« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

消費税アップ

Photo

もうすぐ4月になります

新しい年度になります、新生徒・新入社員や新人加入になります

そして、消費税が8%になります。

食品や雑貨、電気製品や諸経費が、それぞれアップします

買い物にスーパーなどに行くと、告知の看板がでていたり、チラシが配られたりしています

仕事がひと段落したので、公営の温水プールに行ったら

そこにも「4月から冬料金が310円になります」との10円アップの説明がホワイトボードに張られていました

消費税アップが影響することが、あらためてまた一つ実感できました

わずかな金額だけど、「仕方ないかな」・・・ちょっと微妙です

2014年3月30日 (日)

桜が一気に咲いた

 Photo

春がやってきました

3月も下旬過ぎ、気持ちの良い天候が続いていました

この2~3日で桜の花が一気に咲いたようです

仕事が忙しくって、咲いていく桜の花を見ることができなかったので気づきが遅れてしまったけど

休みの日の朝、外に出ると家の前の寂しかった木々に淡い花がついています

急に華やかになって、一足飛びに春がやってきました

弱い雨になっていて、ちょっともったいない休みの日ですが、

まだまだ5分、6分咲きのようなので、

晴れの日に桜の花のしたで憩いたい気分です

2014年3月28日 (金)

駅のコンビニ

Photo

中心街から電車で15分~20分のところにある小さな駅

そこが、いつも家から自転車で来て、自転車からバスか、または電車に乗り換える郊外の駅になっている

その駅にコンビニ的な店を構えたのが10年ほど前になるかな

店構えが小さいのもあるのだろうか、利用者が限定されるせいなのか長く続かなくて、

オープンしては閉店、新規の店が入っては閉鎖をしていた

たしか2か月ほど前に急に閉まってしまって不便を感じていたら

また新たにオープンに向けて準備をしているみたいだ

毎日買い物をするわけではないし、仕事場の地下にも家の近所にもコンビニは幾らでもあるのだけれど

自転車を駐輪場の止めて乗り換える際に、ちょっと便利さを感じていたので

いつオープンするか、個人的には楽しみです

2014年3月27日 (木)

深夜過ぎまで残業

Photo

例年、この3月の時期は仕事が忙しくて残業が続いてしまう

まあ、サラリーマンにとっては年度末というのもあるのだけど

この2週間ほどは夜遅くに帰る日々があった

少し仕事の目鼻もついた今週、大詰めの慌ただしさの中、

昨日は、あれやこれやあって、またハプニングも重なってしまって

深夜近くになっても終わりそうにない、ということから

もう泊りがけでも仕方ないかなというほどだった

幸いにというか、同僚が協力し合って深夜2時過ぎには目鼻がついた

それから片づけてから帰ったから、家に帰って寝たのが4時近になってしまい

眠ったかどうかわからないまま出勤し、仕事の続きだった

若い時には何とかなっていた体験も

この歳になると疲れには勝てず・・・というところだ

2014年3月25日 (火)

3Dの映画

200

先日、休みの日に映画「アナと雪の女王」を観に行った

ちょうど3月までの割引券が2枚あったのと、3Dの映画を観てみたいなあと思っていたので

久しぶりに家内と連れ立って近くのシネコンの出向いた

アカデミー賞を撮った作品でもあるし、ちゃんとした?3D映画初体験ということで

ネット予約してまで出かけた甲斐はありました

そのアニメとは思えないような画質とディズニー独特の世界観のある映画

迫力と「雪の女王」をモチーフにした面白いものでした

・・・見終わって帰って、家のチッちゃなテレビ画面を見ると

余計に映画館で見るのは、やはり良いものだと思ってしまう

2014年3月24日 (月)

陶芸の1年間

Photo

もう3年にもなってしまった陶芸教室

月に3回、夜に行ってくれるので楽しみの一つになっているけど、

仕事の都合でなかなか参加できないときもあるし、いつも同じようなものを作ってしまう傾向もある

そんな公民館行事の一つに閉級式が行われた

休みの日でもあったので、今年も生徒の1年間の成果である器の展示会を行った

今年は、生徒たちで出し合って「差し上げコーナー」を設けたのもあり、けっこう盛況の見てくださった方も多かったようだ

自分の作品も5つばかり並べてもらって評価もいただいた

4月からもまた、続けようと思っている

Photo_2

2014年3月22日 (土)

桜の開花

321

寒い、寒いと言いながらも

九州・我がまちでは桜の花が咲きだしました

寒かったり、あたたかかったりする3月の季節

少しずつ日差しが伸びてくる時期

淡い色の桜の花を見ると、やはりホッとする・うれしくなってくる

春になりつつあるとき、いろんな草花が芽を出し

水仙や梅の花などが咲きだすのが咲きなのだが

やはり桜の花は、何とも言えない

少しずつ暖かくなって、気分も少しずつ華やかになっていく時期になっていくのだろうか

2014年3月21日 (金)

3月後半、、、春

Photo

春分の日を迎えた祭日

残念ながら、忙しい時期でもあり仕事になってしまった

それでも明るいうちに帰ったので、少しだけ春の景色を見ることができた

例年、早い時期に咲く木に桜の花が咲きだしていた

土手沿いの雑草が芽を吹き始め、菜の花が満開近いところもある

日の出が早くなり、6時半を過ぎても、まだ公園で遊ぶ子供がいるくらいだ

日本列島の北海道では猛吹雪があったらしいが、

我がまちでは、少し春っぽい日差しがさし始めるころだ

2014年3月20日 (木)

徳利とお猪口

Photo

仕事の忙しさがあって、3月はほとんど顔を出していない陶芸教室

少し早い時間に仕事が片付いたので、教室のある公民館に寄ったら

すでに解散になっていて、先生と数名が片づけをしていました

そして、ちょっと前に薬つけをして焼いてもらった器が出来上がっているのを手渡しされました。

 少し貧弱だけど、それなりに焼きあがっていまして、

今度はもう少し薄いのを作りたいなあと思わせる代物

それでも、焼きあがったのを見ると嬉しいものです

仕事が落ち着いたら、また作りますと言いながら家路を急ぎました。

Photo_3

2014年3月17日 (月)

電車ダイヤ改正

Photo

地方には地方の電車があって

我がまちにはJR九州だけが走っている

通勤には、そんな電車にも時々しか乗らないけど

休みの日などは車で移動するよりもずっと楽なので、よく利用する

我が家から一番近くの駅までは自転車で15分ほどだから

そんなに面倒ではないし、市街地まで電車なら15分ほどだから便利だ

1年に一度ほどダイヤ改正があって、ちょうど今頃が定番になっている

それほど大幅に時刻変更はないけど、少し本数が増えたように感じる

気候が良くなったら、少し電車通勤も増やそうかなと考えてみた

2014年3月16日 (日)

サークル広報誌づくり

Apu

 このところ仕事が忙しいので、またサークルに参加できなくなっている

そんな中、今年度最後の広報誌を3月下旬に発行ということで

広報部員それぞれが担当した紙面の仕上げをしなきゃ

そんなわけで休みの日の朝から夕方近くまで

主な部員が集まっての広報誌の原稿の最終確認に出席した

昔と違ってパソコンでも作成なので、持ち寄ってA48㌻の紙面づくり

前回もそうだったけど、思ったよりずっと時間がかかってしまう

写真は鮮明に、固有名詞は正確に、ろう者も読みやすいように

そんなことを話し合いながら、今回は今年度最後の紙面だ

来年度は、同じようなメンバーで作るのか

もしかして、また新しいメンバーが苦心しながら作るのか

そんな繰り返しをしながらも2週間後には刷り上がった広報誌が完成する

2014年3月15日 (土)

真夜中の地震

Photo

14日の午前2時過ぎ、伊予灘を震源とする地震がありました

当然に九州の我が家でも、すごい揺れを伴った

大分県内でも震度4やら5の弱震の揺れ

暗闇の中の真夜中過ぎの地震は、なお一層、大きく感じました

幸いに津波の心配も、大きな被害もなくおさまったものの

揺れの瞬間は恐怖の一言に尽きるものです

東日本大震災から3年を経過したという時をすぎもしない日

大きな地震と津波は、どんなにか怖いものか

実際に防災の用意、気持ちを持っていても

実情は、やはりだいぶ違うのじゃないかと思った瞬間でした

2014年3月14日 (金)

ひと雨ごとに

Photo

少し暖かくなったかなと思った日

朝から雨がしとしと降っていました

そのせいかどうか分らないけど、春っぽくなるのかと思っていたら

その雨が上がったと思ったら、寒さが戻っています

仕事の帰り道、風がびゅーんびゅーん音を立てて吹いています

コートの襟を立てて帰ったのですが、それでも冷たい空気

何日か寒い日が続いて、また暖かくなるのだろうか

「一雨ごとの暖かさ」という言葉どおりになっていくのでしょうか。

寒いと、特に春が待ち遠しいです

2014年3月11日 (火)

東北大震災 3年目

Photo

大きな地震と、大きな津波と、原発所の大きな影響

たくさんの人々が犠牲になった大震災から3年

九州に住んでいるからと言えども、同じ日本の中

もちろん身近に感じることもたくさんあって

被害者の方々が移住してきているのもあり

なんとも言い難い大惨事のあとの3年目でもあります

いろんなことが早く復興してほしいし

原発の影響で故郷に帰れないことも憂うばかりです

2014年3月10日 (月)

赤い太陽

Photo

休みの日の午後

ちょっとした演劇を観に行った帰り

もう5時を過ぎていたから夕方と言える時間です

ずいぶん陽が長くなったなあ、6時までは明るいかなと思いながら

遠くの空を見上げると

太陽が真っ赤になっていました

夕方だから夕日なんだろうか、それにしてもまだ陽が沈むには高い位置です

雲もあったし空気がかすんでいるような状態だったからか

建物の間だったけど、

なんとも、この季節に神秘的な光景の夕方近くでした

2014年3月 9日 (日)

菜の花

Photo

月に1回ペースである地域のゴミ拾デーということで

朝早くに自転車で出かけたらば

いつもの出勤時には目に止めなかったことに気が付く

早朝は寒さに身が震えるほどだけど

土手沿いの、畑の日の当たるところに菜の花

黄色い花がボチボチと咲き始めていた

霜で真っ白になっている枯れ草の横に1本、2本と

朝日を浴びて、春を目の前にして菜の花が咲いている

そのうちのそこらじゅうに黄色い絨毯のようになるのは、もう少し。

2014年3月 7日 (金)

啓蟄

Photo

3月6日は「啓蟄」

土の中にもぐっている虫たちが這い出てくる頃だそうです

新聞の雑学コーナーみたいなところにも「啓蟄」の解説があったし

花が咲いたフキノトウの写真や、芽を出した土筆の写真が載っています

3月に入って春の頼りが届いてきそうな季節です

けど、

実際は、まだまだ寒い日が続いています

夜になると冷たい風が身にしみますが

暦の上では春遠からじ・・というところなんでしょうが

2014年3月 5日 (水)

災害訓練

Photo

1年に一度ですが、この時期に恒例の災害訓練がありました

仕事場の設定では、震度5強の地震が発生し、ビルの5階で火事が発生するほか、負傷者が数名出て、屋上に何人かが取り残されてしまうという設定です

4年前の東北大震災が発生してから、特に訓練にも熱が入ります

普段から消火班、荷物搬出班などを設定しているけど

どのくらい現実味を帯びているか分からないけど

予想だにしないような事柄が起きるのだろうけど

気を引き締めなきゃならないと思う訓練でもあります

2014年3月 3日 (月)

耳の日大会

Apu

毎年恒例の耳の日大会

たぶん全国各地でいろんな趣向で行われていると思います

「第△回○県聴覚障害者福祉大会」というのが正式な大会の名称だろう

我が県では第46回の大会になっている

今年は大きな大学(APUアジア太平洋大学)のミレニアム講堂・ホールが会場でした

昨年は、仕事がそれどころではなかったし、一昨年は体調が悪かった年だから

2年ぶりに参加ということ次第だ

式典が午前中にあって、昼食を仲間同士で食べて

昼からはアトラクション・・・地域の踊りや大学生徒さんの舞踊などでした

昔は昼からのアトラクションに出席参加するために練習をしたものだった

そんな思い出も語りながら、

大会の一番最後にある商品抽選に、今年も外れて帰りました

Photo

2014年3月 2日 (日)

器、色付けの日。

25

2ヶ月、3ヶ月に一度ほど、陶芸教室の先生宅で器の薬がけがあります

今年になって初めての色付け作業の日でした

教室生だけでも10人近くの生徒がやってきているので、

いつもにも増して柚薬の周りはごちゃごちゃしていました

たまにはじっくり絵でも描きたいなあと思うのは出かける前のこと

時間もないし、みんなが待っているので、あれこれ考えるでもなく

あの色とこれを半々にかけて・・ということになってしまう

マグカップに蕎麦猪口、今回はコーヒーサーバーに徳利と作ったけど

やはり色付け、釉薬づけは同じような付け方になってしまった

2014年3月 1日 (土)

手話が出てこない!

26227

2週間ぶりにサークル顔を出すことができました

先週は急に仕事が入って遅くなったので諦めたし

先々週はドカ雪の影響で例会教室に行ける状態ではなかったのだった

今週は広報部の打ち合わせもあると思い、遅くなって顔を出したのだけれど

行ってすぐにろう者から話しかけられたのに

手が動かない、手話が出てこないという状態

そういえば、役員を降りてから手話を使うことが減ったし

ろう者と会う機会もなくなってしまったからなあ

やはり何でもそうなんだろうけど

普段使わなかったら、だんだん忘れていく、手も頭も動かないのを思い知った

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »