カテゴリー「サークル等の活動」の記事

2020年9月15日 (火)

手話言語条例

我がまちでも、いや、我が市で

手話を言語にしようという「手話言語条例」成立しました

 2年半ほど前からろう者とともに活動し続けていた内容

 議会への請願や関係行政への働き掛けが実って

 条例をつくろうと動き出したのが1年位前




その活動やら運動が

 ようやく実って

  このたび、条例が成立

  あとは施行されて、きちんと条例が浸透していくこと

Photo_20200915224501

この活動がどのくらいの力になって

手話を使うろう者の身になるのか

今からが再始動でもありますが……

2020年8月22日 (土)

サークル例会の終了後

6月から再開した手話サークル例会

人数制限しているので

出席者が多い時は2室に分けての活動

Photo_20200822075801

もちろん換気などにも気を付けているので

夏になって窓を開けての例会は

  「暑くて」時には蒸し風呂状態

それでも熱心に出席してくる会員や

様子を見に来るろう者たちPhoto_20200822075901 Photo_20200822075901 Photo_20200822075901 Photo_20200822080001

 

 

例会が終了すると

 担当を決めて椅子やテーブルを消毒、掃除

少し早めに終わって

改めて手洗いして帰ります

 

2020年8月 7日 (金)

使用後の掃除・消毒

仕事場で使用する会議室や打合わせ部屋

近くの公民館の各部屋や

手話サークルの例会で使用する室など

Photo_20200807070001

今は定番になりつつある使用後の消毒

使った人同士で清掃を兼ねて行うところもあるし

終了後に申し出れば、一括してやってくれるところもある

  昨日のサークル例会後は

  6月から人数制限付きで使用できるようになって

  帰る時には椅子、テーブルなどを専用の消毒液とタオルで

  ふき取ってから帰るようになった

Photo_20200807070002

このところは、要領もあって

例会を担当した各部員が行うことになっている

大事なこと。

 感染症が流行る前には考えていなかったことが

 慣例化している

 

 

2020年7月 3日 (金)

例会はゲーム

手話サークルが再開して3回目

室の人数制限や密接の関係もあり

 部ごとに話し合いが続いていたけど

しばらくぶりに定例の例会をやった

2_20200703070101

 企画部担当のゲーム

背中に張った絵(動物、昆虫)を他人の言葉をヒントに当てる、

「私は誰・何でしょう?」の遊びや

簡単ジグソーパズル、そして切り絵など

Photo_20200703065601

人数の関係で、2室に分かれての例会

楽しかった

 けど、

出席者全員がそろってやりたいネとの声も多かった

 

 

2020年6月19日 (金)

手話サークルの再開

手話サークルの例会

今週から再開しました

618_20200618214801

2月後半の段階で自粛の扱いになって

3カ月超の間、サークル会員が集まる場も

ろう者と語り合う集会もなくなって

 お互いに寂しい思いをしていたことなどを含め

久しぶりに集まった会員たちが

2つの部屋に分かれてではあるけど

 顔を合わせました

618

5月に行われるはずだった総会も文書になってしまい

4つの部の部長たちも初活動でした

 しばし、これからどうなるか分からないけど

 ろう者も数人が顔を出してくれて

 来週も人数制限をしながら活動再開です

 

2020年6月 7日 (日)

研修会・講座に通う

 先週から9カ月間ほど勉強することになって

7名ほどが今週も集まりました

 「要約筆記者養成講座」です




 7名が参加者ですが、この2回は5名だけになっています

会場の聴覚障害者センターは車で20~30分

このところの運動不足もあるし

天気の良い時には自転車で……と考え

片道40~50分くらいの距離

Img_4465

 でも、それ以上にすごい人・受講者もいます

県内の島から通ってくる男性

2時間半ほどかけての参加

前回の初日は朝の5時半に出かけたということ

受講が終わって帰り着くのが夕方ということで

それを続けるのも講座に興味があったから・・ということです

 痛み入る……!

 

2020年6月 1日 (月)

要約筆記者の養成講座

Photo_20200531181701

少しずつ、少しずつ生活も元に進み始めています

そうは言いながら、

 陶芸教室は6月から再開ですが

 手話サークルの集まりや関係の行事はまだまだです

 

Photo_20200531181601

そんな中で

4月に申し込んでいた「要約筆記者養成講座」が始まりました

聴覚障害者センターで行われる講座・研修

申し込み者も7~8人だったということで

 研修室を使用して5人の出席者が席を離れて座って

 10時から15時まで、まずは講演からでした

聴覚障害者の中でも中途失聴者、難聴者・高齢者のための要約筆記

手話を使えない約半数の方々は文字に頼るしかない。

 そんなことを感じていたので、

 今回から毎週末の9カ月間、受けることにしました

 道のりは遠いけども

   なるべく出席して小道を歩いて行こうかな!

 

2020年5月10日 (日)

手話を使えない…

 先週は、久しぶりに聴覚障害者センターに行ったのですが、

それこそ、

駐車場に1台の駐車もなく

センター・会館内に入るのに「体温を測ってください」などのこと

 




 話ことばのように

 不断に話をするのと、ちょっと違うものの

週のうちに何度かろう者にも会うことから

手話を使ったり、口話を活用することもあるけど

 この何か月かは使っていません

4_20200510182201

だから、

 だいぶ手話も即座に」出てきません」

そんなものでしょうか、そんなものでしょう

 

2020年5月 3日 (日)

閑散~聴覚障害者センター

52

久しぶりに県障害者センターに行ってみた

このところの新型コロナの関係で

毎週のサークルの例会も行うことができないし、

 役員をしている県下の協議会等の集まりもない

 ろう者や知り合いなどと会う機会もない……

というわけで、

1年間の賛助会費を払うのが目的で訪れたセンター・会館





 まずは、玄関わきには体温計と消毒液、メモ帳など

「体温を測って入場してください」「体調は大丈夫?」

「入館した名前、連絡先を記入のこと」。これが当たり前になっているのか・・

 そして、

20数台が停められる駐車場は1台も駐車がなかった

Photo_20200503082101

 

2020年4月21日 (火)

定期総会など

 所属している手話サークルの総会

例年なら4月に入ってすぐに開催される予定でした

けど、

 この状態でサークル会員が集うこともできず

結局は、文書での集まり、総会になってしまいました

直接の役員ではないので、

 詳しい内容は分からないけど

考えていた いろんな課題は提案せずに旧年度の決算などをつくり

新しい年度に向けての新役員などの体制

そして、予算、活動事業などを文書で各サークル員に文書で伝え

 それが、総会の提案と了解になってしまったようです

一つだけ、メールで意見・要望を

伝えました

 

 手話を使うことも少なくなり

また、会員やろうあ者の友達とも会うことが少なくなり

やはり 寂しい思いをしています

2_20200421222501

より以前の記事一覧