと思いながら・・・

 故郷は、何十年たっても、やはり故郷でした

2013年6月29日 (土)

雨のバス停

Photo
1か月に1回ほど、治療に通っている医科大学の病院

診察と治療を終えてバスに乗って帰る道

今回は、仕事休みをもらっていたので、途中下車をしてみた

同じわが町でも、いつもと違う場所

普段は目にするだけで歩いても見ない地域

次のバスが来るまでのちょっとの間だったけど

へえー、こんなところに、こういうのがあったのだと

あらためて思ってしまう道の横や奥

雨が降っていたので、あちこちできなかったけど

小さなまちでも、いろんなところがあるんだと・・。

2013年6月28日 (金)

スズメの巣

Photo

今朝も、窓辺か2階の瓦の上で

チュンチュン鳴いているスズメに起こされた感じ

最近、スズメのことが気になるのですが、

 昔、こども時のことを思い出した

 家の屋根瓦に巣づくりをするスズメ

 ある日、その巣から落っこちたであろう子スズメが

 軒下で鳴いていた、

 まだ羽が産毛のままで痛々しい姿だったように思う

 そっと拾って梯子を使って巣に反しておいた

 けど、ダメだった。

 周りの大人から「人の匂いがついた子スズメは親が面倒みないよ!」

 そういうふうに言われたように記憶している

 その言葉どおりに、巣からはみ出したのか 追い出されたのか

 その子スズメは再び土の上に落ちて命を絶っていた

 そんなことを思い出してしまった

2013年6月27日 (木)

梅雨の合間の夕日

Photo

6月も、残りわずかです

このところ雨が続く梅雨空になっている

その合間の夕方

久しぶりに夕日を見ることができました

これから夏に向けて真っ赤に染まる夕方

そんな暑い日がやってくるのです

2013年6月25日 (火)

スズメたち

Photo

チュンチュン、チュン

朝早くから鳴いているスズメ

雨が降っていても軒下や屋根の隙間から聞こえる鳴き声

最近、なぜか、そんなスズメたちの様子が気になる

飛び回っている、餌を探し回っている

晴れた日には水たまりとかで羽を洗っている

はたまた野原を2羽、3羽で追いかけっこをしている

そんなたわいもないスズメたちの光景が

日常の何気ない一コマが好きです

2013年6月24日 (月)

バス停「ととろ」

Totoro2  ⇔ホームページから借りました

大分から宮崎に向かう山間部あたりに

「ととろ」というバス停がある

 何度か通ったことがあるし、見かけたことがあるのだけど

 休みの日に、大好きなジブリのDVDを借りてみているときに

 ふと、このバス停のことを思い出した

「となりのトトロ」は、あまりにも有名な映画だけど

このバス停は、そのずっと前からある地名らしい

もちろんジブリとは関係ないのだけど

この地の雰囲気は、ある意味山間部ということからすれば

同じような田舎の風景には共通している

この方面に行くようなことがあったら

また通って見てみようかと思う

前に行ってから何年もたっているけど

あの猫バスの看板とかは前のままなのだろうか。

2013年6月23日 (日)

列車庫

Photo_2

休みの日、列車を利用して出かけました

そうは言っても時々は使っている電車です

10年ほど前は列車を使って通勤していたので

そんなに珍しい風景ではないのだけれど

ぼーっと通勤電車とかバスに乗っているのと違って

外の景色が気になるし、違って見えます

主要な駅の手前にある小さな駅には車両が整備されるところがあります

ずっと、ずっと昔は車両が整備、洗車、点検されていた場所

今は小さな駅があって、その向こうにたくさんの車両が止まっています


 雨が上がった日の昼間ぐらいの時間帯

 その駅を通過するとき

 何気なく車窓を眺めていると

 洗車、、、洗車両をする係の人たちを目にしました

 車と違って大変だろうな、きちんと洗ってきれいな窓になるかな

 そんなことを、ちょっとだけ通り過ぎる際に思った一瞬でした。

2013年6月22日 (土)

休日の朝

Photo

台風は日本列島に大きな被害もなく温帯低気圧に変わった

梅雨時の季節に台風一過の天気とはいかないが

曇り空だけど雨もあがった日の朝

仕事も一息で、休日の朝

少しゆっくり目の起きだして

ひととおり掃除や片づけなどを済ませて

昼からの都合を考えながら外を見る

そんな、のんびりした休日の朝

2013年6月21日 (金)

台風のシーズン

Photo

台風がやってきています。

台風の影響で風と雨がだんだん強くなってきて

九州のあちこちで、そんなニュースが流れている

この前の3号は、こちらには余り影響はなかったものの

今度の台風4号は、影響大のようだ

6月、田植えも済んだ季節

梅雨に入って、今年は雨量が少ないと言われているが

台風は嫌なものだ

そんな台風のシーズンがやってきている

2013年6月19日 (水)

届いた牛肉

Photo


今週もまた、仕事の都合で参加することができない陶芸教室

平日の夜は残業が続いて、この時期は無理がある

先週に続いて欠席かな

  それでも、休みの日のこども陶芸に手伝いにいったことから

 陶芸の先生からお礼にと、宅急便が届いていた

 中身は上等、上等過ぎる牛肉だった

 なんとも、逆にお礼のしようがないくらいだ

 そんなに気を使ってもらわなくてもお礼の電話をかけたが

 お届け物は、ありがたくいただいてしまった

 普段は肉に興味を示さない長男も

 「これは うまい!」と平らげてしまったほどだ

 

 数回、手伝いをしただけなのに・・・申し訳ない

 それにしても、陶芸教室には来週はいけるのかな

 

2013年6月17日 (月)

ツバメ・雨やどり

Photo

いつの間にか雨が上がってしまったものの

梅雨の時期でもあり

雨が振り出したら、シトシト、ジメジメ

休みの日の雨の朝

掃除のあいまに隣りの2階窓を見上げると

餌を求めて飛び交ってツバメが

軒先に垂れ下がった電線か電話線で休んでいた

並んで羽を休めている姿は

ちょうど仕事とかの行き帰りの人と同じだ

軒先を借りて、しばし骨休めなのだろうか

それとも濡れた翼のしずくを乾かしているのか。

2013年6月16日 (日)

陶芸こども教室の手伝い

Photo

 去年、初めて手伝いをしたこども陶芸

 公民館の陶芸教室の先生から頼まれたので

 今年も、5月から6月にかけて行われる行事に

 行ける時があれば手伝いますと言ったことから

 及ばずながらということで何回か手伝わせてもらった



小学1年生から5年生ぐらいまで13人のこども

実は大変でした。

先生の言うことが分らないのはもちろん

親がついてきて監視?している子もいるし

すぐに飽きてしまう子もいる中で

それでも3つ~5つの作品を仕上げて

子供たちは嬉しそうでした

手伝うだけではなく

ああ、こういう作り方もあるんだと

逆に見本にさせてももらった手伝いでした。

2013年6月15日 (土)

びわ

Photo
まだ今年は食べていないのだけれど

そういえば、最近は食べたことがないけど

ビワの実が実るころです

近くの農家だろう家の庭先にビワの木

たわわ過ぎるくらいにビワの実がついています

そんな光景を見ながら季節を感じます

2013年6月14日 (金)

蚊、仕事場にて

Photo

仕事場では、先日からやっとクーラーが稼働し始めた

クール・ビズもあって、6月に入ってからの稼働

それでも涼しい日には弱いクーラー風だし

勤務外はクーラーは切れることになっている

 そういうわけで、小さな、わずかばかりの窓を開けるせいもあってか

 今日は、仕事中に蚊が舞い込んでいて

 忙しい中なのに、あちこちで手を叩く音

 そこかしこで「あっ、あおこに!」とか

 「逃げられた!」という声

 ひと騒ぎしたあとに席を立って会議に出たので

 その後の成り行きは見届けなかったが

 これから虫や蚊に悩まされる季節になっていく

2013年6月13日 (木)

温泉・銭湯

Photo

 

 

 帰りの道すがら

 銭湯というか、スーパー銭湯の看板が目についた

 そういえば、長いこと温泉に浸かっていないなあ

 家でゆっくり風呂に入るのは気兼ねなくていいけど

 たまには温泉に行ってみたいなあと思った

隣町には温泉宿も多いし、温泉街がある

そこまで行かなくても、ちょっと広い銭湯でいいかな

できればお客が余り多くなくって

せっかく入るのだったら、ゆっくりしたいなどと考えると

やはり行くチャンスを逃してしまうのだ

2013年6月11日 (火)

帰り道、夜道

Photo

少し遅くなった帰り道

家路に向けてバスから自転車に乗りかけて

気持ち良い風を受けながらの夜道

振り返ると

今 通ってきた町の明かりや橋を通る車のライトが見える



6月の梅雨時だから、日が落ちるのは7時過ぎてからだ

少し前までは、まだ寒かった時期はすぐに暗くなっていたのに

寒さに震えながら家路をたどっていたのに・・と、

そんな気候からすると

ずっと帰り道は楽になってきたと思いながらの帰途です


2013年6月 9日 (日)

例会、聴障協会の見学

Photo
 今年は、なるべく参加するようにしているサークル

 広報部の写真記録担当ということもあり

 仕事の帰りに例会の場所に急いで駆け付けた

 例会は2つに分かれて、

 今年度に入ったばかりの新会員にために

 今年度から新しい例会会場になったセンターの見学会

 センター=聴覚障害者協会会館のこと



サークル歴の長い者にとっては普段に通っているが

新しい会員にとっては物珍しい部屋や事務所だったらしい

そういうセミベテランにとっても

センター事務長の協会概要の説明は目新しいものだった

計画してくれた企画班に感謝です

2013年6月 8日 (土)

鳥、スズメ

Photo
公園の風景でも撮ろうかと構えていたら

端っこにある水道、水飲み場のところに

ちょこっとスズメが飛んできた

飛び回って水を飲みにきたのか

ただ単に羽を休めにきたのが、この場所だったのか

いつも見かける、というようりも

しょっちゅう見かけるスズメなのだけど

こうやってカメラの前にとどまっていると

なんか いとおしくなってしまう

2013年6月 6日 (木)

水不足

Photo

 

梅雨に入って、やはり雨が多いなあと思っていたが

どうも5月に日本列島では雨が少なかったこともあり

水不足になっている地方や県があるというニュース

そういえば、九州の各地でダムの貯水が少なくなったと

そんな新聞記事もあっている

農家にとっては、田植えの時期でもあり

大変すぎるくらいだろうが

いろんな異常気象に、毎回悩まされる日が続く・・・

もちろん日本列島だけではないらしい

2013年6月 5日 (水)

仲良く宴会

2464
このところ、仕事上でも、知り合い同士であれ

飲み会をすることが少なくなっています

そんな中で、仲間内で夕食会があった

夕食会といっても、つまりは飲み会です

仲間内と言いながら、ちょっと前の仕事仲間です

久しぶりにゆったりと食べて飲んで楽しかったです

日本料理のコースを頼んであったということで

じっくり出てくる小料理をつつきながら

ビールを少しと、そのあと上等そうな焼酎を飲みながら

久しぶりに会った仲間との語らい

料理がおいしかっただけに、また格別でした

最後は、おにぎりが出て、

ここがまた日本食の好物のところでもありました。

2013年6月 3日 (月)

雨の1日

Photo
6月。

梅雨時です。

1日中、シトシトと雨が降っています

今年は5月に雨が少なかったということだから

農家などにとっては、ありがたい雨なのだろう

カエルがどっかで鳴き始めてもいます

アジサイが雨に打たれて、紫色、薄いピンクの花が咲き始めています

木々の葉っぱが雨に打たれ、雨のしずくが落ちています

2013年6月 2日 (日)

器、ティーポット

Photo_2

雨も降っていることだし

休みの日の昼下がりから

2階のベランダに出て、手回しろくろを取り出して

土をこねだしたしまった

 

  この前から陶芸教室ではコーヒーカップを作ろう

 たまには同じものを作ってみようということになった

 カップを1個作って、ソーサーを作りかけて

 前回は休んでしまってそのままになっている



そういうわけで、関連するかなと思ってティーポットを作ってみた

本当は、急須を作ってみようと思ったのだが

どうも長細い本体になってしまったので

少し発想をを変えてポットになってしまったというのが本音

あれこれ試してみて、土をこねて

やっと形になったけど、ちゃんとポットの役になるかどうかだけど

2013年6月 1日 (土)

ツバメの巣

77

 昨年の5月から6月にかけてだったが

 初めて我が家の軒先に巣を作って子育てをしたのを思い出す

 たしか5月、いや、どうも6月だった

 ツバメが巣作りをはじめて、ああ楽しみがあるなあ

 ちゃんと居ついて卵を産んでくれるのだろうかと思ったような気がする

 その気持ち通りに卵をかえして、6羽の子ツバメを育てて

 毎日、、毎日餌を運んで、夏になるころには

 立派に育ったツバメも育って飛び立っていった

 そんな昨年の日々を思っていたが

 今年は、巣作りの挑戦は5月の初めに見たが

 居ついてくれなかった





 もう6月だ、

 ほかの家から飛び立つ親鳥、餌を運ぶ親鳥を見つつ

 今年も卵を産んで、雛鳥に餌を運ぶ姿を間近で・・

 そんな光景を・見たかったなあと思った



« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »