« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

足湯

Photo

休みを利用して旅しました

ちょっとした散策を兼ねてですが

久しぶりに電車・列車に乗っての旅

 ただ電車に乗って揺られているだけでも満足の散策

 小さな駅に降り立って 足湯の施設

 少し肌寒い中で、そっと足を入れるとホンワカあったかい感触

 温泉の湯船に入らなくても気持ちは良いものです





そんな休日の過ごし方

これもまた、何気ない中に

「ああ、旅したなあ」と思える瞬間です

2016年11月28日 (月)

イチョウ色づく

Photo

出勤、退勤に通りかかる郊外駅前

2本のイチョウの木があって

夏には日陰になって良い大きな木

この時期はイチョウの葉が少しずつ色づいている




 紅葉の季節迎えて

 山間部には旅客が行きつ戻りつしているようだ

 近くの木々も針葉樹が葉を落としたり色づいたりしている

 

駅前の紅葉したイチョウの葉がちらりほらりと落葉している

行き来する道すがらの秋から冬の情景です

Photo_2


2016年11月27日 (日)

11月から12月

11
11月も下旬になった

今年も、あとわずかになっていく

 日本列島も寒波到来の時期

 東京都内でも雪が降ったとのニュース

 我がまち近くでは高い山に「霧氷」が見られたとのこと

もう今年も残り少ない日になって

桜吹雪く季節、長雨の日々、暑い夏に、雨のない季節

そして真夏日の残った秋・・・

少しずつ冬本番になっていく

コートが目立つ寒さ、冷たさに耐える月日がやってくる

もうすぐ12月

ことしも師走に近づいていく

2016年11月25日 (金)

囲碁教室の子どもたち

Photo

出かけていく近くの公民館で

多種多様な習い事・教室が行われています

そんな中で「子ども囲碁教室」というのがあって

毎週の土曜日の午前中にあっているようです

 囲碁ですから静かな雰囲気の中で・・と思いきや

 たぶん終わり近くになると

 走り回っていたりする子どももいます

 それでも、教える先生が良いのか

 7~8人の小学生が真剣に囲碁版に集中している姿はすごいです

 

2016年11月24日 (木)

陽が沈む

Photo

勤労感謝の日、祭日

仕事も休みで家で過ごした日

少しずつ雲の多くなった夕暮れ

陽が沈んでいく

今日も一日、終わろうとしている

平凡であるけど

それが何よりという歳月を過ごしている

 地震などの災害も起きず

 人が傷つけ合い、殺し合うこともなく

 平穏な日が一番だと、そう思う

2016年11月23日 (水)

畑にカラスが

Photo

秋になって、今年は野菜が豊富ではないみたいだ

それでも、近くの田畑では秋の実りがある

そんな小さな畑の真ん中にカラス

何をついばんでいるのだろう

雑食性の動物

できつつある野菜をつついているのだろうか

それとも冬支度をはじめている昆虫などをあさっているのか

遠くから追い立てようと声をかけても逃げようとしない

カラスもまた、生きるための餌を探しているのだろうか

11


2016年11月21日 (月)

恒例の「公民館まつり」

Photo
 今年も、恒例のふるさとまつり

地域の「公民館まつり」がありました

公民館での教室・習い事など

いろんな分野で活動している人たちの

年に一度の発表会・展示、そしてバザーなどです

 我が「陶芸教室」の仲間と朝早くから

 この1年間に作った器を展示、即売しました

 すごい! けっこう買ってくれた人がいました

 ありがたいです

 そして、これを糧に来週からの教室

 また励んでいきます

Photo_2



2016年11月20日 (日)

駅、新しいベンチ

Photo
いつも出勤などで利用する電車の駅

我がまちでは中心部についで2番、3番の駅なのかな

それでも1番線、2番線しかないローカル線の駅

ホームにでるのに階段を上って降りて

ホームもベンチが2つ、3つあるくらいで閑散としている




 そんなホームに真新しいベンチが目に入った

 木造りの木目きれいなベンチが備えられていた

 ベンチが少なかったわけではないけど

 駅特有の味気ない椅子の横に備えられた木のベンチ

 椅子の下の目立たない所に「○○工業高校」との印字

 そっか、この地域にある高校の生徒さんの手作りなんだ、と

 あったかい 気持ちになっています

2016年11月17日 (木)

作り直し

 Photo

 「どうもうまくいかない」

簡単時計の部品があったので、

器で時計らしいものを作ってみようと思った

焼き上がって針・部品を合わせようとしたが

器が小さ過ぎてダメだった

そんなことをやったのが1年ほど前

 



  そういえば部品がそのまま・・と思って

  再度、少し大きめに作ってみたら

  今度は、取り付ける部分の穴の厚さが合わず

  秒針が動かないというのが発覚?!

そこで、再々度、陶芸教室の中で作っています

先生、曰く「ちゃんと焼き上がりを計算して作ってみてください。」

Photo_2

2016年11月16日 (水)

雨上がりの朝

Photo_3

雨上がりの秋の日の朝

視界10メートルというところでしょうか

いつものように自転車で出勤する土手沿いの小道

遠くの林が家が見えにくい状態

今朝方まで降っていて、これから天気が良くなるのだろう

霧が立ち込めていて、神秘的な光景でした

そうはいっても車で通る人たちにとっては困ったことだんだろう

歩いて朝の風景を見る人にとっては気持ちよさそうでもある




 産まれ故郷の田舎道では

 この時期には良く見られる状況だというのを思い出しました

 自転車での通り道

 出勤の時間帯

 ちょっとの間だったけど

 久しぶりに故郷の子供時代を思い出した時でした

Photo_4


2016年11月15日 (火)

学校・教室

Photo

先日の日曜日に訪れた近くの中学校

そういえば子どもの母校でもあります

建って数十年過ぎているということで

校舎も古びているようですが

なんともはや、学校・校舎というのは懐かしい感触がします

玄関の下駄箱や壁に貼られたポスターや注意事項

教室の窓やガタガタになりかけた机と椅子

 気持ちは、なぜか子ども時代に戻っていくような気持ちになります

 これから寒くなる季節

 教室・校舎内では寒々とした中での授業が行われてるのかな

 それとも生徒いっぱいでホンワカむーどなのか・・

Photo_2


2016年11月14日 (月)

中学生の陶芸体験

Photo

学園祭とか、文化祭の季節

 

近くのある、そして子供の母校でもある中学校訪問

 

実は、加害授業みたいなものがあるようで

 

その一つとして 陶芸体験の授業?

 

陶芸教室の先生のアシスタントとして参加させてもらいました

 

総勢24名~昨年より少ないということ

 

同じ大きさの土を使っての器づくり

 

そりゃ気持ち良いくらいに、みんなの独自性があった作品でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年11月11日 (金)

立冬過ぎて

Photo

 もうとっくに雪が降りだし積もっている北海道や東北

 朝晩だけではなく

 寒さも募ってきている

 通り過ぎる人々もコートなどが目につくようになった

11月も中旬になっていく

立冬も過ぎて、いよいよ気候的にも冬になっていく

そろそろ暖房器具のフル活用の季節

そして、あちこちで風邪ひきさんの話題にもなる

「今年もあと50日!」と声が聞こえた

2016年11月10日 (木)

地区の公民館

Photo

どの町でも集会場とか公会堂などあると思うが

身近に集まったりするのに欠かせない公民館

週に一度の陶芸教室や地区の行事等

時々使わせてもらっている公民館

そんな玄関・入り口には色んなポスターやチラシがある

そんな中に来年の公民館行事が置いてもあった

そういえば今やっている陶芸教室なども

ここで偶然に見かけて入ったのだった

2016年11月 9日 (水)

地面陥没のこと

博多駅前の「道路陥没」の事故

ニュースなどで読んだり見たりしました

なんとも・・日本での出来事なんだと…

九州内での事故と言うことも…

 幸いなことに負傷者がいなかったことだろうし

 水道管がダメになっていたら、また二重三重に災難だったろう

関係者や近所の方々の心痛も気になる

こんな構造の日本の現状も

これから先、気ががりの一つでもあろう

Photo

2016年11月 7日 (月)

11月のツリー

11

12月に入ったら、

 クリスマス・冬のイルミネーションなどが輝くだろうと思っていたら

主要駅の近くにツリーの電飾が点いているのを見ました

まだ11月初旬

 寒さは、だんだんと増しているものの

 冬のシーズンには早いかなと思っていたので

少し戸惑っての光景です

2016年11月 6日 (日)

水のない用水路

Photo
この地に越してきたときには

まだまだ田んぼや畑、耕地がけっこうあったのだが

今は埋め立てられれアパートや家が建っている

そんな一角に、いまだに残っている用水路

わずかに残った田んぼに水を引き込むものだ

 春に水が引かれ、夏にせせらぎが涼を呼び

 この時期になると、

 当然のごとく水の流れはなくなってしまった

 だんだん寒さが募っていく季節

 来年の春にまた、水のせせらぎが戻ってきてほしい

2016年11月 4日 (金)

道端の祠(ほこら)

Photo

ときどき自転車や徒歩で通りかかる旧道

この車2台がやっとすれ違える道が、30数年前までは

バスの行き交う道路だったころは知らないが

メイン道路だったろうことは面影がある

 そんな道路の脇に祠がある

 たぶん家の敷地の一角でもあるような気がする

 お地蔵様が祀ってあるようで

 通りかかると、いつも花が添えてある

 立ち止まって見ることは余りないが

 昔懐かしい、そしてホノボノとした風景がある

Photo_2


2016年11月 2日 (水)

夕暮れ時

Photo_2
11月に入って、いよいよ秋本番

いや、少しずつ木枯らしも吹き始めるころなんだろうか

秋に入って、日暮れも早くなっている

6時前の帰宅の時間

あんなに明るかった時間帯だったのに

もう夕暮れが迫っている

空は夕闇を間近に控え

遠くの晴れわたった空は、

ちょっとだけ物悲しい夕暮れを迎えている

2016年11月 1日 (火)

点字ブロック

Photo

最近、事故が起こったということもあり

話題にもなっている盲者のこと、そして点字ブロックなど

仕事の関係もあり

また、サークルとか障害者関係に携わっていることもあり

盲人の方に遭う機会も多い

 そんな中で気になっていることがある

 初心のボランティアの人とか 付添いの方の様子を見ていると

 みなさん周りの様子とか、歩いている時の注意を伝えているようですが

 産まれながらの盲者の方に、「アイウエオ」や漢字の説明をするのですが

 もともと文字を知らない方々が多いのだから

 不要な気がする・・・、そんなことを思ってしまいます

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »