フォト
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月30日 (土)

伸びきった雑草

Photo
いつも自転車で通る土手沿いの道

休みの日には、朝早くから犬の散歩やらジョギングをする人が利用しています

春から夏の終わりまでは雑草が伸び放題になってしまい

何度か除草しているようです

委託された業者の人たちでしょう

大きな除草車や肩に背負った草刈り機などを使って

何日もかけて少しずつ雑草を刈り取っているようで

通るたびに伸びきった雑草が切られて、地肌が見えていきます

刈り取られたあとはき、気持ちの良いくらい見通しもすっきりします

ことしの除草の作業も最後なんでしょうか

そんな夏の終わりの風景です

2014年8月29日 (金)

器・小物入れ

Photo
ちょっとイビツになってしまったけど

変わったものを作ってみようと思って小物入れをこさえてみた

いや、小物入れにもなるし、飾り物でもいいかなと思ったのだけど

素焼きしてもらったら、アチコチがイビツなった

それに加えて、屋根を蓋代わりにしたのに

サイズを考えたのにもかかわらず

蓋がきちんと入らないというありさま

しまった、削ってしまおうかと思ったけど

良い経験だ、もう一度作ってみようと思う

2014年8月27日 (水)

バスの乗り降り

Photo

仕事の行き帰りにバスを利用することが多い

行き帰りのバスの中、あるいは休みの日に乗ったバスの中で いろんな光景を目にする

普段乗らないであろう出勤者が、後ろのほうに乗ってしまって降りるバス停で手間取ったり

この夏休みの期間に子どもが出入り口で右往左往したり

座っていない乗客が急ブレーキと同時に転んでしまったり

毎日のように乗っていると、いろんな場面に出くわす

 仕事が終わって急いで帰る用事があって、いつもより早い時間帯のバスに乗った時

 途中から 歩くのもおぼつかないくらいのおばあちゃんが乗ってきた

 後ろの座席に座っていたので、出入り口付近の若者が手をかしていた

 何個かの停留所を過ぎて、乗客も少なくなって

 あと3つ、4つで終点のバス停を過ぎて

 おばあちゃんが「今のバス停で降りたかった!」との声

 運転手さんにその旨を伝えると、バス停のないところで止めてくれた

 運転手さんは「普通は止められないから、もうダメだ」と言いながら、だった

 ・・・・なんdなろう、そういう運転手さんの仕事・気持ちも本当だし

 おばあちゃんのうっかりさもわかるような気がする

でも、思ったのは

いずれ、同じような行動をとるかもしれないなあ、

そんなことを考えてしまった

2014年8月25日 (月)

8月下旬・残暑

Photo

8月も下旬

日本各地で、まだまだ雨の被害が起きている

ことしの夏は、7月に入る頃に猛烈な暑さが続いたものの

あとは長雨などで陽射しが少ないようだ



残暑

お盆を境に、夏も後半に入っており

そういえば朝、昼と言わず鳴いていたセミの声も

このところ夜には ウルサイほどのセミの鳴き声が

秋の虫の声にかわっているのに気が付いた

子どもたちの夏休みも残りわずか

木々の葉っぱも、いつの間にか黄色くなり始めたり

小道の落ち葉があるのを見かけるようになった

少しずつ夏が終わっていっているらしい

2014年8月24日 (日)

夏の催し物・盆踊り

Photo_2 HPから借りました。

 いろんなところで長雨や、大雨被害が出ている今年の夏

5月にあまりにも暑かった日々が続いたのを思い返しています

7月に入って梅雨明け宣言も連年と変わりなかったような気がします

 そして、お盆も過ぎて

 各地域では夏の催し物や盆踊り、花火大会も終盤に近づいているようです

 我がまちでも恒例の夏祭りが8月に入ってすぐに行われたのですが

 なんと雨に見舞われて3日間の祭りが半分が流れてしまいました

 そして、今週の金曜日から2日間の夏祭り・盆踊りがあっています

 色とりどりの浴衣姿に、優雅な舞い「鶴崎踊」

 もう50年、いやもっと100年も続く祭りだそうです

 実際には1~2度しか観に行ったことはありませんが

 風に乗って音楽や花火などの音も聞こえてきます

 たぶん、夏祭りの最後を飾るころだと思います

 

 



2014年8月23日 (土)

街なかのムクドリ

Photo
この数年のことだろうかな

もしかしたら10年ほど前からかもしれない

街(まち)の中の植栽の木々にムクドリの群れ

寒い時期はともかく

特にこの夏の時期は群れが増している

街なかだから人の行き来も多いのは当然だ

その鳴き声もうるさいほどだし

夕方に群れなしてとまっているときの糞の被害

木々や電線などの下には近寄りがたい状態になる



 もともとは山々や人里離れたところに群れなしていたのだろうから

 人の、人工的な開発によって居場所が変化していったものだろう

 だから、一概に鳥たちが悪いわけではないのだが

 だんだん被害が拡大していっていることは頭が痛いものです

 いろんな対策を講じているようですが

 良き対策案はないものだろうか、と思ってしまう

2014年8月22日 (金)

残暑の日々

Photo

お盆も過ぎて、暦の上では秋です

雨が多い今年の夏

広島では、その大雨の被害が起きました

なんとも痛ましい災害です

ふだんの様子からは想像もしなかった出来事でしょう

被災地の皆さんには、心からお見舞いを・・・

 



2014年8月20日 (水)

車の買い替え

Photo

15年近く乗っていたモビリオ・車を買い替える羽目になって

1か月ほど前に廃車になってしまいました

自転車2~3台を乗せることができるし、便利だ

だまだまだ乗れるような外観だと思っていたけど

寿命には勝てません


 そういうわけで、次男が40万円弱で見つけてきてくれた軽自動車

 子供が小さいときとか、遠く離れた親父が生きていた時ほど遠出もしない

 小回りが利く、燃費も経済的というわけで

 中古の軽自動車は、ちょうど良い大きさです

 さっそく何度か乗ってみると、今までと余り差はない

 休みの日とか、急用の折には便利しています

Photo_2


2014年8月18日 (月)

電車での出来事

Photo

仕事休みの日、日曜日

用事があって電車で街に出かけた

お盆が終わって残暑だろうか、暑い日中になっていた

少し遅れてやってきた電車、郊外の駅から乗ったら

車内放送で「遅れまして申し訳ありません。3両編成の前車両は冷房が効きません」との放送

ちょうど待っていた乗車口が一番前の車両で

たしかに冷房が効いていないようだ、おまけに車内灯がついたり消えたりしている

大丈夫かなと思ったら

そのあと車内アナウンスで運行に支障がない旨の案内

市街地の目的駅まで15分ぐらい

何事もなく運行したものの、こういうこともあるんだと

降り立つときに整備士の方々が乗り込んでいたのを目にした

2014年8月17日 (日)

泳げなかった

Photo

この歳になって、運動不足ぎみ

かといって、関節炎以上の持病をもっているので、激しい運動は禁物

だから、1週間に1回程度はプールで泳ぐようにしているが

なかなか思い切りが悪かったり都合がつかなかったり

そんな中で先週に続いて公営の室内プールに行ったら

夏休みに入って天気もよくないせいか、ひと人、人の混雑さ

7コースの半分が水中歩行と子どもたちのためのコースになっていて

泳ぐコースは人が満杯の状態

なかなかスムーズに泳いで帰ってこれない状態で

4往復するのに数十分・・・

というわけで、ちょっと残念ながら やめちゃいました

ああ、夏休みが終われば、夏が過ぎれば、泳ぐ人も減るかな

2014年8月16日 (土)

クモの巣

Photo

夕方に仕事から帰ってくる道すがら、この夏の時期はいろんな虫たちに出くわす

夕方過ぎても、まだセミの声が聞こえるし

自転車なので、飛び交っている小さな虫たちが顔にぶつかってくることがある

 帰りついて自転車置き場から玄関に入ろうとしているときに

 クモの巣が頭、顔をくっつくときもある

 朝晩、こまめにクモの巣を掃除しているのに

 クモも生きるためだ、すぐに糸を出して網を張っていく

 特に嫌いな虫ではないし、害虫もとっ捕まえてくれるから

 クモの巣は壊しても雲を殺したりはしないのだけど

 クモの巣が顔や頭に絡まってしまうときは

 さすがにムシャクシャしてしまうものだ

2014年8月15日 (金)

父、そして終戦記念日

Photo

8月15日は「終戦記念日」です

暑い夏、お盆、そして終戦記念日でもあります

終戦後に生まれているから、映像や話でしか戦争を知りません

実際の戦争を知らないから幸せだとも考えます


 

 それから、8月15日は実父の誕生日でもありました

 他界してから、もう10年は過ぎました

 生きていたら・・・いや、もう100歳に手が届く年齢になっているはずです

 10代の終わりから離れて暮らすことが多かったから

 特別に親孝行をしたわけではないし

 仕事一筋の親だったから、子どもの時の想い出も少ないです

 けど、この夏の暑い時期

 終戦記念日が、イコール父親の誕生日だということを

 何かにつけて思い出してしまいます

2014年8月13日 (水)

夏・セミ

Photo
我が家の前に、ちょっとした公園があって

その向こう側に墓地公園とまではいかないけど、墓地があり

その公園と墓地の向こうは土手・一級河川が流れています

新興住宅に住みだしたのは25年ほど前になるのかな

土手が近いし、前は公園だから気を遣わなくても良いなあ

そう思って住み始めた我が家



 冬の間は良しとして

 夏は、セミの声がうるさい 以上にやかましい

 今年は少ないけど、夏休みに公園で花火をする音と臭い

 そうは言っても、セミのうるさい鳴き声も

 これから聞こえ始める秋の虫の音も

 いろんな自然が残っている この地に住んでいるからだろう

 今日も、朝からジーンジーン、ミンミンと暑苦しい鳴き声が聞こえていた

Photo_2



2014年8月12日 (火)

映画「夢は牛のお医者さん」

Photo_2

ドキュメンタリー映画を観てきました

20数年間、獣医さんになっていく女性を追った映画

「夢は牛のお医者さん」といって、名画座で再上演しているものです

小さな僻地の小学校で牛を飼ったことがきっかけもあって

獣医さんになりたいと誓いを立てた小学4年生の女の子

苦難な道をたどりながら、夢は少しじつ実現していきます

学校の試験、獣医の試験、就職・・・

そして誰からも信用される獣医として進んでいきます

 そんな中で、

 同じ小学校の同級生の夢も語られます

 子供の時に持っていた夢が、どのくらい実現していくか

 夢みたことが、少し違っても、どんなふうに実現していくか

 そんなこともホノボノと語られるドキュメント映画でした

2014年8月11日 (月)

台風一過の空

Photo
まだ日本列島から通り過ぎたわけではないけど

台風11号は九州から遠ざかっていった日、休日の日です

雨の間はセミの声が聴けなかったと思ったら

朝からジワジワと鳴き始めて

昼ごろのなると青空も見えてきて、セミの鳴き声もうるさくなってきました

スカッとした台風一過の青空にはならなかったけど

夏の日差しが戻ってきて

近くの墓地公園からは線香の香りが流れてきました

もうすぐお盆

この台風で帰省が乱れてしまったことだろうが

ことしも先祖の墓のお参りが始まる頃です

2014年8月10日 (日)

台風11号

Photo
8月の中旬になろうとしています

台風12号は、とっくに過ぎ去ってしまったのに

ゆっくりした速度で台風11号が通り過ぎていっています

まだまだ日本列島を抜けきっていなくて、これから影響の出る所もあるかもしれませんが

九州では宮崎で大雨などが影響して水に浸かったところがあるようです

 夏の、この時期の台風は仕方ないのだろうが

 あちこちで被害が出ることは予想したくないです

 大潮の時期も重なって、今回は浸水の影響が大のようです

 立秋を過ぎたばかりの日

 台風11号の影響でお盆前の故郷・帰郷にも影響が出たということです

2014年8月 9日 (土)

夏・背広

Photo 夏です。暑くてもサラリーマンにとっては、Yシャツ姿が定番です。

少し前と違って、クールビズが流行りだしてからは

ネクタイが要らない時が多いし

少しぐらいラフなシャツでも許されることがあります

それでも、時によっては背広が必要になります

幸いに夏の暑さにまいってしまうような体調ではないので

あまり気にはならないけど

慣れというのは不思議なもので

暑い時に時々するネクタイとか、背広を着るというのは

「うわー」と思う時があります

ちょっと前は、夏でも上着出勤が普通だったのに。


2014年8月 7日 (木)

まちの工業群

 Photo

我がまちは商業・工業都市ということで

海岸沿いは埋め立てが進んでいて、

大きな、いわゆる大企業が幾つかあります

鉄鋼業や電工、石油備蓄関係など

ありとあらゆる工業群が立ち並んでいます

昔と違って環境に配慮して高い煙突からは煙めいたものは余り見られないものの

この時期、夏の暑い時期の光景は

なお一層の暑さなどが感じられてしまいます

そこで働く人々は、たまったもんじゃないだろうと思えてしまいます

もう何十年も見続けている工業群

あらためて見ると、圧巻の光景でもあるようです

2014年8月 4日 (月)

夏・釣り人

Photo
夏です、海、山がともに賑わう季節でもあります。

雨が降ったりやんだりしている日

海に近いところに行ったら

曇り空の中で、親子連れなんだろう

何組かが釣り糸を垂れていた

何が釣れるのだろうというよりも

小さい子ども連れの家族のうち

もう飽きてしまっているのだろうか、あちこち走り回っている者もいる

波のまにまに近くに留まっている釣り船が揺れている

遠く海の向こうには夏休みの客を乗せたフェリーだろうか

ゆったりと航海の旅を始めたばかりのようだ

2014年8月 3日 (日)

土砂降りの雨

Photo

我がまちでは3日間、中心部で夏祭りの最中ですが

台風12号の影響もあるのでしょう

雨が降ったりやんだり、ときには激しい雨が降っていました

おかげで大部分の祭りの催し物は屋根付きのところに変更になったり

メイン会場でのイベントが中止になってしまいました

せっかくの夏祭りもそうですが

土砂降りの雨のおかげで電車が遅れたり運休になったりしてもいます

大雨が降って地盤が緩んでいるところでの災害が起きなければいいなあ

2014年8月 2日 (土)

陶芸教室でビア交流

Photo
台風12号の影響だろうか、雨が降ったりやんだりする中

陶芸教室の面々とビアガーデンで交流会がありました

公民館の官庁、事務員の方、そして先生と旦那さんを加えて

公民館の近くのホテルがやっているビアガーデンでした

良いのか、悪いのか、お客さんも少なくて

テントのあるバイキング方式の庭だったのもあり

2時間ほど、ゆっくりとアルコールを飲んで話して

最後にアイスクリームを食べて、良い交流会でした

みんな近所の方々だから、話題も近場の話

そして、作りたい器や失敗談など

和気あいあいのひとときでした

2014年8月 1日 (金)

花火

Photo
先日、地域の商工まつりというのをやっていました

近くの川原に陣取って屋台や産直売出店が少し出店して

昼前から夜9時ぐらいまでワイワイとやっていたようです

我が家から近くでもあり出かけてみようと思いながら

とうとう行けなかった夏祭りのようなものでした

夜になって小さな花火大会も10分ほど予定されているということで

その時に花火が見えそうなところまで行って、しばし眺めていました

Photo_2

 夏休みになって、家の前の公園で花火に興じている家族や子供たちもいます

 ああ、夏だなあと思う瞬間です

 いつの時代でも、この風習はつながっているなあと思います

 夏の風物詩の一つ

 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »