カテゴリー「心と体」の記事

2018年12月 1日 (土)

少しショック、歯

 歯医者さんって大事だと思う

 昔、むかしのことだけど、熊本の田舎に住んでいた時

 まだまだ「歯医者」と名のつくような医院はなかった

 というか、覚えている『限りは1軒だけだったような気がする

11
大人になって

ホントは 2軒目の歯医者の医院

このまちにやってきて、ずっと通っていた歯医院がなくなって

もう5~7年ぐらいになるのかな

 

それから過ぎて2年ほど通っている歯医者さん

 年に2回ほど来て!…とのことから通っているのだけど

 最初の時に入れ替えた差し歯が調子が悪くって

 そんなことがあって

 何とも難しい歯医者・歯科医院の通院

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月31日 (水)

なぜか気になる体

 先週の終りに

いわゆる成人病検診を受けました

特別に指摘されるようなこともなく

今年は、たぶん再検査なしということだろうと思うけど

なぜか、気になることがありました

検診のあと、その日にわかる検査結果の医師の話があるのですが

「昨年と比べたら前立腺の値が上がっているのですが・・」とのこと

特別に自覚症状はないものの

やはり苦しむのと、嫌なまま過ごすのは嫌いです

Photo


 ちょうど週があけて、持病のリウマチ&膠原病の通院があったので

この次の時にMRIの検査をやってみましょうという医師の診断があり

受けることにしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月12日 (日)

変化なしの持病

 ずっと前からの病

 もう10数年、いや20年近くになります

「リウマチ」と診断されてから7年になって

その前から膝が悪かったり、手首が痛かったり

それ以前は、時々膝に水がたまって・・など



 そんな持病を持っていることを診断されたのが7年前ぐらい

 それからは薬と1か月ごとの皮下注射

 何年かたったら完治するのかなと思っていましたが

 そうはいかないようです

もう、歳相応に、オジイさんの領域に入っています

それでも普通に動けること、痛みがないことを ありがたいと思っています

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

持病は長い

「持病」だから、治る見込みはないのか……

関節性リュウマチと診断されて

治療(らしきもの)を初めてから

もう5~6年を経過している

  それまでは膝が腫れて動かなくなったりして

  毎夜、氷で冷やして何とか仕事に出ていたこともあって

  それが10年ほど続いたのだった

Photo


 1か月ごとに大きな病院で診察をしてもらって

 高額な皮下注射を打ってもらうほか

 ちょっと副作用のある薬を飲み続けている

この1年ほどは、1か月ごとが、6週おき、7週おきになって

少しは治っているのかなと思うのだが

完治は難しいとのことで

残りの人生、この病につきあうしかないのかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

風邪を引いた

どうも、久しぶりに風邪をひいてしまいました

先週末から3連休だったのに

週末と連休1日目に無理をしたのがたたったのか

休み中、ずっと寝たり起きたりの日々でした

 熱があったせいか、頭痛はするし、

 風邪の間は持病の薬を控えなければならず

 あれやこれやと・・・

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

改めて検診、検査


  ちょっと古いことになるけど
 1年に一度の成人病検診にいくたびに
 3~4年前から、引っかかっていた再受信項目
 「胆嚢にポリープがあるから…」というもの
 昨年に紹介状をもらって日赤の病院で検査をしてもらって
 様子・経過を見ましょうということになっていて、1年が過ぎた
 

1年先の予約をしてもらっていたので
仕事休みをもらって朝早くから受信しました
エコー検査とCTスキャンをしてもらって
診断は「去年と大きさは5ミリ程度、少し変形しているようだけど・・」とのこと
また様子を見ることになりました

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

少々疲れぎみ

 このところ手話サークルのことやら

 我が家でのバタバタがあったりして

 ちょっと疲れぎみ

 風邪っぽい症状が続いています

 1~2年前なら、仕事が詰まっていてとか、残業続きでなど

 仕事柄が主を占めていたのに…

 仕事は 今はキチンと終わるし休みもある分

 ちょっと油断したのかなと思います





サークル関係では、6月末にある大会の主管を担っていて

朝晩の問い合わせ、指示メールの整理やら

参加者の弁当注文に備品の調達、スタッフの呼びかけなど

久しぶりに大忙しさの毎日です

「ああ、こんな対訳、引き受けなければよかった」と思っても

もう後の祭りです

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

健診

Photo

 一度、仕事を退職した身だから

 仕事場の関係ではなく、自身で健康診断をしなきゃと思っていた

20歳を過ぎてからの体

そして30歳代、40歳代の身体の健康

50歳」代になってからの成人病検査など

その歳々で体に気を遣いながら

それでも その健康診断のわずらわしさもあったような気がする

 この60歳を過ぎる歳になって

 健康のありがたさをつくづくと感じる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 5日 (月)

「障害者」について

「障害者」の表記を

「障がい者」や 「障碍者」と書くようになってから久しい

  灰谷健次郎さんの著書の中に、こんなのがある

 「オッチャン、どっちの足が悪いの?」と聞く女の子に、

   「このブラブラしている右足やけど。でもさ、この右足が何か悪いことでもしたのかな?」「動かんかったら、悪いこともでけへんのにな…」 と。

 ちょっと考えこんでしまう一説でもあります

Photo_3

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月20日 (水)

持病診察の先生

410

1カ月 あるいは1カ月半おきに行っている総合病院

冬の間、少し調子が悪くって

やは1月にごとに診察・検査に来て治療を受けたほうが良いよと言っていた先生

主治医になって、この病気と診断されて4年近くになる

リュウマチ、膠原病・・難病なので・・

でも、治療をすると、しばらく普通の生活になって、という日々です


 そんな主治医の先生が代わってしまいました

 もっとも大きな総合病院なので、そんなことも予期していたけど

 新しい先生に 少し不安で、少し話もできて

 まだまだしばらく続きそうな病

 時間をとってもらって相談もできたような診察でした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧