« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月30日 (木)

夏の空

Photo_20200730065602

7月も残りわずか

例年であれば、子供たちが夏休みに入っていて

朝から広場で友だちと走り回っていたり

公園の林の中で蝉採りをしていたり

どっかに旅行に行くしたくをする時でも…

Photo_20200730065601

まだ梅雨明け宣言がないけど

久しぶりに晴れ渡った空

青い空に薄い雲が浮かんで7いて

すっかり夏空です

Photo_20200730065603

2020年7月28日 (火)

金物店

「昔、ネズミ捕り器があったね」

「釘とか、ペンキとか売っている店にバケツを買いに行かされた」……

そんな話から

そういえば、郊外の、今はさびれているけど

商店街だった真ん中辺に「金物店」があるなあ

Photo_20200728070801

懐かしい話とともに

「あの店だ」と思った

通り過ぎる時は閉まっているように見える店

実は、正面玄関ではなく

  裏っかわは、ちゃんと開いていて

  今でもちゃんと営業を続けているとのこと

Photo_20200728070802

器具、、金具、雑貨、なんでも屋さん、

そんな店

ふと立ち寄ってみたくなった

 

 

 

2020年7月26日 (日)

要約筆記の勉強

5月末から始まった「要約筆記者養成講座」

ほとんどの毎週土曜日、4時間のo講座

2カ月が過ぎようとしている

Photo_20200726173002

中途失聴者や難聴者を対象とした要約筆記

手話と違って

また難しい勉強だと思ってはいたが

思っていた以上、考えていた以上に難題だ

 手書きではなくパソコンコースを選んだのは

 本来の仕事、速記が出てきてしまうので

 パソコンなら、少しはできるかなと思っていたが

 なかなか早くに打てない、思うように要約ができない

Photo_20200726173101

 講座、講演が進み、実地練習に入るにしたがって

なかなか追いついていかないとか

キーボードを使いこなせないという現実

「練習しかない!」という教師の言葉

身に染みているところだ

 

 

2020年7月22日 (水)

コロナウイルス禍

このところの新型コロナウイルスの感染者数

ずっと、すごく気になるところです

東京や、その近辺、大阪や愛知など

すごく増えているし、毎日を更新しています

 九州内も福岡、鹿児島、長崎など

 感染者の数値こそ一けた台が多いものの

 一時期の自粛の時期と比べたらずっと多い

Photo_20200722065301

政界、経済界、観光産業など

いろいろ頭が痛いことは確かだけど・・

この数は、やはり納得できない

 怖さ100倍という心境です

 

2020年7月20日 (月)

名残り「たばこ店」

国道から ちょっと脇道に入った通り

美容室やお茶屋さん、食堂など

昔からの幾つかの店が残っている住宅地の中に

「たばこ・TABACO」と書いた看板が下がっている

Photo_20200720065201

たばこを売っていた出窓みたいなところには

シャッターが閉まっており

わずかに庇があるだけだけど

たぶん、昔からあっただろう面影がある

Photo_20200720065202

2020年7月17日 (金)

白いアサガオ

7月も下旬に入りました

雨は、まだまだ続きそうです

Photo_20200718083802

6月の後半、例年のように

 10数個の朝顔の種を蒔きました

けど、なぜか3つだけしか芽が出ず

それでも、少しずつ育っているようなので

伸びていくツルのためにネット張ってあげたのが数週間前

Photo_20200718083801

やっと、今年初の朝顔が咲きました

それも「真っ白」の花

小さな我が家の花壇に新鮮な白いアサガオです

この雨が終わって

だんだん暑くなり、夏になる

もうすぐです

 

2020年7月14日 (火)

カッパ(合羽)を購入

熊本・九州全域を問わず

至るところで発生している自然災害・豪雨の影響

Photo_20200714065502

今日も朝から合羽を着て、長くつを履いて

自転車にまたがっての通勤

余りにも雨がザーザーで

 前が見えないような状態

近くの駅の駐輪場で合羽を脱いで

 長靴を皮靴に履き替えて列車、あるいはバスで仕事場に向かいました

Photo_20200714065601

何日も続く雨の日々に

合羽が乾く間もないことから

2つ目の合羽カッパを購入しました

 

2020年7月13日 (月)

器・箸置き

 最近、・・・凝っていたのが箸置きづくり

凝っていたというか

毎日の食卓で、なんか欲しいなあと思っていた

Photo_20200712215101

 箸置きは、

   今回は犬の形

次男から預かっている・・・

というより

もう我が家に来てから2年を過ぎてしまったが

「コーギー犬」の形をもじって

箸置きと、もう一つ

 スプーンと箸を並べて置くときに一緒に置けないかなと思って

ちょっと大きめ、、、ちっと平たいモノを作ってみた

 今回のコロナの関係で、先生宅の薬掛けも 焼き窯も

いつになるか、分からない中

まずは、形を土コネしてみた休みの日

 

2020年7月11日 (土)

雨、雨・・・

日本列島、梅雨の時期でもあるのだけど

今年は、この時期に雨・豪雨が続いています

Photo_20200714065502

夏前の暑さではなく

とにかく、豪雨、雨の連続のようです

Photo_20200714065501

7月も半ばになろうとしています

たしか……

 例年であれば、「雨が続いて洗濯物が乾かないなあ、

    明日ははれるかなあ。」

 あるいは、「梅雨なのに雨がすくないなあ」

そんなことを言っている季節のような気がします

Photo_20200714065601

2020年7月10日 (金)

フェイスシールド

Photo_20200705200302

新型コロナウイルスの感染は、

まだまだやみそうにない

都会部では、いろいろ問題視される事項もでてきているようだ


Photo_20200710071301
 マスクや消毒液などの品不足の課題は

 このところ、何とか落ち着いているようだ

先日の聴覚障害者関係の研修の際に渡された「フェイスシールド」

実際には、仕事関係で目にしたことはあるものの

始めてつけた感じは、

 少しの時間なら……

マスクよりも、ずっと楽で、声も発音しやすいように感じた

ろう者が口元が見えない、言葉が読めないという課題が

少しずつ世の中に浸透しているようにも思える

そんなきっかっけの一つにもなったシールド

週末の研修には、これを使っての研修が待っている

 

2020年7月 8日 (水)

続く豪雨・水害

熊本で大きな水害があったばかりだというのに

雨の被害が続いている

 各地で豪雨が続き

 毎日のように、警戒情報やニュースが流れている

6_20200708065901

 梅雨の時期だからというのではなく

この時代の大きな変化だとも思う

新型コロナウイルスが、まだまだだし、

この豪雨・水害もなくなってほしい…

2020年7月 5日 (日)

週末に小規模「歓送迎会」

 先日も、仕事の関係で

  久しぶりに宴会めいたものがあったのだけど

今週末

 4~5人体制の仕事仲間の「歓送迎会」がありました

Photo_20200705204701

そうはいっても、いろいろ都合もあって、

急に部署・班に入ってきてくれた人が来れなくなったりしました





 それこそ人事異動があった4月の初めに行われるはずだったのに

のびのびになっていた歓送迎会

 一応の区切りをつきました

大雨、豪雨

 我がふる里の・・・

昨日からの豪雨の影響で

故郷の近辺、、人吉、球磨郡などの地域

熊本の南部を含めた地域の被害がニュースにもなっている

Photo_20200704222201

 毎年、多発する台風や豪雨、長雨による水害など

甚大な被害が伝えられてしまう

 今年は、特に新型コロナウイルスの影響もあり

 大変なことになってしまう・・

 

2020年7月 3日 (金)

例会はゲーム

手話サークルが再開して3回目

室の人数制限や密接の関係もあり

 部ごとに話し合いが続いていたけど

しばらくぶりに定例の例会をやった

2_20200703070101

 企画部担当のゲーム

背中に張った絵(動物、昆虫)を他人の言葉をヒントに当てる、

「私は誰・何でしょう?」の遊びや

簡単ジグソーパズル、そして切り絵など

Photo_20200703065601

人数の関係で、2室に分かれての例会

楽しかった

 けど、

出席者全員がそろってやりたいネとの声も多かった

 

 

2020年7月 1日 (水)

映画「ビッグ・リトル・ファーム」

先日、久しぶりに映画館に行きました

名画座でもある映画館、ホントに久しぶりでした

Photo_20200630221901

観た映画は、ドキュメンタリー映画で

「ビッグ・リトル・ファーム」という

 ある夫婦が、買い始めた犬をきっかけに

 都会を離れて、未開地・荒廃した土地を買い求め

 苦難・困難。いろんな経験をしながら果樹や家畜、農作物を育てていく……

 それも、まだまだ続く自然の営み、、、という映画でした




ドキュメンタリー映画の特徴でもある過去からの脱出

・・良い方向に向かっているというよりも

今現在、苦難も含めて

   いまだに未開の途中でもある自然の営みというのもあり

久々の映画であったので、

楽しめました

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »