« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月30日 (日)

年の瀬

 いよいよ平成30年、2018年も押し詰まってきました

寒波がやってきて西日本や東北では

  雪や風の影響が出ているようです

今年の仕事納めも済んで、我が家の掃除・片づけを…

そうは思っても、寒さの中で、なかなか進みません

そういえば昨年も同じようだったと思いながら

少しばかり窓の掃除やら、ふすまの修繕などを行いながら

そうだ、器を1個つくろうかなと

違うことを思いついたりして、まだ年末片づけが後回しになりそうです

Photo

2018年12月29日 (土)

駅舎のエレベーター工事

我がまちの、少し郊外の駅の

無人化駅に伴う改修工事の一つに

晩秋から始まっている改札口とホームを結ぶエレベーターの工事

Photo
駐輪場の一角から見ると

やはり大がかりな工事のように見受けられます

障害者や高齢者、足腰に難の方や小さなお子さん連れの方にとって

この時代には階段の上り下りについて

エスカレーターやエレベーターが必要でしょう

  そんな工事が始まって少し過ぎました

  骨組みみたいな形ができたところで

  年末でもあることだし、今日から仕事がストップしているみたいです

Photo_2

何はともあれ

電車を利用する弱者にとっては

何物にも代えがたい工事、完成を待っていることだと思います

2018年12月27日 (木)

夜の公園

小さな公園だが

我が家の前にちょっとした公園がある

春には桜の木々が一斉に花を咲かせ

夏には子供たちの歓声と、夜には手持ち花火を夜遅くまでやっている家族もいる

秋には2本だけあるイチョウの黄色の葉がきれいで

この時期は葉っぱを落とした木々が寒そうだ

Photo

公園を照らす街灯のもと

しばし目をやった公園

 そういえば20数年前にこの地域にやってきて

 あの頃はまだ桜の木々も苗木のように小さくて

 遊具も新品で、ブランコをこぐ親子連れの姿もあって

 フェンスもきれいだったような気がする

 ここにも年月の歳月を感じた夜でした

2018年12月25日 (火)

快晴の日

Photo_2

秋から冬へ

本格的な冬がやってきたと思っていたら

秋晴れではなく、冬晴れの良い日があった

日中の気温はポカポカと暖かく

どうかすると、草の中で昼寝でもしたくなるような…

Photo_3

川面に映る景色も気持ちよさそうな空があった

 けど、やはり冬・・

 






2018年12月23日 (日)

忘年会 真っ盛り

12月も後半にさしかかっています

アチコチでクリスマスの曲が流れ

夜の街では忘年会に向う人々

夕暮れ時には華やかなイルミネーションの中をにぎやかに店に向かう人々

Photo

ご多分に漏れず、仕事場の忘年会が金曜日にありまして

週末には手話サークルOBの仲間との忘年会・懇親会に参加しました

今年も いろいろあったな、忙しかったね…との話を肴に

いずれも楽しい会を満喫しました

Photo_2

2018年12月21日 (金)

例会・クリスマス会

Photo
今年も、サークルの恒例行事のクリスマス会がありました

例会の一つで、ろう者も会員も交えて

美味しい料理も食べながらの語らいとゲームなど

今回は 企画部員ととして進行とゲーム担当をしたので

仕事を終わってすぐに出かけたら、

すっかり会場・教室は飾りつけが済んでいて

始まる直前でした

Photo_2


毎回のことながら、ケーキや揚げ物、デザート系まで

会員の何人かが手作り作品を持ち寄って

参加者には食べきれないくらいの料理

 初めて会うようなろう者も参加してくれて

 和気あいあい、にぎやかな中でのクリスマス会

 ゲームも2種類用意して、楽しんでもらって

Photo_3

最後には、それぞれに300円のプレゼントを出し合い

そして交換して、にぎやかで華やかなクリスマス会でした

 「今年はこれで最後の例会、年度は、まだ続きます、

サークルも、まだまだつづきます」との副会長の絞めでお開きになりました

2018年12月20日 (木)

今年最後の陶芸教室

 12月、年末の時期

 今年の公民館「陶芸教室」は

 今年の最後の教室でした

Photo

たしか正月休みに 我が家で一つ器を作ったような気がします

今年は新しい教室生は入らず

昨年のメンバーのままでの教室でした

教室のほかに、春と秋には「こども陶芸」の手伝いや

秋には近くの中学校の1日陶芸の指導

銀行のロビーを借りての展示会などもありました

  後半は、別のサークル活動と重なることが多く

  なかなか参加できなかったけど

  12月に入って、来年の干支の「イノシシ」を作りました

  今年もまた、納得できるような器ができなかったから・・・

  来年に持ち越しかな。

2018年12月19日 (水)

MRI検査

11月にやった成人病検診で

前立腺肥大の数値が幾分か上がっているということで、

ちょうど持病の検査・治療もあることから、

大きな病院でMRIの検査を受けました

  MRIを受けるのは初めてではないものの

  予約をしていたにも関わらず、時間どおりにはいかず

  「ガンガン、ガタガタ」と響く検査機械の中に入れられ

  30分ほどの我慢・・・

  なんとか終了しました

Photo

 検査結果は、数日後でないと分からないということから

 この次に通院するときに結果を聞くか、

 もし早めに通知が必要なら連絡するとの

 担当の医師から告げられました

2018年12月17日 (月)

ケイタイから スマホへ

Photo

2~3週間前にケイタイから脱皮しました

いわゆるガラケーを使っていて

あまり不便も感じていなかったのですが

電池の減りは早いし、文字盤の至るところが壊れてしまって

おまけにガラケーで検索できるのが「乗り換え案内」ぐらいになってしまって

パソコンが近くにない時には困ることもあるので

・・・まあ、時代の流れでしょうか

 ガラケーから・、普通のスマホに買い換えました

Photo_2

 買った1週間ぐらいは何をどう扱ったらよいのか

 メールを打つのに、勝手が違う「あいうえお」・文字盤の惑いましたが

 この歳になっても少しは使えるようです、スマホ!

 でも、やっぱりメールを打つのが主流になりそうです

2018年12月16日 (日)

手話言語の法・条例

 Photo


手話サークルの関係もあり

 

終末の時間、ある会議に参加しました

 

手話言語法の制定が国への要望なら

 

地方、地域では、手話言語の条例を制定してほしい

 

条例をつくり、日本語と同じようにしてほしいという願いがあります

 

そういう準備の会が開かれ、一員として出席しました

 

 

 

  


   市町村長、あるいは市町村議会への請願・陳情・要望を

 

  まずは 提出することからの初めです

 

 

 

2018年12月15日 (土)

来年の干支・器

 

本年も残り少なくなってきました

干支で言うと、今年は戌年でした

年賀状とか 年初めに犬の置き物などがたくさんありました

 



 今年ではなく

 来年は、「平成」最後の年ということです

Photo_2

 だからというわけではないけど、

 来年に向けての「年賀状」の画像をどうしようかなと思っているところです

 このところ版画とか、塗り絵とかがあるから……

 でもやっぱり、普通の年賀のあいさつでも良いかなと思いながら

 12月に入っての、少しゆったりした日の出来事です

 

2018年12月14日 (金)

夕暮れ

Photo


はるか遠くに小高い山々が見え

向こう側に郊外の商業施設らしき影があり

その向こうに陽が沈んでいきました



 秋から冬

 そして冬が本格化していく日々

 日暮れは早い時間にやってきます

 川面に映る小さな橋、学生たちの自転車帰りも寒そうです

 川の向こうに灯る家々の明かりがあったかく見えます

 

2018年12月13日 (木)

郊外駅のエレベーター

 通勤や、市街地などに出かける折に利用している駅

 ちょっとだけ郊外なので、ホームへの通路は

 親切な駅員さんのいる改札口を通って、階段を上り下り

 殺風景なホームでもあります

Photo

今はまだ常時 駅員さんが2人ほどいるけど

無人化駅の候補にも挙がっています

それだから……というのもあるのでしょうか

先日から工事をやっていると思っていたら

どうやらホーム行くためのエレベーターの工事らしい

Photo_2
今日も朝の出勤時

工事関係者の人が合羽を着こんで

アチコチを走り回っていました

 たしかに便利になるのだけど

 駅員がいなくなるのは困ってしまう向きもあります

2018年12月 9日 (日)

プールで運動

このところ、これもまた久しくなってしまっていたプール

 

週に1度か2度だけだけど

 

ちょっとした運動になるかなと思いながら通っている温水プール

 

先週から復活しています

 

だんだん寒くなってきて、プール利用者も少なくなっているかと思えば

 

そうではないようです

 

水中歩行をする人も、定期的に泳ぎにきている人も

 

この季節は、あまり混まないものの

 

それでも時間帯によっては泳ぎにくいコースでもあります

 

Photo


 だからというわけではないけど、

 

 土曜日や日曜日の昼をめがけていって

 

 30~40分間ほど、休み休みの時もあるけど

 

 コンスタントに続けています

 

 これはまた、風邪予防でもあるかなと思いつつ

 

 

 

2018年12月 7日 (金)

「CODA(コーダ)」の方の講演

陶芸教室も久しぶりだったのと同じく

きちんと参加するのは久しぶりだった手話サークルの例会

今回は、「CODAに生れて」という講演でした

「CODA(コーダ)」という言葉は

家族(祖父夫婦や両親、兄弟など)がすべてろう者の家庭で育った健聴者の方の

育った環境やいきさつなどの講演でした

D0070316_08463600

我がサークルにも、そういう環境に近い会員がいます

よく聞く話は、子供のころは嫌だった、悩んだ!という声を聴くけど

講演者は少し違っていました

周りの奇異な目に気付かなかった、良い家族だったという話

そして、現在の聴覚障害者たちとの付き合いがあるとの講演

少し認識も、知識も変わった体験でした


2018年12月 6日 (木)

1か月ぶりの陶芸教室

久しぶりに陶芸教室に参加しました

急に用事ができたり

先生の都合によって取りやめになったり

そんなこんなで1か月ぶりにキチンと参加しました

Photo


秋になって家で土を扱うこともなくて

教室に入って何を作ろうかと思っても

ピンとしていなくて………

 そんな状態での教室

 来年の干支でも作ろうかと始めたけど

 イノシシの形だけ作ったところで

 時間がきてしまいました

2018年12月 5日 (水)

黄色・銀杏の海!

 少し寒さも緩んで

 

 記録的な12月の気温というニュースが流れた日

  雨上がりの郊外の駅前の銀杏の葉っぱが

 一面に広がっていました

Photo

小雨が降ったあとの朝のひととき

 

少し晴れ間がのぞいて、午前中は優しい秋の日になりそうだとのこと

 

いつものように通勤の時間帯

Photo

 忙しい時間帯なのに

 

数人が足を止めて眺めていたようです

2018年12月 2日 (日)

恒例のイルミネーション

Photo

12月になりました

クリスマス商戦ということもあり

今年も、我がまちのメインストリートには 華やかなイルミネーションが灯り

聞こえてくる街頭の音楽は「クリスマス」が多いです

 子供頃には、ようやくコーヒーとか紅茶が出てきた時代なので

 どっちかというと、

 「年末に近い商戦」、これから冬に向っての行事が多かったのですが

 今は、クリスマス、年末など… …

Photo_2

2018年12月 1日 (土)

少しショック、歯

 歯医者さんって大事だと思う

 昔、むかしのことだけど、熊本の田舎に住んでいた時

 まだまだ「歯医者」と名のつくような医院はなかった

 というか、覚えている『限りは1軒だけだったような気がする

11
大人になって

ホントは 2軒目の歯医者の医院

このまちにやってきて、ずっと通っていた歯医院がなくなって

もう5~7年ぐらいになるのかな

 

それから過ぎて2年ほど通っている歯医者さん

 年に2回ほど来て!…とのことから通っているのだけど

 最初の時に入れ替えた差し歯が調子が悪くって

 そんなことがあって

 何とも難しい歯医者・歯科医院の通院

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »