フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「趣味(陶芸・映画。プールなど)」の記事

2019年12月 2日 (月)

中学校のPTA参観

 先日、といっても

 もう2週間前になってしまいました

近くでもあり、子供たちの出身校でもある中学校の

「PTA授業参観」+「お祭り的」な催しがあり

昨年に続いて、陶芸教室の手伝いをさせてもらいました

Img_3784_20191201200401

 いろんな催しがあり

昔物づくり、科学研究・実験コーナー、竹とんぼづくりやら

料理教室など、たくさんの中で

昨年、一昨年に続いて

今年も30名近い2年生、3年生を対象にした器づくりの手伝いをしました

すごく 器づくりにこだわった生徒とか

 形をきれいに仕上げたい女の子とか

 絵つけ(色塗)のために 絵を描いてきた男子とか

 今年もまた、不思議な中学生、すごい中学生がいました

 

 

2019年11月25日 (月)

子ども陶芸教室の器渡し

 5~6月の春の時期と

9月から10月にかけての2か月ちょっとの小学生を中心とした「子ども陶芸教室」

今年も楽しく終わって

やっと陶芸先生の家で焼きあがった器が出来上がって

Photo_20191125210101 Photo_20191125210001

この時期になると

この数年の恒例の「器渡し」を兼ねたリクレーション

今年はボウリングをやった後に景品と焼きあがった器

 それぞれに楽しかったのもあり

Photo_20191125210201

 今年も無事に終りました

ほとんどの教室生が「来年も やります!」とのこと

うれしい気持ちと

  来年の期待にも……あります。

 

 

2019年11月19日 (火)

陶芸の祭り

 秋になって登り窯などを使った器の祭りがありました

Photo_20191118204201

日ごろに器などを作っている者たちの祭り

我がまちの「陶芸祭」がありました

残念ながら、まだ一度も賞をもらったことがないけど

8月ごろから用意しているのもあって

また、我が教室性や、手伝っている小学生の「こども陶芸教室」の面々の作品

 

Photo_20191118204202

今年も、我が教室から2名が賞をもらい

2名の子どもたちが入賞しました

 



 そんな「陶芸祭」があった日

ほかに用事があったので、終わり間近に出かけました

ちょうど陶芸祭の作品を展示して前では

子どもを中心とした神楽もあっていて

日和もよくって

たくさんの、いろんな人の作品を見ることもできて

良かったです

 

 

Photo_20191118204201

2019年11月 7日 (木)

来年の干支

今年はイノシシ年、亥年

来年は「子年」……ネズミ年になります

Photo_20191106065601

そういうわけで、そろそろ陶芸でネズミを作ってみようと挑戦

なかなか難しいものです

この数年は、正月に飾ろうと作り始めてみるものの

上手くできなくて、結局焼き上がりが正月1月を過ぎてしまっています

今回も同じかなと思いつつの

陶芸・鼠挑戦です

Photo_20191106065602

 

2019年10月27日 (日)

陶芸祭用の焼き

 恒例になっている、我がまちで行われる「陶芸祭」

秋前になると教室でも少し大きめの作品作り

サイズが23㎝×23㎝までと決まっているので

それぞれ、思い思いの作品を作り上げる

Photo_20191027181002

 作り上げて作品は、大半が登り窯で焼き上げてもらうため

週末にみんなの作品も預かって

登り窯のある近くの集会場に持ち込みます

たくさんの作品が集まりました

Photo_20191027181001

Photo_20191027181003

 「陶芸祭」の開催される11月までに焼いてくれることになっています

どんな焼き上がりになるか・・

   それは 運を天に任せます

 

2019年10月14日 (月)

風鈴づくり~こども陶芸

春6月ごろと、秋9月、10月に行っている「子ども陶芸教室」

10回のうちの8回目の際に

みんなで「風鈴」をつくることになり

それぞれ、個性的な風鈴をつくり

Photo_20191014081001

Photo_20191014081101

 最後の教室の時に、焼きあがった風鈴に紐を通し

 ほぼ全員の風鈴が完成した

   時期がすっかり秋になってしまって

   「今ごろ風鈴が……」という子供も居なくて

   それぞれの鳴る音が違っていて

   来年の夏には暑い夏に、自分たちが作った音が響くんだろう

Photo_20191014081102

2019年9月17日 (火)

小さな壁掛け花瓶

 だいぶ前に作った陶器

陶器といっても、壁掛け用の小さな花瓶、、めいたもの

Photo_20190916133501

器づくりをやっていると

ときどき、こんなものがほしいなあ

少し考えて作ったら誰かが使ってくれるかな

ああ、そうだ置物を作ってみようかなあと思う時もあって

そんなときに作ったのだろう、小さな器

Photo_20190916133601

たしか数か月前に色付けしたような気もするし

誰かが欲しがっていたような気もする

  意外と良い色になっているかなと思いつつ

  そういえば、陶芸を初めて2年目くらいの時にも

 

  同じような器を作ったような・・

2019年9月 1日 (日)

こども陶芸教室の後期

Photo_20190901181001

春と秋に5~6回ずつある「こども陶芸教室」

小学生を対象に毎年、行う公民館行事の一つです

今年は二十数名の生徒が集まったので

1班と2班の二つに分けての教室


 

 1班は新人組~今年初めて挑戦する子供たちが中心

 2班はベテラン組~2回目(2年目)の参加から 5年も習っている子

春の1班は、粘土の触り方からの指導もあっててんてこ舞いだったけど

さすがに秋の第1回目は、少し慣れたのか

 隣りの子とおしゃべりする親しみもできたのか

 あれこれ ひっきりなしに手を焼くこともなくPhoto_20190901180901
楽しい教室の始まりになりました

 少しだけ手伝いも楽しくなってきたところです

 

2019年8月25日 (日)

今年も「湯布院映画祭」に行ってきました

 Photo_20190825200501

 8月の後半

今年も「湯布院映画祭」に行って観てきました

『映画館が一つもないまち、そこで開かれる映画』というようなキャッチフレーズで始まった英差が最

 昔は、そんな映画祭が地方でも多かったです

 


Photo_20190825200502

 44回目を迎える映画祭

この地に住み始めて、そんな映画祭があるという話を聞いて

知り合ったばかりの仕事関係の仲間と3人

湯布院の映画祭に行ったのが初めてでした

  そう、第2回の映画祭でした

  今と同じ小さな公民館のホールで行われた映画

  そして、近くの安宿で雑魚ねして止まった宿

  夜遅くまで、映画の監督やら俳優やらと話をしたような気がします

あの当時だから、

まだ日本映画全盛の時期、そして思い出すのは

「えへ、俳優さんて意外と照れ屋」「監督・プロデューサーって、しゃべりたがり屋」って

 そんなことを思いました

 

 

 それから、40年、

いまだに 時間が許せば通って、2本~4本の映画を観ています

 古くなった公民館

 そういえば、近くに 「公民館敷地」という看板ありました

 もしかしたら、来年は新しい公民館・ホールで見ることがあるかもしれません

Photo_20190825200601

2019年8月24日 (土)

映画「さらば愛しきアウトロー」

 ロバート・レッドフォード、俳優、映画監督・プロデューサー等

映画界の俳優の中でも格別な人です

Photo_20190822225701

 我が町の名画座・映画館で 映画を観ました

俳優として最後の出演作ということもあり

若き日の映画と違うだろうなあと思いながら

それでもやっぱり見たいなあと7思いつつの映画でした

 物語は、過去に何度も銀行強盗などを繰り返し

 何度も(7~8回)脱獄もやった人物の実像に迫る映画でした

Photo_20190822230001

 なんといっても、映画の中の振り返る昔の写真とか、思い出に

昔のレッドフォードの画像・写真が使われていたことかな

  最後の映画、物語はともかく、映画を好きになった一人の俳優に思いを馳せてしまいました

 

より以前の記事一覧