« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

映画「唐山大地震」

Photo

休日・日曜日の夕方近くに

名画座映画館で 映画を観ていました

東北大震災の悲惨な事変があったことで

映画の公開自粛にあっていた中国の映画です

地震のリアルさというより

震災に遭った人々の悲惨さ、人の世についての映画です

唐山地震で24万人の人が生命を閉ざした中の一組の家族の物語

四川震災に見舞われての・・・・

そんな映画でした

   大地震の映画というより

   家族の、人としての、そんな人の世の話でした

 

  「唐山大地震」オフシャルサイト http://tozan-movie.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

出身中学校

Photo
春先の日和の良い日

ちょうど仕事もひと段落ついたのもあって

久しぶりに生まれ故郷の田舎、お墓詣りに帰ってきました

熊本と宮崎と、それに鹿児島のちょうど境付近にある生まれ故郷

小さな田舎 町です

昭和の初めに合併して小学校が3つありました

商店街があったはずだけど、

今はわずかに店が何軒か、残っているだけです

 産まれ育った家から小学校までは大人の足でも30分くらい

 でも、中学校までは十数分

 昔だったら、田んぼをまたいで6分、7分で行けたような気がします

 そんな中学校を、久しぶりに訪ねてみました

 ホントは、やっとゆっくりなった仕事の合間

 先祖の墓参りに行った ついでではあったのですが

 ちょうど桜の花の咲く時期で

 体育館では元気な柔道部らしい声が聞こえていました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

朝日、影

Photo
朝の早い時間、いつものように自宅から、まずは自転車

出勤時の土手沿いは

冬の時期だったら、まだ薄暗かったり、ようやく朝日が昇るころでした

3月に入ってからは明るい陽が昇ったばかりの時間帯です

そして、陽が昇ったばかりの朝日を浴びながらの出勤時は

長い影が、そこかしこに写っています

土手沿いの家々の壁に自分の影が映っているのを発見しました

 余裕もなく自転車をこぐ姿が家の外壁に映っています

 なんとも追いかけっこをしているような気分になります

 冬の間は気が付きませんでした

 そして、もう少しすると

 陽が昇るのが早い時間だから

 映る影も足元付近になるのでしょう、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

桜の花がチラホラ

 Photo
桜の花が咲きました

九州では、そして関東でもあちこちで花の便りが届いています

3月も後半です

そろそろ暖かい日々が続く季節になりつつあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

電車、踏切

Photo
最近、通勤にはバスが多くなってきたけど

帰りに利用したり、時々散策や、ちょっとした旅に乗る電車

先日の休みの日も、そして今日の仕事帰りに乗った電車

市街地は高架化して踏切が減ったが

まだまだ郊外に行くと、旅に出ると踏切がいっぱいある

田舎道の間に、あるいは国道・県道の通り道に

「キンコン」となる遮断機・警報ががあって

自転車や車が電車が通り過ぎるのを待っていたりする

なんとも良い景色でもある

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

聖フランシス・ザビエル

Photo

休みの日

「出席者が少ないようだから、参加してしてくれないか。」

そんな頼まれ方をして会場に向かったイベント

「ザビエル・サミット」と銘打っての講演やフォーラム

挨拶があり、大学教授の講演、演奏、フォーラムと

内容盛りだくさんの催し物

聖フランシシコ・ザビエルが日本で布教して回った足跡をたどるもの

 そんなに興味を持って臨んだわけではないけど

 昔、昔の幕末時代の時代考証の話

 ザビエルが、こんなにも日本各地を歩いたのだ・・・

 ヨーロッパ民が日本意識を持ったきっかけもあったのだ・・・

 そんな説明が興味をひいた

 鹿児島、大分、山口、平戸、堺市の首長さんたちによるフォーラム

 それなりに「ああ、そうなんだ」と納得できる部分もあって

 休みの時間を割いて参加した意味はあったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

陶芸教室の区切りの時期

Photo
近くの公民館教室に通い始めたのがきっかけの器づくり

この年度末は、いろんな公民館教室の閉級式がおあります

ステージではギターや舞踊、笛や手話教室の発表会があり

廊下には生け花や俳句、絵手紙などの作品が並びます

そんな中で陶芸教室は一室を借りて展示があります

この1年間で作った作品を並べ、数十個の「差し上げコーナー」もあります

 この1年の間に上達した人も新しく入った人の作品も

 同じように並べて評価も受けます・・

 3月もそうですが、時々何回も欠席した年

 それなりに上達したのだろうかと

 この時期は反省と、そして心機一転という気持ちにもなります

 来年度は、少し大きな器と 使い易い器を目指していこうかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

小さな花

Photo

少しずつ暖かくなっていく季節

いつも通る家々の庭先とか道の脇にも緑が多くなる

そして、自転車で通る小道の傍らには少しずつ花が咲き始める

茶色に枯れた草むらに菜の花の城や黄色が見え隠れし始め

良く見ると、小さな植物たちが芽を出し花を咲かせている

 毎年、この時期になると・・・

 季節は廻り、今年も春先の模様を呈し始めている

 小さな黄色い花を見つけて

 思わず立ち止まって眺める

 立ち止まってみていても寒さに震えることがなくなった

 そんな何でもないことが、今年も巡ってきている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

霧の中

317_2
松本清張の著書で「霧の旗」というのがあって

映画化されたり、テレビドラマになっているのが

そんなことをふと思い出させてくれた、早朝の出来事

朝起き出したら、今日は晴天の予報だったはずなのに

なんともはや、曇っているような様子

寝起きは、昔・若いころから悪いほうなので気が付かなかったのだけど

7時になって出勤のために自転車置き場に行ったら

なんと家の前も、向こう側も霧が立ち込めている

 そうなんだ! 天気が良くなるだろう朝のこの時期

 深い霧に包まれている川沿いの我が家

 何とも言えず、霧に中を出勤となると

 それなりにドキドキする気分

 ずっと昔、子ども時代を過ごした故郷・田舎では

 こんな霧に中を通学したのを思い出す

 何とも言えず、そんな空気と匂いと懐かしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

ベランダで器づくり。

314
日曜日の昼さがり

このところ陶芸教室にも行けていないし

休みのたびに、いろいろ行事とか用事が重なっていて

なかなか土をこねて器を作っていないなあ

そんなことも、この2~3週間思いながら過ごしていました

というよりも、

 せっかく白い土も調達してもらったし、作りたいものもあるのに

 そんなことから、日曜日の小雨の日曜日

 2階の狭いベランダに手回しろくろなどを持ち込んで土を扱いました

 少し小雨のかかる場所、冷たい土をこねていると夢中になります

 いつものと同じような形になっていくけど

 無心になれて、夢中になってしまって

 作った器は、白い土のカップでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

黄色い水仙

Photo
2月ごろの咲きだした水仙の花

白い水仙の花が庭の隅っこ、土手の日の当たる場所に咲いていました

そして、この3月に入ってからは

我が家の花壇にも黄色い水仙の花が咲きだしました

数年前に家の前の桜の木の周りに埋めた球根

その種からも2年目、かな

今年も華やかな色で幾つかが咲きました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠近両用のメガネ

Photo

60歳を目前にしたこの歳だから

もう仕方ないし、というわけで

昨年末の免許証の切り替えの際にメガネの度数があっているかという不安もあって

その時に買っていた「遠近両用のメガネ」

このところパソコンを使うこともあるし、仕事の関係もあるし

少しずつ慣らすためにも掛けています

  たしかに動き回るとき、階段の上り下りには不便な面もあるけど

  手元の資料を見ながら、向こうから声かけられたときに見るのに便利です

  まだずっと掛けていると、目が疲れますし、

  そのまま掛けて移動すると、変な感じがぬぐえませんが

  そのうちに慣れてくるのでしょう

  慣れたくないけど、それもまた志方ない老化現象なんでしょう

ずっと昔

50歳代前には気が付かなかったことが

この歳になると、現実味を増してきます

それもまた、いろんな世代、時代を生きてきた証拠としましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

明るくなる空

Photo_2

 目覚めた時には、まだ真っ暗だった季節

 出かける時に、やっと東の空が明るくなり始める冬の時

 そんな時期から、少しずつ変わってきています

カーテンの隙間から朝の光が漏れ

起き出すときには、もうすっかり朝日が昇り始めている

そんな時期を迎えています

そうやって、少しずつ 少しずつ春になっていきます

暖かい日があったかと思えば

また寒が戻った時があったりしても

だんだんと昼間の暖かさが嬉しくなる季節になっていきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

寒が戻って

310

うっ~ん、寒い!

3月に入って中ごろに差し掛かっています

巷(ちまた)では、高校入試の時期でもあるのですが

日本全国、寒が戻ってしまって真冬の寒さになりました

朝から突風と、雪が舞ってしまった九州の各地

東北、北海道などでは、荒れた天候になっているとのこと

陽当たりの良い場所では、少しずつ菜の花が見られるようになったと思っていたのに

なんともはや、冷たい、寒い空気が戻ってしまいました。

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

本番、アトラクション

Photo
先日の日曜日

県下の聴覚障害者協会の通称耳の日大会がありました

午前中は総会、挨拶とか大会宣言があって

午後からは、それぞれの地域から4つの出し物があって

そんな中で、我がサークルの「浦島太郎、その後」をやりました

太郎おじいさんが再び竜宮城に行って、玉手箱を持ち帰るという設定

そんな話の途中にみんなで「日本全国福の神」の音楽に合わせて踊りました

何回も練習を重ねて、ろう者も一緒になって踊りました

 仕事の関係もあって、ギリギリ間に合わせて踊ったのもあり

 歳も歳の、老体に鞭打ってのアトラクション

 それでもけっこう楽しかったです

 来てくれたお客さんは喜んでくれたのか

 だいぶ疑問でしたが……

Photo_2 Photo_3




| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

アトラクションの練習、最終日

Photo

聴覚障害者の県下の総会などが3月にあります

毎年、「耳の日大会」と銘打っての大会です

県下の10数市が持ち回りで文化ホール類での催しです

その大会の昼からのアトラクションが数年ぶりに復活して

我がサークルもエントリーしました

その練習が昨年の12月から始まって

毎週、ろう者とともに会員が土曜日の夜に練習してきました

最後の練習の日、

みんなで楽しくやろうなと言いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

啓蟄

Photo
暦の上では、「啓蟄」 そろそろ春めく季節です

辞書によると、冬籠りの虫が這い出る(広辞苑)ということで

つまりは、だんだん春に近づいているということでしょう

我がまちでも、小学校、中学校の卒業式が行われているシーズンでもあります

田畑も、少しずつ緑の芽吹きがあったり

いつも通う土手沿いに土筆(つくし)が出てきたり

菜の花が咲いているという便りが届いたりする時期でもあります



 今年は、春分の日が近づくころ

 少しずつ暖かさが出る頃は何をしようかと思っているところです

 そういえば、寒さに震えていた真冬の時からすれば

 暖かい日中があったり、雪ではなく雨があったりし始めているようです

 3月に入っての6日過ぎ

 「啓蟄」の言葉を聞いて

 今年も、少しずつ春めいていくのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

飲み放題メニュー

Photo

つい先日

仕事の関係でもあるのだが、ある「総会&懇親会」というのがあって

毎月会費を納めているのだからと、去年に続いて出席した

総会は難なく終わっての懇親会

会員の半数ぐらいが出席という10数十名の会

もちろん、ハッキリ言って懇親会と言う名の飲み会

 料理は回るテーブル式

 そして飲み物は「飲み放題」というコースだった

 みんなが集まる宴会などでは、この飲み放題が多い

 何でも飲めて、たくさんも飲めるコースで採算が取れるのかなあと思う時と

 これだったら、美味しい飲み物、酒を少し飲んだほうが良いのにと

 そんなことを思ってしまうのは誰しもじゃないかと思う

 今回は、人数も多かったし、お酒を飲む人、飲めない人が判別がつかないだろうから

 この飲み放題で良かったのじゃないかとは思ったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

バス・列車の優先席

Photo


通勤にバスを利用しているし

休みの日も含めて電車に乗ることが多い

乗車する時もそうだし、途中から乗ってくる乗客のことで気になることがある

黄色い、あるいはカバーをかけた座席がある

いずれも弱者、身体が不自由とかお年寄りとか妊婦さんに配慮した座席

いつも利用しているバスには車いすスペースの座席がある

車いすの人が乗って来た時に、椅子を畳んでスペースを作れる場所

 そんな座席が気になって座らない時もあるし

 乗客が多い時は、立っているのが邪魔だから座るときもある

 けど、もし そんな乗客が来たら譲るつもりで座るのだけど。

 

どっちが良いのか・・・・・

黄色いシートに、気にすることもなく座る人もいれば

そんな人は体の不自由な人が乗ってきても

全く無関心、分かっていても席を譲る気配がない人々もいる

時代が変わったのか、

シルバーシートの存在感も薄れてきているような気がする

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

1日・映画の日

166568_01_2  仕事休みの日、そして月に一度の「映画の日」

ちょうど1日だということで、映画を見に行った

普段なら、1日が休みと重なることが少ないので

どうしようかと迷うこともないのだけれど、

先日、アカデミー賞をとった作品も見たかったので

朝早くに近くのシネコンに出かけました

「アメリカン・スナイパー」というクリント・イーストウッド監督の作品

イラク戦争で「襲撃」の名人・・・クリス・カイルを扱ったもの

海軍特殊部隊ネイビーシールズ所属のスナイパーの苦難の映画

ちょっと残酷過ぎる向きもあるものだった

映画館で見ると 真に迫るだけにやりきれなさも覚える内容ではあった

 

  ※ http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

Photo
大分県の豊後大野市という所に「原尻の滝」というのがある

先日、近くに用事があった折に通りすがりに眺めた

冬の間だから、たぶん水量は少ないほうなのだろうが

それでも迫力のある滝の一つでもある

で、

 ここの滝は上を通ることができるのも一つの魅力

 ゆっくりできなかったので、散策する余裕はなかったのだが

 滝の上のほうは、というと

 田んぼが広がっていて、あぜ道ならぬ通り道があったはずだ

 上から見る滝もまた格別かもしれない

 この次は、時間を作って訪れてみたいものだ

Photo_2



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »