« 開催が続きそうです | トップページ | 田んぼに流れ込む水路 »

2018年5月17日 (木)

持病は長い

「持病」だから、治る見込みはないのか……

関節性リュウマチと診断されて

治療(らしきもの)を初めてから

もう5~6年を経過している

  それまでは膝が腫れて動かなくなったりして

  毎夜、氷で冷やして何とか仕事に出ていたこともあって

  それが10年ほど続いたのだった

Photo


 1か月ごとに大きな病院で診察をしてもらって

 高額な皮下注射を打ってもらうほか

 ちょっと副作用のある薬を飲み続けている

この1年ほどは、1か月ごとが、6週おき、7週おきになって

少しは治っているのかなと思うのだが

完治は難しいとのことで

残りの人生、この病につきあうしかないのかな

|

« 開催が続きそうです | トップページ | 田んぼに流れ込む水路 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 持病は長い:

« 開催が続きそうです | トップページ | 田んぼに流れ込む水路 »