« 夏・セミ | トップページ | クモの巣 »

2014年8月15日 (金)

父、そして終戦記念日

Photo

8月15日は「終戦記念日」です

暑い夏、お盆、そして終戦記念日でもあります

終戦後に生まれているから、映像や話でしか戦争を知りません

実際の戦争を知らないから幸せだとも考えます


 

 それから、8月15日は実父の誕生日でもありました

 他界してから、もう10年は過ぎました

 生きていたら・・・いや、もう100歳に手が届く年齢になっているはずです

 10代の終わりから離れて暮らすことが多かったから

 特別に親孝行をしたわけではないし

 仕事一筋の親だったから、子どもの時の想い出も少ないです

 けど、この夏の暑い時期

 終戦記念日が、イコール父親の誕生日だということを

 何かにつけて思い出してしまいます

|

« 夏・セミ | トップページ | クモの巣 »

つれづれの日記」カテゴリの記事

コメント

 オジンさん:
 オジンさんも、たぶん私と同じような年代のはずです。終戦から10年を過ぎる頃に出生し、子供のころは夏はプールではなくて川で泳いだり魚を捕ったり、食べ物は、おひつにいれた白いご飯を大事に食し、残すなんて悪と言われて育った。便利でお金さえあれば、、というのが楽しい生活なのかどうか、いまさら戻れないけど、環境が急速に変わってきています。m9(^Д^)

投稿: N.ケイゾー | 2014年8月16日 (土) 22時38分

終戦記念日がお誕生日だったのですか?忘れようがないですね。私の父は阪神淡路
大震災の5日後に亡くなりました。これもまた忘れようがない。戦後日本が発展途上
の頃に私は生まれました。なにもかもが一から始まる。そんな時代に子供を育てる。
逆に私が親と呼ばれるようになった頃は何でもある(お金さえ出せば)時代でした。
今となってどちらがよかったのか?これは子供にも聞いたことはないのですがひょっと
したら父の時代のほうが子育ての環境としてはめぐまれない分、子供の側からみると
可能性が広く大きかったようで逆によかったのではないかと思うことがあります。

投稿: オジン | 2014年8月16日 (土) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 父、そして終戦記念日:

« 夏・セミ | トップページ | クモの巣 »