フォト
無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月30日 (金)

トラック車のバック音声

今朝の出勤時の出来事です

バスを降りてから仕事場まで向かう途中で、公共施設の解体工事をやっています

大きな文化会館が取り壊されていて、何台もの工事車両が準備に入っている時間帯です

それらの工事車両を誘導する守衛さんも朝から大変そうです

大きなトラックがバックで工事内に入っていきます

バック音でプープーという警笛を鳴らすのか

はたまた「バックします、バックします」と注意音声が鳴るのかと思いきや

なんと 警告音声が関西弁でした

おばさん音声で「ちょっと下がりますやん、気イつけてや!」の繰り返し

思わず にやっと笑ってしまいました

その音声がずっと頭の中に残ったまま消えません。

Photo

2014年5月29日 (木)

春に収穫の野菜

Photo

先日、もらった新玉ねぎのかき揚げが美味しい

この時期は、獲れたての野菜などは何だろう

タケノコや ふきは間違いなく春の野菜だ

そのほかにも春キャベツや玉ねぎ、グリンピースなども、そうだろう

けど、

最近は露地物野菜が、どれだか分らなくなってきており

子どもはなおのこと、20代、30代の若い人々は知らないだろうな

スイカも、メロンも、トウモロコシも

そしてイモや、クリ、大根までが店頭に並んでいるのが普通になっているから

2014年5月28日 (水)

福岡で。

Photo
福岡・博多に行きました。久しぶりです

昨年だったか、サークルの関係で打つ合わせに行ったのか

友人の誘いに乗っていったのか、定かではないけど

半分は仕事もあって、時間制限で楽しんではきました

我がまちから特急電車で2時間から2時間半

バスで行っても、高速道路を通るので同じような時間で行けます

昔、30数年前、速記の試験が福岡か鹿児島しかなかったので

何回か挑戦を兼ねて行ったのを思い出しました

あの当時はバスは乗継しかなく、電車も4時間以上、かかっていたように思います

まだ博多に路面電車が走っていたことも知っている年代

そんなことを思いながら、街並みを眺めました

2014年5月26日 (月)

もしかして卵を。

520

今年も、渡り鳥のツバメがやってきて

昨年の巣を修復しだしてから1週間、いや2週間近くになる

たぶんメスとオスのつがいが一緒になって巣づくりをしていたが

どうやら子育てをする気になったらしい

夜は2羽がそろって巣に入り込んでいるところからすると

すでに卵を産んでいるんじゃないかと思われる

巣の中をのぞいてみたいところではあるが

やはりそっとしておいてあげたい

卵は2週間でヒナが孵るということだから

チュチュ!という声が聞こえ出すまで待つことにしよう

2014年5月25日 (日)

パネルディスカッション

Photo

「キリシタン・南蛮文化交流」という催しがあった

500人規模の会場に、ほぼ満杯近くの観客を集めて

県内各地のPR上映や、観光客誘致の話

南蛮文化に造詣の深い長崎の行政マンの公演など

1時間半にわたっての催しのあと、パネルディスカッションがあった

8人ほどのパネラーをそろえ、コーディネーターが運営をしていく

話しの内容はあらかじめ打ち合わせがあっているけど

時間が短いのに、長々と話す人、話があちこちに飛んでしまったりと

なかなか難しいし、コーディネーターの腕の見せ所だろう

仕事で1、2度、企画をしたことがあるけど

やはりどんどん話が進んでいく、活発化していくというのがいいのだが・・・

2014年5月24日 (土)

庭の隅っこの花

Photo_2

庭の隅っこ、小さな薄ピンク色の花が咲いていた

ほんの小さな雑草みたいな、スミレの花びらみたいな

 5月も、のこりわずかという日和

 緑がいっそう華やぐ季節でもある

 草花があちこちの土の上に根を張り、茎を伸ばし

 きれいな花もそこかしこに咲きだす季節でもある

2014年5月23日 (金)

障害者スポーツの例会

Photo

5月の最後の手話サークルの例会

先週は仕事の都合でいけなかったので、参加してきました

例会の内容は6月に入って、県下の障害者スポーツ大会があるので

手話ボランティアの持ち場担当の確認やら注意事項伝達でした

このところ、コンスタントにボランティア参加しています。

一時期は、お立ち台に立って通訳をしたこともあるけど、

だいぶ休んだり、手話を使う回数が減ったので

今は選手召集とか、案内とか、簡単なボランティアになりました

それでも、選手の一生賢明な様子を見るのが楽しくって

今年も、参加させてもらうことになって、楽しみです

2014年5月22日 (木)

5月も中旬

518

桜の花が咲いて、

桜の花が散るころには、一斉に緑が映えだして

連休が終わって・・と過ぎていく季節

この前まで寒さで震えていたのにと思ったら

夏日が続いたり、梅雨のような雨が降ったり

だんだん季節は春から夏に向かっています

5月も中旬を過ぎようとしています

開放的な雰囲気になっていく時期です

2014年5月20日 (火)

(ツバメ)巣の補修

Photo

3年目になるかな

今年も我が家にツバメがやってきて巣作りを始めた

1週間前あたりから飛び回っていたツガイのツバメが

かわるがわる飛んできて去年作った巣を補修している

もしかしたら、そのまま卵を産むのかなと思っていたら

やはり1年間のうちに、あちこち風雨やスズメに荒らされたということで

盛んに土や枯草を運んでいるのを目にしたので

先日の休みの日、しばらくの間ガラス窓越しにのぞいていると

たぶん交互に巣に飛んできてヒナが落っこちないような巣に仕上げているようだ

Photo_2

2014年5月19日 (月)

今年、も「こども陶芸教室」

25

まだまだ新人のつもりの器づくり

一昨年、陶芸教室の先生から頼まれて少しだけのぞきました

春と秋に5~6回開かれる子ども陶芸教室

昨年は、手伝いをと言われて特別に用事がないときは出席しました

そして、今年は全部の回を手伝ってくれないかと言われ

1~2度は既に予定が入っていたので、別にして

先週から土曜日に依頼手伝いをさせてもらっています

小学1年生から6年生、13名子供たちの器づくり

なかなか言うことをわかってくれなかったり

消極的な子どももいて戸惑いの連続だけど

すごい発想を持っている子もいて

それなりに勉強にもなっている子ども陶芸です

2014年5月18日 (日)

とうとう廃車に。

Photo Photo_2

十数年間、お世話になった我が家の車

動きが鈍くなって、とうとう廃車になりました

1500ccの割には、7人乗りだし、普通自転車2台は積めるし

座席は少し高めだし、燃費は良いし

ということで、とても便利だった自家用車も

年月やら、修理費には勝てずに廃車になってしまいました

子どもが小学生のころには、座席を倒して遊びまわったり

自転車通学になったら、雨の日に自転車を積んだり

キャンプや魚釣り行きには荷物をたくさん載せて

遠い故郷に帰郷したら米やお土産をたっぷり載せたりしたのですが

名残りおしいのですが、仕方ありません

Photo_3

2014年5月16日 (金)

ツバメが飛来

2584_2

2年前に我が家に初めて巣作りをしたツバメ

去年は、5月を過ぎても元の巣に音沙汰がないので諦めていたら

なんと6月になってやってきて卵を産んでいた

そんなことから、今年もやってくるかなと思っていたら

2~3日前から2年前に作った巣あたりを飛び回っている2羽のツバメ

いよいよ今年も卵を産み、ヒナを育てるのかとワクワクしてしまう

去年のヒナが飛び立って、この冬はスズメたちが巣を借りていたようだから

少し痛んでしまった巣のようで、心配半分だったが

どうやら補修しているようなふうにも思える

ちゃんと居ついてくれることを心待ちにしている。

2014年5月15日 (木)

宇宙に半年

Photo

宇宙飛行士の若田光一さんが帰還したというニュースを聞いた

数度の宇宙ステーションでの生活

それも今度は6か月という月日

毎日の生活とかけ離れ過ぎていて、想像できないというのが本当だ

無重力の中での毎日、

緑とか海とか、山などの景色を見ることのできない宇宙

そして、歩き回る、走り回ることのできない宇宙ステーションの中

いろんな訓練をつんで、たくさんの知識を持って選ばれた人だからこそ

そんな経験ができることは間違いのないこと

それよりも、ずっとずっと遠くから地球を見ている環境

なんか不思議な世界の、ホントに想像できないという感じだ

2014年5月14日 (水)

足元に焼酎の絵

Photo

この前から、昼休みに余裕があると

仕事場の近くをちょっとだけでも散歩してみるのだが

昨日の雨が上がって、気温25度を超す日中に10分ほど歩いてみた

九州といえば、アルコールの中でも焼酎となるだろう

足元の歩道にも、そんなタイル絵を見つけた

九州全体が焼酎だけではなく

お酒とかも造っている造り酒屋もあるわけだけど

イメージ的には焼酎の地方となるだろう

たしかに、たしかにお酒で有名なところは少なく

焼酎のほうが似合っている

2014年5月13日 (火)

ちょっと旅

Photo_2

特にどこに・・というわけではないが

電車なりバスを使って日帰りでも良いから旅をしたいなあと

たまに、そんなことを思うことがある

先日の連休のときみたいに時間があるからというわけではなく

空いた時間があって、少し気候の良い時

いや、気候は関係ないかな

寒くても暑くてもこだわらず

ラフな格好をして、近場でも構わないけど

フラッと出かけたくなったときに

少しのお金とリュックを背負って、出かけたくなる時がある

 

2014年5月11日 (日)

春の小川に

Photo

5月も中旬になって、春真っ盛りです

25度を超えるような気温の季節になりました

草花の間にチョウチョやミツバチが飛び交っています

家の周りも春の景色が広がっています

家の近所の田畑は だんだん開発されて住宅地になっていっていますが

そのはざまに幾分かの田んぼが残っていて

昔からある、今ではコンクリートで固められた水路

冬の間は流れがなかった水路に

やっと水が引かれ、わずかに残った田畑に水が流れこむ季節になりました

そんな水路を見ると、やはりホッとするものがあります

2014年5月10日 (土)

銅像「西洋医学の発祥の地」

Photo

このところ、きちんと昼休みがとれたときに

仕事場の近くを散策してみる時に気になっている街角のブロンズ像

通りの目立つところにあるのをじっくり見てみる機会があった

患者を診ている医者のような像の下に注釈があった

なんと「西洋医学の発祥の地」との題材

へえ~、我がまちが そんな歴史を持っていることに気が付いた

2014年5月 9日 (金)

サークルにて

Photo

仕事も、そんなに忙しい時期ではないので、

このところコンスタントに手話サークルの例会にも顔を出すことができている

今週の例会は、近々に行われる県障害者スポーツ大会の知識の勉強でした

そんなサークルの例会に、いつも顔を出している子連れの女性がいる

会員になって、まだ2~3年のはずなのに、手話技術もすごい

子ども・女の子は知的身体障害者でもあり、車いすでの参観だ

もう会員も慣れっこだし、ボランティア団体でもあるので

誰かれが女の子の面倒を見ている

隣りの席でもあっただけに、少し遊んで、遊ばれてしまったが、初めて声を聴いた

持っている人形を引っ張ると、笑ってくれるのが定番だったものの

その上に笑い声まで聞かせてもらって

少しは分かってくれたかな、慣れてくれたのかなと思った時でした

2014年5月 7日 (水)

連休中に映画を観た

Photo

サラリーマンとしては、後半4日間は連休でした

親戚に不幸があったりして、予定らしきものもキャンセルしたこともあり

名画座に映画を観に行きました

「あなたを抱きしめる日まで」というアカデミー賞主演女優賞候補にも挙がった作品でした

ジュディ・ディンチ演ずる老夫人が若いころに引き裂かれた息子を探す映画

我がまちなかにある名画座

シネコンではなく、マイナーな映画が多いから、観に来るお客さんもマナーが良いです

休み中ということで、けっこう多くの人がいて

映画が終わったあと、「良い映画だった」との雰囲気でした

2014年5月 6日 (火)

5月5日・こどもの日

Photo

5月5日、「こどもの日」でした。

青空は夕方からでしたが、夕べからの雨も上がって

あちこちの行楽地では、にぎやかな歓声やらが聞こえたようです

ゴールデン・ウイークの中日のできごと

今年も、天高くこいのぼりが泳いでいた祭日

2014年5月 5日 (月)

5月の手話サークル

5

先日の手話サークルで、5月の予定表をもらってきた

新しい年度になって、会長も4つの部の部長たちも ほとんど新しくなった

新しい試みもされるようで

このところ、時々出席するたびに参加者が少なくなったなと思っていたので

新会員も含め、活発な例会と活動が欲しいなと感じる

そうは言っても、半分ぐらいしか例会にも出席していない者が言えるわけではないことかな

5月の後半から6月にかけては恒例の障害者スポーツ大会も行われる

せめて それには参加して手伝おうと思っている

なかなか手話技術は追いつかないし、一時期に少し手話から離れていたせいもあり

手話通訳の手伝いはおぼつかないが

そのほかでもできるものは続けたいなあと考えているのだが。

2014年5月 4日 (日)

連休の天気

Photo_2

 ゴールデン・ウイークの後半が始まっている

いろんな仕事をしている人もいるわけだから

みんなが連休を満喫しているというわけではないが

サラリーマン家庭や子どもたちにとっては楽しい、楽しい日々だろう

九州地方は連休の前半は、曇天空や小雨の日々だったから

天気が気になるところだろう

人出でにぎわう観光地や商店主などの方も快晴を望むところだろう

どこにも行く予定のない、家周りで過ごす者にとっても

やはり春、少し暑いくらいの天候のもとであるほうが良い

 

2014年5月 2日 (金)

足元に

Photo

ふだん、何気なく歩いている道

堤防沿いの小道を行くときには、日々アスファルトの横に雑草が伸びてきているなとか

市街地の広い歩道では自転車にぶつからないようにとか

そんなところを歩いたり、通ったりしているが

車の往来の激しい道路の歩道にはマンホールのふたとか

あるいは浸透性のあるタイルが埋め込まれたりしている

そして、その歩道にタイルなどで絵が描かれていたりする

いつも何気なく通り過ぎ、注意することもなく通っているが

ふと気になって足を止めて見ると、いろんな絵が描かれたりしている

そんなことが気になってしまった昼のひととき

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »