« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

「カメラを止めるな!」映画

 邦画で、話題の「カメラを止めるな!」を観ました

Photo

仕事帰り、我がまちにある名画座での鑑賞です

たしかに面白い映画でした

へえ、と思う以上に、よくできた映画でした

 そういえば、このところ映画を見ることが増えています

 最近、見た映画で特に良かったのが

 「モリのいる場所」「セラヴィ!」「ジェラシックワールド」など

 でも、そんな映画を押しのけて

  「カメラを止めるな!」は好きな映画です

2018年8月30日 (木)

犬の散歩

Photo
アパート住まいの二男の室内犬を預かって

忙しくて帰りが遅いから・・と言っていたのに

我が家にやってきてから相当な期間になります

この暑い夏は、散歩も陽が上がった直後とか

日が暮れかかって地面が涼しくなるころということで

仕事の休みの日の朝と夕方

あるいは仕事から帰って 暮れかかる前に散歩に行きます




  ずいぶん日もたったので、

  犬の散歩の要領もわかってきたし

  フンの始末も慣れてきました

  けど、まだまだ続きそうです

H3055



2018年8月28日 (火)

子乗り自転車

ある日の出来事

暑い日差しの出勤時、それでも雲行きが怪しくなって

いつものように電車を降りたって商店街アーケードを抜けて仕事場へ

怪しくなった空から、急に雨が降ってきて

同じように仕事行きの方たちは急ぎ足のようです




 少し離れたとことで、小さな子供二人を乗せたお母さん自転車

 ちゃんとした子を2人載せる自転車には

 前の座席に1~2歳ぐらいの子、後ろには3~4歳ぐらいの男の子が乗っていたと思う

 たぶんお母さんも急な雨に慌てていたのだろう

 アーケードの切れ目のところで自転車が点灯するのを目撃!

 そばに通りすがっていた会社員らしき4~5人が

 降り出した雨の中を、さーっと駆け寄って倒れた自転車を

 横倒しで転倒した子供たちを助け起こしていた

 幸いにヘルメットをしていた子供たち、けがは大したことがなかったようで

 びっくりしたのと怖かったのか、1分後ぐらいに前に乗っていた子が

 ワーワー泣き出したものの・・・

 お母さんは周りの助け人に「スイマセン」の鳴き声

 3人とも大丈夫のようなのか

 それぞれに降り出した雨の中を足早に散って行きました

 ほっとした、その場でした

Photo

2018年8月26日 (日)

その2 映画祭の会場

 Photo

そうそう久しぶりに行った「湯布院映画祭」

初めて訪れた会場・公民館は、そのままです

1階が駐車場兼事務控室があって

2階=玄関入口があって、ホールやら喫茶店があります

3階はというと、事務控室や図書館、会議室が幾つかあるようです


Photo_2

 そんな「映画館のないまちの映画祭」で有名になった九州の片田舎

 それでも たくさんの観光客と

 たくさんの日本映画好きな人々が集まったひと時でした



鷹ではなく、鷲、鳶

Photo_3

タカではないのだと思う

だったら、ワシなのか、はたまたトンビなのか

種類的に、どの鳥・猛禽類なんだろうと思いながら

Photo_4
出勤時に川近くの上空を飛んでいた鳥

獲物を逃がしたのか、低く飛び始めて

 やがて河原に降り立ったトンビ、タカ、ワシ

ずっと上空を飛んでいるイメージか

テレビなどで観るように崖下で子育てをしている想像しかできなかったので

降り立った鳥を間近で見ることが不思議な感じでした

 “それにしても、この鳥が鷲なのか、鳶、鷹なのか”

 判別ができません・・・・

Photo_5




2018年8月25日 (土)

しばらくぶりの「湯布院映画祭」

Photo

 何年ぶりだろう

久しぶりに映画の祭典「湯布院映画祭」に参加してきました

「映画館の町で日本映画を」というキャッチフレーズでやっている映画祭

1日ぐらいは観に行きたいなあと思いつつ

この数年間はご無沙汰になっていました

Photo_2

 内外の国の観光客でにぎわう駅に降り立って

 歩いて数分の公民館に着くと

 懐かしい古い公民館の建物があり、その玄関を入ると

映画大好き人間がたくさんいました

そうそう、43年目の映画祭

2回目に初めて連れられて行ったのがきっかけでした

そのころは、至るところで「地方 映画祭」が盛んに立ち上がっていて・・・

そんな映画祭も長年続いているのは数少なくなっているようです

晴天・酷暑の炎天下のもと、1日3本だけの観劇でしたが

堪能した映画の時間でした

Photo_3



2018年8月22日 (水)

台風、また台風

 今年は、酷暑の夏

 それから、台風が多く発生しています

 台風18号から、台風19号が過ぎ去っているかと思えば

 すでに20号が日本列島にやってきています



昨年は、九州北部豪雨や台風15号の九州直撃などもあって

今年は西日本豪雨や関東、東北地方などの大雨など

ひっきりなしに災害が起きています

まだ今からが台風シーズンになっていきます

今回の台風が何事もなく過ぎ去っていってくれればいいんですが・・・

Photo

2018年8月20日 (月)

夏野菜から

暑い、酷暑の夏のせいもあり

野菜の高騰が続いたり、品薄だということ

そんな夏野菜の作られた近くの小さな畑

Photo_3

今は蔓が枯れかかったキュウリやトマト

それにトウモロコシの採れた幹など

それらが耕されて畑があって

小さなネギ系の畝があるほかは土がむき出しになっています

暑い夏が過ぎる頃

これからどんな野菜たちが芽を出していくのだろう

2018年8月19日 (日)

大きな器

Photo

先日から作っている器

恒例の陶芸祭に出品するためのモノ

例年行われる催し物に出し始めて4年、5年目になるかな

仲間の教室生が出すので一緒にということで

半分は惰性気味で出品するのだけど

 今年は、少し考えて作ろうと思い立ち

 休みの時間をかけて、大きなものを作り始めた

 あとは、少し形を整えて

 少し絵でも描いて仕上げのつもりだが・・・

Photo_2


2018年8月17日 (金)

少し涼しくなった朝

夏、8月も中旬

6~7月の梅雨時期も短かった

猛暑、酷暑の夏

まだまだそんな暑い日々が続くのか…

Photo


お盆の時期過ぎ、2~3日が曇りと雨の日があったせいか

少しだけ涼しい朝になりました

心地よいと思える風が吹いていました

Photo_2

2018年8月16日 (木)

城址公園、光の城

Photo

我がまちにある城址公園

その昔、築城された跡だということ

もちろんきれいな水の堀があって

石垣も、正門であったろう柱も残っていて

地域の小さくも、立派な城であったことは想像がつく

  そんな城跡も、今は隅っこが公共の駐車場として使われ

  ただ単なる公園・広場として使われている

Photo
そして今年の冬に試しにということで

城を模した電飾構造物が夜を飾っている

たしかに初めて目にする折には、びっくりするし

「すごい、城だ」と思ってしまうほどの迫力もうかがえる

 しかし、それを見る機会があるのは遅くまで残業した帰りの人か

 この近辺に住んでいる人だけだろう

 その辺は、ちょっと寂しい気がする

2018年8月14日 (火)

アサガオも花盛り

812
まだまだ暑い日が続きそうです

梅雨時、春過ぎに種を蒔いたアサガオ

今年は、少し多めに蔓も伸びているなあと思いながら

一番最初にピンクの花が咲いたのは7月の初めだったように思います

それから、暑い、酷暑の日々が続いて……

 アサガオのツルは伸びたのに、葉っぱは今一つ

 けど、花は毎朝2~4、5個が咲いています

 この厳しい暑さがなくなるのは いつなんだろう

 そんなことを考えてしまう夏ですが

 アサガオの花が咲くのは、毎朝の楽しみでもあります

2018年8月13日 (月)

お盆、そして終戦記念日も。

 8月も中旬になります。

 お盆に入ります。

 日本の古来からの伝統というか、ならわしです。

Photo

13日を前に、義実家のお墓参りにも行きました。

 久しぶりに義実家にも顔を出してもみました




そして、15日は「終戦記念日」でもあります

 広島、長崎に落とされた原爆のニュースなどもあり

 本年が終戦から73年目ということで、

 あらためて随分年月が過ぎて

 日本での戦争、終戦直後の悲惨さを知る人々が少なくなってきました

 その恐ろしさ、むごさや、戦後直後の悲惨な世の中は

 直接の体験者ではないけど、経験したくない事です


2018年8月12日 (日)

変化なしの持病

 ずっと前からの病

 もう10数年、いや20年近くになります

「リウマチ」と診断されてから7年になって

その前から膝が悪かったり、手首が痛かったり

それ以前は、時々膝に水がたまって・・など



 そんな持病を持っていることを診断されたのが7年前ぐらい

 それからは薬と1か月ごとの皮下注射

 何年かたったら完治するのかなと思っていましたが

 そうはいかないようです

もう、歳相応に、オジイさんの領域に入っています

それでも普通に動けること、痛みがないことを ありがたいと思っています

Photo

2018年8月 8日 (水)

演劇

Photo
地方で活躍している小劇団の芝居を観ました

手話サークルの会員の出演者が出るというのやら

もともとそんな小劇団の芝居に興味があるということもあり

観に行ったのですが

小さな小さなホール(20~30人ぐらいの客)での芝居

ホントにお客に混じって演技者がやっているのも面白かったし

独特の脚本もまあまあでした

 そんな小さな劇団が地方に行ったらたくさんあります

 それぞれに大好きな演技者が仕事の合間に稽古を積んで

 たくさん観てもらいたいと思いながら やっているのだろ思います

2018年8月 7日 (火)

田んぼの稲

Photo

春過ぎに植えられた苗

すっかり伸びて青々としています

引かれていた水路の水も少な目に流れ始めたり・・

この暑い日差しも浴びながら

少しずつ稲が大きくなっていっています

Photo_2

 ここだけは、昔と同じ日本の風景があります

 住宅地の間に残っている田んぼの夏

2018年8月 5日 (日)

夏のまつり

Photo
暑い夏になっていまして

夏まつりも各地で催されています

我がまちでも「七夕まつり」と称した夏祭りが週末にかけて行われています



 商店街の飾りつけがあり

 夕方から夜にかけての山車などが出て踊りもあります

 どこからともなく祭りのお囃子も聞こえ

 最終日には一級河川沿いで花火大会もあります

 夏本番、そしてお盆を迎える準備に入ります

Photo_2



2018年8月 2日 (木)

西瓜・スイカ

Photo

公民館で陶芸教室の終わりの時間

生徒の一人が実らせたスイカを持ってきたということで

みんなにふるまってくれました

  大きなスイカが実ったようで、甘い味も申し分なし

  こんな大きなものが何個も実っているという




そういえば、今年初めてスイカ・西瓜を食べた

昨年も食べたかな?

夏の食べ物といえば、かき氷、とうもろこし、アイス…

 美味しい夏の食

 持ってきてくれた人に感謝です

2018年8月 1日 (水)

ろう者等のための防災マニュアル

昨年の秋ぐらいに声があって

半年以上をかけて作ってきた冊子

聴覚障害者、盲ろう者向けと、その支援者向けであり

このところ色んな災害もあることから

我がまちも含め、7つの団体代表者が何度か集まり

ああでもない、こんなことが必要、いやーわかりにくい

実際に災害が起きたら・・、こんなパニックになる……など、

いろんなことを想定して会議を重ね

 いざ、冊子の編集、校正の段階では3人の編集員になり

 7回の校正を経て完成になりました

Photo

 いろんなところで使われて欲しいとの願いと

 役だって欲しいのもあります

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »