フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「サークル等の活動」の記事

2019年11月17日 (日)

秋の行事、開園祭

Photo_20191117073402

先週の休日の日

恒例の知的障害者施設の「開園祭」に参加しました

 もともとは、ろうあ者たちの子供たちの寄宿舎でもあった寮

 今はろうあ者はいなくなったものの

 知的障害者の子供が育っている施設

Photo_20191117073403

毎年の恒例になっている行事で

テント2つを分けてもらって

手話サークルで近所の子どもたち用にもゲームなどをやっています

Photo_20191117073404

折り紙コーナー

風船ふくらまし、プレゼントコーナー

オセロや神経衰弱などの道具をそろえて

たくさんの子どもたちや親子連れで賑わいました

Photo_20191117073401

 今回は、初コーナーで

 「手話をやってみませんか!」コーナーも設けて

 開園祭の最後には「踊り隊」が手話歌や踊りを披露しました

Photo_20191117073501

2019年11月14日 (木)

ミニのホワイトボード作り

Photo_20191114214801

先週の手話サークルの例会で

ミニホワイトボードを作りました

ろう者と会話をする時などに必要なメモ帳

 少し前にサークルの企画部員が集まって

 詳しい人から作り方や材料を習いました

例会では、会員がハサミやらカッター、定規を使って四苦八苦

企画部員が少しずつ手伝いながらの作業

Img_3736

 出来上がったホワイトボードを

さっそく使っている光景も見られました

 

  材料をそろえて準備したくれた人に感謝です

 

2019年11月 6日 (水)

防災講和と新聞紙でスリッパづくり

 先ごろの手話の理事会&地域交流会で

県下の北部・日田市に行っての会議だったのですが

「地域交流会」=地域の手話サークル訪問では

防災についての交流・親睦を行いました

 まずは、2年前ほどに見舞われた台風・大前被害の報告

 そして地域に根差した防災のあれこれの講和

Photo_20191105065202

そして、我が手話サークルでmp行った

簡単にできる防災グッズづくり

まずは、新聞紙でつくるスリッパ

たぶん災害に遭ったときにガラス破片から身を守るためと、

作って分かったのは、ちょっとした寒さ対策にもなるなあ、と

 その次に作ったのが、ゴミ袋でつくる雨カッパ

 ビニール袋とハサミかカッターがあったら作れるもの

 みんなの意見は、作ったら、ちょっとした雨の時に便利だとのこと・・

 

Photo_20191105065203

 午前中の防災についての地域交流のあと

午後は理事会があって

いろんな意見や討論がありました

 

2019年11月 1日 (金)

手話言語条例を考える会

 昨年の暮れ、いや、秋から「我がまちにも手話言語条例を!」

そんな目標をもって活動してきた「手話言語条例を考える会」

9月末に議会の決定を受けて

行政の担当課と条例案の作成が始まっています

Photo_20191031214901

 聴覚障害者や手話サークル会員、関係者の意見を集めているところです

これから、たぶん1年ぐらいをかけて意見を集約し

行政や専門員とともに、より良い条例を作っていくことになります




 及ばずながら、その「考える会」のメンバーだったことから

引き続き会議や意見交換の場に一緒させてもらうことになり

今後また、いろんな打ち合わせや会議に引っ張りだされそうです

 

2019年10月28日 (月)

手話サークル「踊り隊」

 夏から秋~にかけて

いろんな秋の催し物が開催されます

それに合わせて、舞台、ステージでの出しものもあります

 我が手話サークルとしても

    あれこれ、考えながらの「踊り隊」の活躍する場面があって

 それこそ夏前から準備にかかっています

Odoritai

昨年は、その準備、練習に付き合って

踊りや、手話コーラスの特訓に付き合ったのだけど

今年は 練習日時などがあわず

観るだけになってしまっています

   

2019年10月20日 (日)

車いすバスケの体験

先週の手話サークル例会では

「車いすバスケ」の体験をしました

Photo_20191020091602

  実際にバスケ用車いすを十数台も用意していただき

「車いすに乗る」「注意事項」「前進」「後進」を繰り返し練習したあと

5人対5人のチームに分かれてバスケの体験

Photo_20191020091701

 そりゃもう、きちんと進まないし

ボールを取るタイミングができないし

座ってのシュートに力が入らないし

ましてや、ボールをドリブルしながら進めないし……

  後半に 模範演技・実際の練習風景を見ましたが

  「すごい!」と言うしかない。

すごく良い経験をしましたし

知らないことだらけの車いすバスケ

また「お願いします」です

Photo_20191020091603

2019年9月22日 (日)

「手話言語条例」

サークルでよく学習される「手話言語法」に、「手話言語条例」

いずれも「手話を言語として認め、手話が日々の生活の中で日常的に使え、

ろう者と健聴者・ろう者以外の人々と共生する」

 そんな意味を持つ手話言語条例・・




 日本の言語は「日本語」と「アイヌ語」しかない

したがって、ろう者は学校で手話を習う時間もなく

自然に覚えるしかないし、使えないろう者もいる

手話が何!という一般の人も多い

Photo_20190913065401

 そんな7中で、我がも「手話言語条例」を作り始めることになった

鳥取県で初めて条例が制定されてから8年目

少しずつ進んでいっていることは

すこしだけ携わっている健聴者の一人としては嬉しい

… そんなことを書きながら、意味不明かな…とも思う

 

 

 仕事の関係とか、偶然に知的、身体的障害者に出会ったこともあり

いろんな事業や行事、案内などに見聞きし始めて

こういう時に、こういうことが必要な時があるんだろ思うようになった

 

2019年9月 9日 (月)

全九州ろうあ者大会

週末、福岡県の久留米市で開催された

全九州ろう者大会&全九州手話通訳者研修会に参加しました

Photo_20190909065402

 毎年、九州内で行われる催し物

 例年であれば仕事的な行事と重なって

 ここ数年は参加できていなかった大会に久しぶりに行きました

 大きな会場、大きな大会、研修会と分科会

 会場の内、外では手話が主流になります

 今は慣れたけど、最初のころはろう者の話しかけに戸惑った行事でもあります

Photo_20190909065401

Photo_20190909065403

2019年8月23日 (金)

例会にて~幽霊・お化けの話

昨日の手話サークルの例会は

「ろう者の幽霊・お化けの体験談」でした

いつも参加してくれる人も含めて、5~6名のろう者が話す幽霊との遭遇話

そりゃ、手話で話すよりも身振り手振りで

  初心会員も よーく分かったようです

Photo_20190822225801

 そんな例会の中で、

健聴者は映画やテレビ、日常会話で

日本独特のお化け物語やドラマでは、効果をあらわすのは

音楽や「ヒュードロドロ」的な効果音ですが、

そんな音の聞こえないろう者とっては、関係ないそうです

当たり前のような、怖さの方法が違うんだなあと

  あらためて知ったものです

 

2019年8月 2日 (金)

例会は「初心のヨガ教室」

 今回の手話サークルの例会は

初心者向けの「ヨガ教室編」でした

 

 Photo_20190802061301

外部指導者を招いての1時間半ほどの催し

参加者は、そんなに多くはなかったけど

特に用意するものもないし、道具が必要ないということもあり

5月の企画部打ち合わせで案が挙がった一件です

  たしかに、確かに・・・

 日頃は使わない腹筋(腹式呼吸法)と使っての呼吸の仕方

 無理のない姿勢でのストレッチ的な運動

 ゆっくりした動きやら、息の継ぎ方など

もう少し教えてほしかったなあという印象でした

より以前の記事一覧