« 閉級式、5回目 | トップページ | 朝の沈み橋 »

2017年3月21日 (火)

日本の言葉

Photo


資料の整理をしながら

いつものようにラジオを聞いていました

「おはぎ」と「ぼたもち」の違いを反していました

「ぼたもち」は「牡丹(ぼたん)」の季節過ぎの春の言い方

「おはぎ」は「萩(はぎ)」の風情の言葉との解説

 たしかに春と秋の、美味しい食べ物の表現でもあります




そして、「はんごろし」「なまごろし」の話に及んでいました

「はんごろし」は、もち米・米の粒が残ったままの日本の食べもの・お団子

「なまごろし」は、もち米などを潰してしまった食べ物とのこと

そういえば、落語の話で半殺し・・などの話があります

そのほかにも食べ物にまつわる日本語

『うまくできています、日本語』

風情のままの日本の言葉

そんな共感したラジオ番組と古式日本語です

|

« 閉級式、5回目 | トップページ | 朝の沈み橋 »

つれづれの日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1345439/69990836

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の言葉:

« 閉級式、5回目 | トップページ | 朝の沈み橋 »