« アトラクションの練習、最終日 | トップページ | 寒が戻って »

2015年3月10日 (火)

本番、アトラクション

Photo
先日の日曜日

県下の聴覚障害者協会の通称耳の日大会がありました

午前中は総会、挨拶とか大会宣言があって

午後からは、それぞれの地域から4つの出し物があって

そんな中で、我がサークルの「浦島太郎、その後」をやりました

太郎おじいさんが再び竜宮城に行って、玉手箱を持ち帰るという設定

そんな話の途中にみんなで「日本全国福の神」の音楽に合わせて踊りました

何回も練習を重ねて、ろう者も一緒になって踊りました

 仕事の関係もあって、ギリギリ間に合わせて踊ったのもあり

 歳も歳の、老体に鞭打ってのアトラクション

 それでもけっこう楽しかったです

 来てくれたお客さんは喜んでくれたのか

 だいぶ疑問でしたが……

Photo_2 Photo_3




|

« アトラクションの練習、最終日 | トップページ | 寒が戻って »

サークル等の活動」カテゴリの記事

コメント

 オジンさん:
 手話言語法制定で何が変わるか・・・? 先日、ろう者から「僕たちは手話は日常生活で覚えるしかありません、学校では教えてくれません」と言われ、たしかに健常者もろう者も国語の勉強はあるのに、と思いました。そんなことも制定で変わるのかな、と。
 浦島太郎~その後は、サークルの企画担当たちが脚本を作ったようです。(*^-^)

投稿: N.ケイゾー | 2015年3月12日 (木) 22時29分

耳の日。こちらでは「手話言語条制定化」一色という感じでした。条例化されたからと言って特別どうって事は無いのですがそれでも手話普及へのはずみにはなると思います。どうも若年層の関心の薄さが気になります。
「浦島太郎、その後」。浦島太郎は手話歌でやった事ありますが続編があったとは(笑)面白そうですね。

投稿: オジン | 2015年3月11日 (水) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345439/59207178

この記事へのトラックバック一覧です: 本番、アトラクション:

« アトラクションの練習、最終日 | トップページ | 寒が戻って »