« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

ずっと昔の居場所

Photo_2


 先日の研修・出張の折に訪れた関西
 40数年前に2年半ほど住んでいた場所
 それも阿倍野・天王寺の駅付近
 昔は、近鉄百貨店の間を通り抜けて
 種々雑多な家々通り抜けて
 15分ぐらいでたどり着く下宿屋兼アパートに住んでいた


そう思いながら、
時間もあったので、久しぶりに降り立った地
もう それは見違えるほどの変貌があった
ビル群が、あべのハルカスなど高層ビル群になっていて
どこを歩いているのか 分からないほどだった
  唯一、思ったのが
  ・・・JRなどが入っている駅構内は
  ああ、そういえばこんな風景だと思わせる
  そんな佇まいが残っていた
  そうっか、もう40年も ゆっくり散策していなかったのだと
  月日の流れを感じた
Photo_3


2017年7月30日 (日)

サークル例会の新しいコーナー


Photo


 1週間 休んだ手話サークルの例会に参加しました
 今週は 「専門部会」の話し合い
 学習部、事務部、企画部、そして広報部のグループ
 参加者は、ちょっと少な目でしたが
 それぞれに次の企てや計画を話し合っていました

そして、終わり間際の10分間
今回からの新しいコーナー「旬のニュースの発表コーナー」
というわけで、
事務部による「年金受給年齢の引き上げ」というテーマでした
ちょうど60歳を越した我が身としては「旬」でした
30歳代になったばかりの女性会員が調べた情報を
 手話を交えながら発表
これもまた、感心するばかりでした


2017年7月28日 (金)

小学校、廃校に


Photo_2


 わが町の官公庁街・市街地の一角
 仕事場からすぐのところにある小学校
 このまちにやってきてから校舎はそのまま
 体育館が十数年前に建て替えられたほかは
 運動場の狭さも、そのままでした
 それこそ学生・子供数が減ってきたのと
 近くにある 他小学校2つと統廃合
  いや、複合小中学校に生まれ変わるということで
  春先から廃校でした


そんな校舎も
機械、重機が入って、本格的に建て壊しが始まるようです
生まれ育ったまちではないけど
この40年近くは見てきた学校がなくなるのは
やはり一抹の寂しさがあります
Photo_3


2017年7月27日 (木)

セミ・蝉


Photo


  朝早くから蝉が鳴いています
 我が家の目の前は、ちょっとした公園だし
 その横は小さな墓地が連なっていることもあり
 この時期は朝から晩まで泣きやむ事がありません


 夕方、散歩に出たおりに
 木の根元付近に無数の穴を見かけました
 親指大ぐらいの穴があちこちに・・・
   そう! 蝉の幼虫が出た穴でしょう
 木につかまった幼虫が、さなぎになって
 やがて成虫で孵化して飛び立って鳴き始める
 


 そんな蝉たちも
 1週間前後で、その生を終えるということもあり
 せいいっぱい鳴いているのでしょう
 暑い夏、セミの鳴き声しきりです

2017年7月26日 (水)

カセットテープ・ラジカセ


Photo


 一部 マニアだけかもしれないが
 カセットテープで音楽を聴く人が増えているらしい
 もうCDやMDも遠ざかりつつある流れ
 その中で、使われるカセットテープの需要はわからないが
 いまだに我が家には幾つかのカセット機械やラジカセもある


その昔、
オープンデッキというテープがあった時代から30数年になるのか
カセットが主流だった時も長い
仕事的に音を収録するのに使っていた速記の仕事の時代
初めて買ったカセットは 高校の時だから、もう50年にもなる
今更というわけでもないが・・
家のあちこちに音楽カセットがしまわれてもいる

2017年7月25日 (火)

改めて検診、検査


  ちょっと古いことになるけど
 1年に一度の成人病検診にいくたびに
 3~4年前から、引っかかっていた再受信項目
 「胆嚢にポリープがあるから…」というもの
 昨年に紹介状をもらって日赤の病院で検査をしてもらって
 様子・経過を見ましょうということになっていて、1年が過ぎた
 

1年先の予約をしてもらっていたので
仕事休みをもらって朝早くから受信しました
エコー検査とCTスキャンをしてもらって
診断は「去年と大きさは5ミリ程度、少し変形しているようだけど・・」とのこと
また様子を見ることになりました

Photo


2017年7月24日 (月)

駅弁


Photo_2


  電車や新幹線、地域列車に乗った時
  あるいは駅の近辺に寄ったときに楽しみなのが「駅弁」です


昔も今も変わらず、駅弁を売っているし
電車や列車を利用する人々は買ってしまいます
この時代の流れでコンビニ弁当であったとしても
気持ち的には「駅弁」だろうと思います
  そういえば、ちょっと前は飛行機に乗る際の「空弁」というのもありました


 昼時にだったので、
 駅構内で駅弁を買いました
 寿司が半分と、うどんが入っている箱弁
 いろんな種類と、いろんな持ち味があるんだな


2017年7月23日 (日)

研修会参加の出張

Photo


 この仕事に就いて初めての出張でした
 4月から新しい仕事を与えられ
 少しずつベテランの方の仕事を引き継いでいる格好です
 4か月を過ぎ、基本的な勉強の機会ということで
 関西方面で行われる研修に参加してきました


丸々一日の講義を主とした研修
いろんな地方から来た人もいて
久しぶりに新鮮な気持ちになったのと
この機会を いくらかでも仕事に役立たせていかねば…
そんな所感です


2017年7月20日 (木)

器、焼き。

Photo_4

先日の薬がけ・絵付けで焼いてもらった器
 今回は、生徒の何人かが挑戦して焼いてくれました

焼き上がりは・・・といえば
なぜか「カンゲン」がかかっていて
描いた時の色とだいぶ違っていましあtが
そのぶん、面白い絵付けになったようです

 いつも先生たちに任せっぱなしの焼き
 この暑い季節に十数時間もかけての見張りも
 「大変だった」との手伝った生徒の言葉
 この次は、ぜひ挑戦したいと思っています


2017年7月19日 (水)

暑さは増しています

 だんだんと暑さが増しています
もうすぐ子供たちは夏休みに入ります
 至るところで大雨豪雨や
 急な雨やヒョウに驚かされたり、被害で生活が乱れたりしているようです


7月、夏。
梅雨が明けて
居間からが夏本番になっていきます


Photo_2


2017年7月18日 (火)

最後?の「地蔵さん」器。

Photo_2


 休みの日、連休の合間
 暑い日差しが差し込まない休日の午前中
 いつものように2階のベランダで土をこねてみました

先週に焼きあがった器の中で、
いくつか・・5つほど作った地蔵さん陶器
今回が最後と思いながら作って焼いてもらって出来上がりました
今までと、ほぼ同じような表情と丸み、背中に花を活けられるようにくぼみ
違うと言ったら、
 いつもの手に「数珠」を持ってもらった陶器です

2017年7月17日 (月)

室内犬、来訪


Photo


 このところ、ずっと、
二男のアパートに住まいしている室内犬が我が家にやってきています
少し前は、仕事が休みの日に「預かってほしい」ということでしたが、
少し事情が違ったのか、
週末の二、3日世話をしてということから
1週間ほど預かってもらって良いかな・・・ということに


そのうちに、いろいろ事情があって、「しばらく」ということになり
 7月の日、「しばらく」我が家の居間で飼っています
 おかげで、夏の日の何日間か使っていたクーラーがフル稼働です
 室内犬とあって、夜も冷房が必要だとのこと
 「人」以上に気を遣いながらの飼い主です


2017年7月14日 (金)

夏っぽい空

Photo

福岡、大分の日田など九州北部を襲った豪雨から1週間

まだまだ大雨被害の影響はおさまっていないけれど

そして、これからも雨や台風がやってくるのだけれど




 久しぶりの我がまちの快晴空です

 九州南部では梅雨明け宣言があったとのこと

 これから先、あつ~い 暑い日々が続いていきます

 セミの声が聞こえてきました

 夏空がやってきました

2017年7月13日 (木)

生徒数の減

5

 このところコンスタントに出席している陶芸教室

もう入って6年、いや7年に入った

公民館教室で小ぢんまりとやっているだけに

人数は10人から15人程度なんだけど

今年度に入って色んな事情があって減っている

 昨年まで13名いたのに

 夫婦で来ていた旦那さんが病が悪化して二人とも退部

 同年代の3年組は夜勤仕事の替わって来れなくなり

 若い女性が昨年から来はじめていたけど

 しばらく休むとのことらしい




それでなくても、今年度の新生徒募集に

誰一人応募がなかったということで

少々静かな教室が続きそうだ

2017年7月12日 (水)

駅前の新築家

Photo

まだ春先の時に

いつもの小さな駅ホームから見える空き地に

家が建ち始めているのを見かけた

その家にガラス窓が取り付けられ

朝早くから壁紙を張っている業者を見かけていたが



 いつの間にか新築の家が出来上がっていて

 いつの間にか新居に家族が移り住んでいるのを見かけた

 真新しいカーテンやベランダに並んだ洗濯物が見られる

 そして、カーポートが取り付けられているのを目にした

 ここにも 新しい家族の、新しい生活が始まっている

Photo_2



2017年7月 9日 (日)

プールの時間

Photo

この十数年間、週に一度か2度は通っているプール

それが天井落下などの危険が見つかり

2月から5か月間ほど休館になっていたので

その間はだいぶ遠くの公営プールに時々行っていた

それが6月中旬から復旧したことから

またいつもの温水プールに行っている

そうはいっても、なかなか時間がとれなくて

復旧して2度、泳いだだけなのだが




 土曜、日曜日に行くことが多いのだけど

 この時間は子供たちもいることから

 昼時間をめがけて行く

 すると、

 12時になったら「休憩タイム」というのが取り入れられていた

 12時になったらチャイムが鳴って

 一斉にプール、水の中から出される

 5~10分間ほどは「休憩タイム」だそうだ

 ・・そういえば夏のプールは、1時間に1回とか、

 そんなシステムがあったのを思い出した

2017年7月 7日 (金)

台風のあとに 大雨

 台風3号が過ぎ去ったと思ったら

 九州北部地方を中心に すごい大雨が襲来しました

 我がまちでも、降り続いた雨の影響で

 避難場所が開設されたり 特別警報が出続けました

 浸水、土砂崩れ、流され壊された家屋や田畑

 被害に遭われた方々の心境、疲労は続いてます

 まだまだ雨が降ったりやんだりの日々




梅雨が本番を迎え

そのうちに夏が始まるという時期に

大雨、大水害は、まれにみるような気がします

これ以上に被害が続かないことを祈りたいです

Photo

2017年7月 5日 (水)

台風3号

Photo


台風3号が発生して

この2~3日前に日本に近づく!という情報だったのに

夜半から雨が降りだし

東北・新潟地域では雨被害が出始めたと思ったら

九州地方に近づいて

ワッという感じで豪雨みたいな雨をもたらし

また、突風で屋根瓦が吹き飛んだ熊本地方もあったとのこと




 九州地方では、どうにか台風の影響からは脱出したものの

 日本列島のアチコチで雨風の影響をもたらしたままのようです

 これから夏になって、

 梅雨が梅雨らしくなくてダムの水などが不足の状態のままの地方もあるとのこと

 そろそろ夏の暑さと、雨風、雷、日照りに 大雨などの

 そんなニュースが流れてくる ようです

2017年7月 4日 (火)

映画「ムーンライト」

 Photo


「ムーンライト」というアカデミーで作品賞を採った映画を観ました

それも、久しぶりに名画座の良い席で観ることができました

アカデミー授賞式では、ハプニングがあって

思わぬ作品賞の授賞式になってしまった映画作品です

我がまちの小さな劇場で観て

やはり この映画館ならではの上演だなと思った作品・映画でした





 三部の「幼少期」「青年期」そして「成人・大人」になてからの生きざま

 親たちの生き方、共に歩む友達と学生仲間

 青年期に影響を受けた麻薬密売人ならぬ 人生を手招きしてくれた大人社会

 学生仲間と母親に影響されて、青年期に味わった苦痛

 そんな中でのたった一人だけの 良きも悪しきも 友達・・・・

 そして 大人になってからの生き様が、

なんとも言えなかった映画になっていました

ちょっと アカデミー作品にしてはストレート過ぎましたが

「名画座」の映画館では、感動ものの、しばし席を立つことができない映画でした

2017年7月 3日 (月)

結婚式

2971

仕事休みの吉日の日

仕事仲間の一人、結婚式が行われ披露宴に参加しました

30歳になったばかりの良い青年と

同じ仕事に就いている同年代の新婦さん

大きな有名な結婚式場

隣町でもあり、披露宴が夕方過ぎだったので

盛りあがること それ以上ということで

お祝いの席でもありました


 久しぶりの結婚式・披露宴でのひと時でもありました

 付き合いは長いとのこと

 もうお腹にお子さんを加えての式ということもあり

 穏やかな、良い日和でした

Photo


2017年7月 1日 (土)

新築の家

Photo

通勤に利用する郊外の小さな駅

構内から眺めるといろんなことが見えます

このところ気になっているのが

線路の向こう側、線路沿いに何軒かの民家があって

まだ肌寒い春先のころに更地になっていたところが

いつの間にか機材が運び込まれていて

一軒家が建ちそうな気配でした

それが、柱が組まれ、家らしき姿になり

そのうちに壁紙やらしき人が出入りしはじめ

いつの間にか屋根にはソーラーパネルが張られています

「内覧会」の立札が通りに見えるということは

この土地の住まいではないのだろうと

そろそろ家具が運び込まれたりして

誰かが棲むようになるのでしょう