フォト
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

秋っぽい花

Photo
仕事の出勤時とか、近くを散歩しているときに気になっているのが

アパートなどが立て込み始めた合間にある田んぼ、畑の作物

それから、何気なく通り過ぎてしまう家々の花々



いつも通る道の脇に、いつも手入れされている畑が、

いや、庭があって

今は菊の花が咲き誇っている

黄色もあるし、紫いろに、白、赤っぽいのもある

色とりどりに咲いているのは

この時期に、普通に咲いている秋から冬の花の一つ

寒さに強い菊の花が咲き誇っているのだと・・。

でも、庭先や空地に咲いている花は ほっとしてしまう

2013年11月29日 (金)

広報紙づくり

251114

11月に入って2回目のサークル参加です

毎週のように例会があって4つの部がそれぞれ担当する

今回は月の最後だから、例会の中身は各部の打つ合わせです

本年度は広報部に在籍しているので

3回目の広報紙発行の原稿締め切り日でした



 ずっと前、何年か前までは広報部長もやったことがあるけど

 そんな時代と目まぐるしく変わっています

 あの当時は手書きとパソコンが半々だったのに

 今ではパソコン文章が主流です

 印刷屋にわざわざ出さなくても、そのまま冊子になってしまいそう

 そんな原稿を紙面担当が持ち寄って検討をして

 今回は、会費から奮発してもらって8㌻、カラー版だそうです

 来週末に校正をしたら、そのまま印刷屋に持ち込んで

 120冊ほどの部数が出来上がる予定です

 

2013年11月27日 (水)

体の調子

Photo


歳とともに体の衰えは感じてしまう

30歳だったこともあるし、年齢40歳後半なんだと自覚したこともある

50歳代になって、やはり体が動かないなあと自覚し始めてから10年近くなってしまう

そんな年齢なんだと思ってはみるものの

少し過信があるのもわかっている

日曜日の前の日に久しぶりにボウリングをやった

この10年、悪くなって数年、病院で膠原病と関節症リュウマチと言われて、2年以上も経過してしまった。

 


 治療が、注射・薬がうまくいったのか、今は普通に生活できるようになったものの

 この年齢で、少しムリもしているのかもしれない

 けど、動けるうちにいろんなことをやりたい

 そんなことを、定期治療を受けた病院の帰りに思った

2013年11月26日 (火)

貨物列車

Photo
休日の日に乗った列車

時間に余裕があったので各駅停車だった

そんな乗降客の乗り降りとか、駅の風景を見ている時

貨物を乗せている駅があった

昔でいえば、貨物列車の発着場なのだろうか

重たいコンテナをフォークリフトで持ち抱えて列車に乗せている

たぶん日常茶飯事に行われているのだろうけど

あまり目にすることがなかったので

列車が走りだしてからも窓辺から覗き込んでしまった

2013年11月25日 (月)

演劇を鑑賞

Photo
日曜日を利用して演劇を鑑賞しました

陶芸教室の先生の娘婿さんが演劇をやっているということで

券購入を依頼されたのもあるし

興味がないわけではなかったので

朝から別府市に出かけていき

昼間の公演を鑑賞しました

 公共の公民館的なホールでの公演でした

 珍しく畳敷きの芝居小屋的なホールでしたが

 こじんまりした所だっただけに

 脚本も良かったし、それなりに楽しめました

 つい最近に、機会があって「無名塾」のロミオとジュリエットを見る機会もあったのだけど

 それよりも楽しめた・・・という

 休みの日の有意義な日でした

Photo_2

2013年11月24日 (日)

久しぶりのボウリング

Photo

何年ぶりになるだろう

ほんとに久しぶりにボウリングをやりました

陶芸教室の関係で、公民館主催のこども陶芸教室を手伝って

その縁で、最後のお披露目会をボウリング場でやることになって

子どもたちに交じってボウリング大会と食事会がありました



 ずっと膝が悪くて、病名がリュウマチなどと言われて運動ができなくなっていました

 1年半ほど養生をしていた甲斐があって、少し普通の体になったので

 ちょっと試してみようかなと思ったのもあります

 スコア的には芳しくはなかったけど

 ああ、少しは大丈夫だ、でも平気かなと思いながらの挑戦でした

 子供たちは楽しそうでした

 そして、ちょっと不安は残ったけど

 久しぶりに楽しい会でした

2013年11月23日 (土)

冬近し、空

Photo
11月も後半になってしまった

この前まで、暑い、暑いとの言葉が飛びかっていたような気がする

自転車で出かけるときにも

ついこの前、10月ごろまではYシャツ姿か

そんなところだったのに

いつの間にか上着が必要になって、その上のコートめいたものが必需品になってしまった

朝日が出て出かけるときの空も変わってきた

早くに朝日が出ていたのに

いつの間にか出かけるときに朝日がまぶしい時期になって

陽が差し込んだ空を見ながら出勤するようになってしまった

2013年11月22日 (金)

旧銀行の夜景

Photo
市街地の一角にレンガ造りの洋館があります

古い建物で、銀行だったものです

30数年前にこの地に来たときは、まだ銀行として営業していたと思う

たぶん昭和の初期か、その前の時代に建てられたものでしょう




 仕事で遅くなった日に、バス待ちにじっくり眺めてしまいました

 ちょうど冬になる時期で街頭のイルミネーションも灯っていて

 なおさら立派で美しく見えてしまいます

 そんな建物をみていると、

 なぜか郷愁を誘ってしまう心境でした

2013年11月20日 (水)

欠席2人

Photo_2

久しぶりに昔の仲間で酒でも飲もうという話になった

仕事のOBと、前に同じ仕事場だった4~5人で和気あいあいに

そんなことから話がまとまった当日

朝に電話がかかってきて急病で1人が欠になって

昼ごろになって、仕事で行けないとの連絡

まあいろいろあるから仕方ないか

そんなことで2人だけで予約した居酒屋で食事会

はるばる遠くから来てくれたOBは酒は飲まないので

一人ビールを飲みながらの懇談

積もる話は楽しかったが

残念な飲み会?でした

ところで、急病になった一番酒の好きな同僚は

膵臓に結石ということで、大事には至らなかったらしい


2013年11月19日 (火)

陶芸のバザー

Photo

Photo_2
先日の日曜日を利用して

地域での「ふるさとまつり」というのがあった

毎年、恒例で行われていて

公民館の教室生の踊りや歌や手話コーラスなど多彩な発表とともに

公民館と小学校の敷地内では

屋台が出たり、バナナのたたき売りや餅まきがあった

その一環として、

我が陶芸教室生としても器のバザーを行った


 これで3回目になるから少し慣れたけど

 先輩たちに交じって 作った器を幾つか並べて

 朝からバザーの開催

 今年は買ってもらった器が4個

 そりゃもう、うれしい限りです

 自分で作って我が家で使うというのが本来だけど

 安いものでも買ってくれるというオマケつきの催し参加でした




2013年11月17日 (日)

秋から冬に

Photo
11月も半ばになり、針葉樹の葉も枯れ葉となって散っていく

そこかしこに枯れ葉が舞っている

公園の前だし、周りの家々の木々の葉が掃いても、すぐに寄ってくる

それもまた季節の風情でもある

北海道や東北はもちろん、あちこちで雪の便りも聞こえてきた

九州・大分の鶴見山という山岳では霧氷が見られたということだ



 晴れ渡った土曜日の午後、日向ぼっこに良い気候だったが

 天気は下り坂らしい

 そういえば、夜空に真ん丸近くなった月がかすんで見える

 朝晩は、また寒さが募っていくのだろうな

2013年11月16日 (土)

国産のレモン、檸檬

Photo
この数年間のことになるが、

義実家にレモンが実っていて、承諾なしにもらっている

いつもであれば年末から年始の時期

つまり真冬の時期に黄色くなったレモンをもらって帰るのだけど

仕事場の仲間が「輸入品じゃなくて地産のが欲しいなあ」と言ったのを聞いていて

そういえば家の前の畑に無造作に植えてある木を思い出した




 まだまだ実をつけて実ったばかり

 少しだけ黄色くなったレモンだけど

 見栄えも悪いけど、香りは良いからと

 3個だけ持っていってあげたら大評判

 ほとんどが見向きもしなかった九州地方の

 片田舎の庭先のニワトリ小屋に植わったレモン

 こんなことがなかったら、「すごい!」とは思わなかったような気がします。

2013年11月14日 (木)

小学校の想い出

Photo
学校、小学校、学校の校舎と運動場

学校といえばブランコや鉄棒などの遊具や運動具

昼間に学校のそばを通りかかったとき

またもや昔は何が校門の近くにあったのだろう

学校といえば、何を思い出すかなと考えていた

木とか、鉄ででできた校門があって

校門をくぐると池があったり、大きな木が植わっていて

そのそばに二宮金次郎の銅像があって

ちょっと行くとニワトリとかウサギの小屋があって

向こうから生徒たちの大きな声が聞こえてくるような様相があって

そんなことを思い出していました

今もそんなに変わることはないのだけど・・・

2013年11月13日 (水)

作品展のその後

Photo

先日というか、2週間ほど前に習っている先生宅の2階で

教室生やらの陶芸の作品展がありました

もちろん先生の作品などもあって参観者も多かったようです

仕事のある平日でもあったので手伝いはわずかだったのですが

幾つか出した器のうち、馬の置物と湯呑が売れたようです

ありがたいものです。

1027


2013年11月11日 (月)

故郷の風景

Photo
夏前に、実のお袋の弟にあたる人が亡くなって

お葬式に行けなかったので、オジさんのお参りに行ったのが7月だったと思う

それから暑い夏が来て、忙しい9月が終わって、

10月になって両親たちのお墓詣りに行こうと思いながら

11月になってしまった故郷への日帰り旅

何せ、九州内といえども片道5時間近くの距離

電車・列車で行こうものなら6時間はかかってしまうという田舎

雨・曇りがちな天候でしたが、行ってきました

いや、帰ってきましたというのが気持ちです

 かみさんと二人、あちこち寄らずに真っすぐに直行だったので

 なんと行きは片道4時間ちょっとでした

 それはともかく、両親と育ての母のお墓に参って

 両親ともの 実家のお墓に参って

 それから家を守ってくれている姉夫婦と昼食をして

 時間ほど過ごしたあと故郷を後にしました

 やはり遠いです、生まれ故郷は。

Photo_2

2013年11月10日 (日)

海沿いを歩く

Photo
用事もあって、港の近くにいったので海沿いを歩いてみた

最近はどこも整備されていて散策道になっている

ちょっと歩くと関西方面へのフェリーが出る岸壁

古い倉庫が立ち並んでいたはずなのに

いつの間にか古さを利用して店が並んでいる

岸壁というより、海沿いの散策道には芝生もあって

親子連れが散歩やらボール遊びを楽しんでいる

向こう側では釣りを楽しんでいる若者が数人、

  釣りよりも話に興じているようで、にぎやかな声がする

秋空は少しどんよりしていたが

昼前の憩いのひとときというところだった

Photo_2

2013年11月 9日 (土)

バスの中で

Photo

毎日と言っていいほど使っているバス

仕事の行き帰りに乗ることがほとんどだし

休みの日に、どっかに出かけるとか少し遠距離を行く時も

自転車と同じように乗ることが多いものです

そんなバスの中で、いろんなことがあります



 先日、出勤時に乗ったバスで

 途中で盲導犬を伴った盲者が乗ってきました

 乗るときに自動IDカードの位置がわからないのが当然で

 困った様子だったので補助させてもらいました

 盲導犬と一緒だから、そのあとに乗ってきたお客さんは躊躇するのはわかります

 それでも降りるときには「合図して。」というのを声かける人はいません

 その人より先に降りてしまって

 我ながら、「ここに押しボタンがあるよ」と示してあげればよかったと思ったのですが、

 あのあと、たぶん誰かにしてもらったか

 誰かが補助してくれたことだろうとおもいます・・・


2013年11月 8日 (金)

サークルに参加

Photo

9月は仕事が忙しくて手話サークルに顔も出せず

10月にはちゃんと行こうと思っていたら

例会の日に限って用事が出来たりして

10月は1~2回参加しただけ

今年は、難とか参加回数を増やそうと思っていたのに。

そんなわけで11月に入っての例会に参加してきました

今週は企画部主催のろう者との交流会

5つぐらいのグループに分かれて懇談の最中で

だいぶ遅れて参加してみたものの

なかなか手話会話ができないアリサマ

それでも短い時間に新しい単語も習ったし

初めて来てくれたろう者とも話ができました

  「ローソン」と、近くにあるファミレス「ジョイフル」の手話表現

  覚えておきます、使ってみます


2013年11月 6日 (水)

柿の実

Photo
11月に入って、まだまだ暖かい日があるなと言っていたけど

やはり秋も本番、寒さがつのってきています

空高く・・といっていた空も日差しがうれしい季節です

田畑では、いよいよ秋の実りが

秋の野菜がいっぱい獲れます

たわわに実った果物も出回っています

近所の庭先に実った柿の実やミカンの種類




 近所から、仕事の仲間から柿をもらいました

 家になっているからとか、たくさんもらったからと

 お裾分けの果物です

 買って食べるものとは習慣づけられていないから

 毎年、もらったものをいただきます

 これがまた良いものです

 いただきま~す

2013年11月 5日 (火)

よさこい祭りの九州版

Photo_2Photo
「よさこい祭り」と言ったら

高知市で行われる代表的な祭りのひとつ

ところが我が九州・我が町でも、ここ数年その祭りがあっている

不思議といえばそれまでなんですが、

それに場違いのような気もするのですが、

YouTubeをのぞくと、「japanよさこいまつり」なるものが投稿されている

 



 それで、その催しが我がまち・市街地のあちこちで行われていた

 ちょっと祭日の休日だったが、仕事場に用事で出かけたら

 何回目かの行事ということで

 それこそ公園や商店街の中、広い歩道の一角で

 老若男女を問わず、様々な衣装を身にまとい

 踊り楽しんでいるのを目にして

 しばし足を止めて見入ってしまっていた

 秋の深まりの中の、お祭りの一つだった

2013年11月 4日 (月)

列車内の小道具

Sennnuki

Photo

先日、列車・電車に乗った時のこと

洗車場も併用しているような駅に古い列車が止まっていた

そういえば昔はあんな古いくすんだような列車あったなあと思ったのと

昔の列車にはタバコの吸い殻入れがついていたこと

それから、そのもっと昔かもしれないが

ガラスケース飲料の栓抜きがついていたのを思い出した

飲料水全般に缶かペットボトルになったけど

その当時はサイダーやジュースなど

ガラス入りだったし、栓は堅い金属で栓抜きが必要だった
だから、列車には座席横の窓際に栓抜きモドキが

必ずついていたのを、、今の人はしらないだろうな。


2013年11月 3日 (日)

散策は自転車

Photo

Photo_2
常時、自転車を利用している者にとって

道路での通行は気になるところです

そんなに都会ではない我がまちの道路事情でも

田舎道路以外は、車優先になってしまいます

でも、大きな道路の1車線の半分を使ってとか

広い歩道に限ってではあるけど

自転車優先道路が作られているところがあります

歩いている人も自転車が猛スピードで通り過ぎるのを怖がらなくてもよいし

無茶な自転車が道路を駆け抜けていくのを運転している人が気にしなくてよいし

そんなことを、、、思います

ちょっと見かけた自転車優先レーンを見て

そんなことを思いました。




2013年11月 2日 (土)

バスの中で

251022

通勤には自転車で家を出て

そのあと電車のときが時としてあるけど

ほとんどがバスに乗り換えて仕事場近くまで行くのが常です

そんなバスの中での出来事はいろいろとあります

乗るときには始発に近いので座ることがほとんどだけど

そのうちにぎゅうぎゅう詰めになってしまって

乗り降りができないような時もあるし

時間帯によっては次々とバスがやってきて

スイスイとバス停を通過して降りるバス停に早く着いたり

雨の日なんかは困ったものだと感じる乗り降りもあります




 今日はといえば

 スムーズにバスにも乗れて

 そんなに混雑もしていなくて

 バスの運転手さんも感じがよくって

 時間通りに仕事場近くのバス停に着いてくれました

 だから、仕事もスムーズに、、、いったかな。

2013年11月 1日 (金)

秋半ば・11月

Photo


秋も深まってきた

九州でも、我がまちの郊外でも、ほとんど稲が刈り取られている

寒さに震える朝がやってきつつある

11月。

今年も、色づく紅葉の季節がやってきた

今年も実りの秋本番だ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »