« 小さな橋 | トップページ | 専門部の会、サークル »

2017年2月24日 (金)

急病者

Photo


 出勤時の出来事です

 このところよく利用している電車

 家から自転車で15分ぐらいの小さ目の駅から乗ります

いつものように少し早目について10人ほど座れる待合室で本を読んでいると

近くに座っていた『40歳ぐらいの男性が

 椅子から転げるように倒れたのを横目で見た!

 あっという間の出来事

 待合室にいた4人の女性は一瞬、茫然

 少しばかり救急救命の予備知識があったので

 かけよって「まずは意識確認」・・意識はあるようでした

 「しゃべりかけるけど、苦しい」と聞こえるばかり

 隣りの女性に「駅員に言って救急車」をと要請

 そのに喉を締めつけている洋服と、ベルトを緩めていると

 駅員さんがやってきて「前にも何度か倒れているので、」ということ

 まもなく救急車のサイレンが聞こえたので

 慣れた駅員さんに替わってもらいました





 出勤時間もあったので、ホームに急ぎましたが

 あとで聞くと、テンカン発作のようで

 大丈夫だったようです、、、思わぬ急病人でしたが

 後刻談を聞いて ほっとしたものでした

|

« 小さな橋 | トップページ | 専門部の会、サークル »

つれづれの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345439/69705853

この記事へのトラックバック一覧です: 急病者:

« 小さな橋 | トップページ | 専門部の会、サークル »