« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

バス停、通過

Photo

朝から曇り空だったが、仕事の帰りは雨になってしまった

雑用をしていたので、少しだけ遅い帰宅になって

家の近くを通るバスに乗って数十分

終点近くのバス停で降りることになるので

乗客もだんだん減っていって3~4人しか残っていない


押しボタンで降車の合図をして「さーて、バス停だ」と思ったら

バス停近くなのに、なんか止まる気配がない

あっと思ったら、降りるはずのバス停を通り過ぎてしまった

慌てて「おりま~す」と2度叫んだら、やっと気がついて止まってくれた

すごく恐縮して謝ってくる運転手さん

困った「ウッカリ」だけど、大問題になるところだけど

「大丈夫ですよ。」と声が出たのは運転手の人柄が見えたからか

あってはならないけど、人間だもんな。ってところです

2014年2月25日 (火)

精米機

Photo_2


買うこともなく、いつも実家からもらっているお米

実家でも保存庫に保存しているのは玄米でだから

当然に玄米で持って帰って、食べる量だけ時々精米する

今は郊外であれば、至るところにコイン精米機なるものがあって便利だ

我が家の周りにも車で5分もかからない所に2~3箇所あって

いつも行くところは決まってしまっている

そんな折り、精米をしようと思っていつもの所に行ったら改修中で使えない

仕方なしに違う所に行ったら、少し機会が違っていた

当たり前に使っている機械が違うと戸惑ってしまう

玄米を入れる場所、コースを選ぶボタンが違うと迷ってしまう

白米になって落ちてくるスペースも違っていて・・・

何気なく使っている物や機会に戸惑ってしまうのは年齢のせいなのか

2014年2月24日 (月)

プール。遊泳者が少なかった

Photo_3
もともと運動が足りていないのもあり

最近は1週間に1度ぐらいは行くようにしている温水プール

日曜日の昼時に行ってみたのだけれど

まあ昼時というのもあってか泳いでいる人、水中歩行者が少なかった

いつもであれば1コースに3~4人がいて、様子を見ながら泳がなければならないのに

水中歩行者も年配者が連なって歩いている時があるのに

なんと、8コースに1人も泳いでいないコースがあって

一人1コースを陣取って ゆっくり泳ぐことができました

暖かい日というわけでも、特に寒いからというわけでもないし

どっかで大きな行事をやっていて来ないのかというのでもなかったのに

こういう日もあるのだろう

2014年2月23日 (日)

コメ、精米。

Photo

毎日の生活に欠かせない食の中でも 大切なお米

ありがたいことに

生まれ故郷の実家の姉から未だに譲ってもらっている

田畑を貸しているので、そのお返しにもらっている米を

時々お墓参りに帰ったときに もらって帰る

玄米でもらうから、当然に近くのワンコイン精米機で白米にする

それは昔と違って容易いことであって

何十年という間、米を買うこともなく食することに困らないのは

感謝でもある

2014年2月22日 (土)

ちょっと油断。

Photo

2年前だったか、ずっと悪かった膝の関節が悪化して

紹介された大きな専門の医者から関節リュウマチと膠原病の診断を言い渡され

1ヶ月に1~2度の注射と薬処方で改善していっていた

1年半を過ぎて、少し駐車の間合いなどを緩めていたら

やはり病気は簡単には治ってくれない

少しずつ回復から、元に戻りつつあるみたいで

また1ヶ月に数度の治療に逆戻りをしたほうが良いとの診断

医療費が高いのもあり、薬の後遺症もありで

迷うところだけど、歳も歳だし、もう少し治療は続けざるを得ないかな

そう思った日だった

2014年2月19日 (水)

よく見る夢

Photo

最近、いつ夢をみたのだろう

夢を見ても、すぐに忘れてしまうのか

どちらかわからないが、

昔、よく見ていた夢がある

飛んで行きそそうで、実際は地面すれすれを飛ぶ夢と

どこまでも続く階段を歩いていく夢

どちらも何でこんな夢を今日も見るのだろうと思いながら

「ああ、またこの夢だ」

「この階段の先に行き着く前に目が覚めるんだ」

そんな夢も、このところ見ていない

2014年2月17日 (月)

休みの日の通勤コース

Photo

今年の1月になってから通勤コースが変わっている

我が家を自転車で出発して十数分、バスか電車に乗り換えるのが定番になっていて

自転車では堤防道を通るのが多いのだけけれども

今年に1月になってから河川敷が工事中になってしまって

いつもの小道が通れなくなってしまっている

休みの日、自転車でそんな通勤のコースを散策してみた

どうも堤防の補修と堤の補強をしているみたいだ

平日の通勤時には気がつかなったことを、ちょこっとだけ見て回った

2014年2月16日 (日)

地域の変電所

Photo

何年前になるかな、もう十数年も前のこと

昔から農協JAの敷地だったところに変電所が建つ話が持ち上がった

我が家の近所でもありで関心事の一つでもあった

地域の主婦たちが中心になって建設反対の運動が始まった

変電所・鉄線から発せられる電磁波の影響の懸念からだった

周辺の子供たちに悪影響が出てしまう

健康被害が甚大であるとの運動趣旨だったように思う

いろいろあったが、1年後に建設が始まり完成した

たしかに見栄えが悪いし、電磁波等の影響は消えたわけではないけど

先日、その話を近所の人としていたとき

もうとっくに過去の話で、気にしていない人々が多いのに

少なからず時代の流れの速さを感じた

2014年2月15日 (土)

積雪騒ぎの名残り

26215
またもや関東、東海などで雪が降って大変なことになっている

その影響で飛行機が飛ばなかったり、出張組が帰れなかったりしている

九州の我がまちでも2日間は、雨、雪、積雪の騒ぎがあった

あまり雪の降らないところだけに、通勤に困ってしまったり、電車やバスが動かなかったりして通勤も大変な目にあってしまった

そして、冷たい風はあいかわらずであるけど、落ち着いた日の午後

まだ山々の雪が残っている

我が家の花壇の隅っこにも固まった雪が残っている

もう今年は、こんな雪は要らないなあと思ってしまう

2014年2月14日 (金)

雪。交通渋滞

26213
関東や中越などでも雪が降って大変だとのニューズが流れていたら

 

他人事ではなかった

 

仕事中の、また冷たい雨が降っているなあと思っていたのだけれど

 

いつの間にか我がまちの郊外地では雪になっていたようだ

 

仕事が定刻で終わったので、サークルに行こうかと思っていたら

 

広報部の部員から「雪が降っていて車を出せません」とのメール

 

そこから雪の影響が始まりました

 

バス停には大勢の帰りのバスを待つ人々

 

いつものに増して渋滞している道路

 

屋根に雪をかつぎ込んだ車が行き交う

 

どうやら、市街地以外は雪に変わったようだ

 

何十分も、1時間近く待ってやってきたバスはすし詰め状態で

 

やっと乗って、我が家近辺の いつもの自転車乗り換え場所についたら、そこいらじゅう雪が積もっていました

 

もちろん帰り着いた我が家一帯は、積雪と降っている雨で覆われていました

 

Photo



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年2月12日 (水)

雪の残った山々

26210
この2~3日の日本列島は冬そのものだ

東京や千葉あたりでも雪が降り、積雪があり交通事情も大変だったようだ

数十年ぶりとか、初めての雪の影響とかニュースが流れていたし

まだまだ寒さの影響は続きそうな様相だ

我がまちでも冷たい雨が雪に変わったところもあるし

高速道路が速度規制になったりの影響を受けていた

11日の祭日の日の昼間

冷たい風が吹いている外に出てみれば

滅多に見ることがない風景~山々に白く雪が残っていた

2014年2月10日 (月)

水仙の季節

Photo

2月も、だいぶ過ぎています

立春が過ぎて、日本各地で降雪のニュースが流れています

何十年かぶりに雪が降ったとか積もったとか

あちこちで交通渋滞が起こっている、滑って軽傷を負っているなど

寒さも、いよいよ冬だなあと思ってしまいます

 我が家の近所では、水仙に淡い黄色の花が咲く時期でもあります

 淡い色と、かすかに漂う冬から春になるはずの季節の花です

 緑の長く伸びた茎や葉っぱも、黒っぽ土の上に

 なんとも言えない緑の淡さでもあります

Photo_2


2014年2月 9日 (日)

3月の閉級式に向けて

2626

近所の公民館の陶芸教室に入って、もう3年を過ぎてしまった

先日の陶芸教室では、3月に行われる閉級式に向けて

カップなどを作ることになった

1年間に習った器づくりの成果を披露するのだけど

毎年の恒例で、それぞれ1つ2つを差し上げ用に展示することになっている

まだ習いだして数ヶ月の生徒も含めて

思い思いの器を作ってみたのだけど

一番最初の年は、こんな未熟な物を もらってくれる人がいるのだろうかと

そんな心配をしながら作ったものだ

2014年2月 8日 (土)

氷雨の中に鳥

Photo

冷たい雨の中、

昼間に偶然、見かけたのだけど

手すりのうえにピョコンと とまって

何を思うのだろう

見合っけたことのない姿の小鳥

何をしようとしているんだろう

どこに行こうと、どこへ飛んでいこうとしているんだろう

1羽だけ、寂しくはないのだろうか

どっかに同じような仲間が待っているのだろうか

2014年2月 7日 (金)

冷たい雨

Photo


立春を境にして、なぜか真冬に戻ってしまいました

東京でも雪が降ったとのこと、日本の至るところで寒さのニュースが流れています

九州でも山間部を中心に積雪があっているようで、高速道路の規制が敷かれています

そんな中で我がまちは雪こそ降りませんが、冷たい雨がシトシトと落ちています

「冷たい雨」といえば、ハイファイセットというグループの歌を思い出してしまいました

たしか松任谷由美が作った曲だと思います

『冷たい雨にうたれて 街をさまよったの・・』というような詞だったと思う

そんな冷たい雨の中を帰って、一息ついたら、

そんな歌が記憶の中から出てきました

2014年2月 5日 (水)

河川敷の公園

Photo
冬にしては、暖かい日が続いていました

先日の休みの日も、自転車で散策して回るには気持ちのよい天候と気温でした。

自転車で散策しながら、昔、子供が小さい時に何度か行った 河川敷に設けられた公園に立ち寄りました。

まだ整備されていないのもあり、また、河川敷ということもあり、その頃は時期によっては誰も遊んでいなくて、走り回っていたのを思い出しました。

 

冬の日の 少し暖かい日差しの中、そんなことを思い出したのですが、

昨日からまた、寒い、本来の冬に戻っているのです。

2014年2月 4日 (火)

公園での催し

Photo_5   

Photo_6

まちなかの公園で、先日の土曜、日曜を利用して催し物をやっていました

夕方から始まったのは、近くの商店街などでのバザーや店頭売り

そして、公園ではまちのいろんな幼稚園や小学生たちが作った竹灯篭や紙で作った灯篭に夕方からロウソクの火が灯って幻想的な公園の光になったようです

 夜には行けなかったものの、次の日の昼間に通りかかったら、その紙や竹の灯篭が公園のあちこちにイッパイ並んでいました

 幻想的な光を夜に見たかったなあと思いながら、しばらく眺めていた休みの日です



2014年2月 2日 (日)

3月ごろの日和

Photo


このところ、暖かい日が続いています

雨が降った日もありますが、この4~5日は晴れている時なら3月から5月にかけての気温だということです。

近くの空き地というか、畑らしき場所に植わっている梅の木を眺めてみたら、

小枝のあちこちに、梅の花が今にも咲きそうな膨らみがついています

今にも咲きそうなつぼみもあります

2月になりました。冬ではありますが、今のところ冬の寒さを忘れさせてくれるような、そん気温がありがたいです。

2014年2月 1日 (土)

夕食会

Photo

 

 べつにボランティアでも何でもなくて知り合いの人と3人で懇親会みたいな飲み会をした。

全盲の、昔、仕事の関係の年配の方と昔の仕事の仲間がつきあってくれて、何人かに声をかけたのだけど、どうも都合がつかない仲間が多くって、結局3人だけでの懇談。

現役のときの何度か飲みに行ったのだけど、たまにはどうですかというわけで、居酒屋で待ち合わせてのお酒の入った懇談。

 いろいろ不満とか、小言とかも言い合って、そのあとは「言ったら、すっきりするよな」と言いながらの和やかな気持ち。

 全盲ながら、椅子に座らせて貰うときとか、せっかく楽しんでいる話し合いの席で、トイレの場所、箇所を案内してもらうのに気を使ったんだよ、何でもないことだけど、「漢字」で店の名前を教えてもらうけど、平仮名、漢字の使い分けができない盲目は、恥ずかしくて言えなかったなど、本音を聞きながら、なるほどと、改めて思ったけど、

 

 だいぶお酒で酔っていたので、どのくらい覚えているか、わからない。ごめんなさい。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »